Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ユタカくんは照哉氏にもdisられるとこまできたのか…他 

狙われるバウンシーチューン
狙われるバウンシーチューン posted by (C)荒川久美子
未勝利も中山で見ていただけに馬券とりたがかったが、2着がいらなかった。

先週はちょうど暇だったため2日ともいってきた。しかし、日曜はひと多かったよ。やっぱG1は家でまったり見る方が性に合ってる気はした。
てきとーに書きたいことを書きたいんだが、時間がないので一番書きたいお話なんかはまた今度かな。いろいろあったわけですがね。というわけで、皐月の回顧と今月の優駿からのネタあたりだけを。

皐月賞は結果的に瞬発力勝負だったけど、ただの直線向いてよーいドンってわけでもなく、道中いかにロスせずいけるかってのが結果に直結したように、スタミナというか馬場への相性も求められたレースだったと思う。オルフェーブル、サダムパテック、ダノンバラードとみんな内で溜めてたよね。そこが一番結果につながったと、もっというとそれを撥ね退けて大外からぶっこ抜く力のある馬はいなかったってことかな。ってのは言い過ぎかもやけど、そんなに力差がない世代って評価は、レース前同様変わってない。

ダービーでどう買うかなんだけど、よくわからないってのが正直なとこ。大外ぶん回して最後まで伸びたトーセンラーは誰でも気になる馬だよね。オルフェーブルがつけた着差を見ると素直にこいつでいい気もするし、サダムもいいとおもう。じゃが、この2頭ぶったぎって勝負するのが男だ!と意地でも違う馬を買うと思う。本命だったベルシャザールは直線向いてまったく伸びず。馬場が合わなかったってのはあるにしても負け過ぎよな。ただ、ダービーのころの馬場ならばと無理やり期待してみる。そんなかんじで何も分からないですわ。

東京6R レッドグランディス
東京6R レッドグランディス posted by (C)荒川久美子
武豊が藤沢さんの馬に乗ってた。ま、ダンスファンタジアも乗ってたか。

んなことより、今月号の優駿がおもろかった。
2歳馬情報目当てに買った優駿だったが、DWC特集もあり、そのなかでは関係者のお話なんかも盛りだくさん。まだ全部目を通せてはいないが、まーとにかく買って損なしという内容。なかでも「杉本清の競馬談義」で照哉氏から興味深いコメントが飛び出していた。

生産馬ヴィクトワールピサの快挙についてのお話から始まり、お父さんの話をからめつつ、馬を買う話とか。後半部分はよく聞く感じの内容だが、前半はタイムリーですた。ドバイワールドCのヴィクトワールピサの競馬を振り返るわけですが、当たり前にミルコ・デム―ロの好騎乗、好判断が話の中心となります。そこでミルコの乗り方はすごく誉められるわけですよね。照哉氏はミルコのファインプレーもあるが、あの乗り方をして勝てる馬自身の能力もすごいとおっしゃってる。で、その部分でですな…。

杉本 確かにデム―ロ騎手のファインプレーだけど、それに応えたヴィクトワールはよっぽど強い馬だと。
吉田 そうそうそう。逆にいえば、あのレースができるんだから、あの馬はああいう乗り方をしないと駄目なんですよね。それをミルコが有馬記念のときに発見した。だから凱旋門賞の話をすると、うしろにいて、そのまま何もしないでゴールまで行ってしまったというのは僕はもったいなかったと思うんですね。


わお、みんな思ってたことをあっさり言ってのけた。ドバイで澄ました顔で廻ってきただけって言われたりしてたが、『そのまま何もしないでゴールまで行ってしまった』ってのはほんまに最近のユタカを象徴する言葉だよな。ま、ユタカを批判する意図があるかはもちろん分からんのだけど、かなり思うところはあるみたいで、これより前の部分、ヴィクトワールピサの成長どうこうの話のとこでも…。

吉田 凱旋門賞のときだってそんなに悪くなかったと思うんですけど、今回はミルコがこの馬の良さを引きだしてくれているところはあると思います。


だってよ。まーそんな深い意味なんてないのかもしんないけど、ユタカ擁護派の俺でも最近の彼はなんだかなーと思うところは多々あって、ニシノの方がブログで「ユタカが乗れるならば、彼に乗せたいって思うものだよ。」って書いておられるのをみて、いつの話をしてんだ?って小一時間話し込みたくなったのは確か。

そのとおりの意味だよね
そのとおりの意味だよね posted by (C)荒川久美子
と、疑いたくような、「 the world's No.1 jockey 」って、おい。

でもね、俺はユタカ好きよ。まだ終わってしまうには早いかなとおもうし、復調してほしいと心から願ってます。

最後に春天の予想でも。調教見たイメージと、ここ最近のレースぶりだけで。
◎ナムラクレセント
〇ゲシュタルト
▲コスモメドウ
△ビートブラック、マイネルキッツ

と、こんな感じで。あと、照哉氏は対談の冒頭で中国の競馬市場の可能性についても少し話しておりました。ま、そういう時代が来るのでしょうね。楽しみなんじゃないかな。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/901-812b361f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。