Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

おめでとう。そして、ありがとう。 

やったど、ついにやったで、ほんまにさいこおやぁああああ!おめでとう、みんな、おめでとうや!
多くの人が、まー勝つだろうと思って見ていたルーラーシップが残念な結果におわり、ちょいお通夜ムードになりそうだったが、なんとか気持ちを入れ替えてテレビに向かっていたとおもう。
あのですね、残り200mで外のGio Ponti、Cape Blancoの手応えがそこまでではないってのも分かり、なんか普通に勝つなって確信した。いや、昨年のナカヤマフェスタも確信したって書いたが、あのときの「いけぇ、交わせるっ」ってのとはまた違うものだった。なんか今回は残り200で「ああやったな、ついにきたな」っていう落ち着いたというか(もちろん落ち着いてはないが)、逆に「ほんまかいな」っていう、これから起こることを信じられないような気持ちが混ざっていたんだとおもう。

どっちかというと、ゴール後のほうがよく覚えてない。ゴール後のほうが、手を叩き、叫んだかな。ミルコがふつうに大泣きしながら、馬上のインタビューは泣けた、泣いた。そっから、ピサのおやっさん、奥さん?かな、角居師、みんなさいこうや、と思いつつ、なんかふるふるしてた。で、君が代。さっきまでのくだらんセレモニーを馬鹿にしてたが、許す、全部許すっていう気分だった。殿下と抱き合う関係者を眺め、殿下とよりもミルコとあつい抱擁を交わすピサ奥さん(娘さんという説も)に微笑みながら、いい気分であった。


ま、一応レース回顧。
まーまず、トランセンドがスタートから無理なく先頭にたつ。これが非常に大きかったんじゃないか。んで、明らかにペースをおとす、トランセンド君はずっと物見をしながら走る(そう見えた)余裕をもっていたぐらい。そんぐらいスローだったはず。それがうまく働き、スタートで後手を踏んでいたヴィクトワールピサ、デムーロが動く、スタート後はいっちゃん後ろにいたくせに、トランセンドの2番手まであげる。この判断がすごすぎ、できすぎ。

で、あとは前2頭、われらが2騎が自分たちのペースでレースをコントロールし、最後まで凌ぎ切った。実際、ヴピサがまくってきた場面でデム―ロの動きにつられて、合わせてか、遅すぎるって判断で、Cape Blancoあたりも動いてるのよね、でもワンテンポ早く、男藤田がペース上げてるのよね。いや、なんかできすぎでしょ。もち、デム―ロの判断もすごいんやけど、このレースを支配してたのは藤田さんのほうなんじゃないのかね。誉めてやんよっ!


2011 DWC
↑いま上がってるのは写真変わってるかな。これは直後のやつ。レアかも(笑

Thoroughbred Timesでもトップやで、ええながめや、スクショで保存してしまったわ。
で、コメントとか見ていくか。

Mirco Demuro, jockey, Victoire Pisa, 1st – “My horse usually has a good start, but this time he hit his head in the stall and we had a bad start. But maybe it was lucky because there was a slow pace on the backstretch, so I could find a good position close to the leader. It was a really tight finish. We always believe in him. He's won his last race very easy giving two kilos away. He's a very nice horse. We were hoping to do well, but to win is amazing.”

Shinji Fujita, jockey, Transcend, 2nd – “The horse was shying with the track but he did a very good job. I'm very happy with this result because the people in Japan are having a difficult time at this moment, so we're very happy.”


デム―ロさんいわく、やっぱスタートめずらしく悪かったと、でもバックストレッチはスローでラッキーだった。そこで2番手のいいポジションにつけたと。よくやるとは思ってたが、勝てたのは驚きだと。そらそうだ。

で、Racing Postでもミルコのコメント載ってる。あと、こんなのも。

"This day is for Japan," said Manami Ichikawa, daughter of winning owner Yoshimi Ishikawa.
"It's a dream - it's the number one thing and it's unbelievable. We appreciate all the support we've received for everyone in Japan."


ピサのおやっさんの娘さんのコメントまで載ってるさぁ。いや、できすぎですよ、ほんと。

ふう、少し落ち着いて眠くなってきた。あとは明日にでもまとめるかな、なんて思いつつ、ブエナビスタにも触れておくか。ムーアを確保したということで、さあこれで馬群を縫って抜けてこれるってわけではなく、まー昨年のシーマクラシックと似たような感じになっちゃったと。どうも運がないところもあるんだが、そこはどうしたもんかなぁ。

とにかく、最高だ。ほんまに競馬を見てきてよかった、こんな気持ちになれるってのは幸せなことだなと、またししても感じながら、酒を飲んで寝ようと思います。うむ、まー興奮冷めない感じですけどね。
あ、あと5回ぐらいは見直して、ニヤニヤしよう。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/895-b5519090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。