Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

有馬記念でございます 

IMG_0919.jpg
なんとなくロジ&横典。

どもです、ふぅいまいちブログ書く時間がないですが、年内に書きたいこともあるのでもう一回ぐらいは書けるといいな。

で、有馬記念でございます。もー全然わからないから買わないでおこうかとも思ったが、ここに参加せずに年をまたぐってのもありえないかと思い、軽く参戦。
ま、中山2500なんてとにかく特殊な条件やし、クラシック、もしくは秋古馬路線でも王道に乗ってきた馬はよっぽどの馬でない限り絡むことはできない。また、少し外れた道を通ってきた馬でも元々ここに照準を合わせているような馬でないとかなり難しい。「疲れの総決算」と呼ばれてたりするぐらいですし。そのように考えて、毎年なんとなく適性重視で買って結構自信もって臨むのですが、2004年のシルクフェイマスひっかけて以降は当たってない。ってか、かすってもない。

さて、今年のメンバーをざっと見渡しての印象は昨年より全体のレベルは高そうだが、それでもどれが来てもおかしくないって感じ。ブエナビスタがもっとかぶるかと思ったがさすがにここは落ち着いてる。まぁ、流れの悪さを嫌ってるのだろうが、もしここでも好走するようなら化け物である。さすがにそこまで「史上最強牝馬のバーゲンセール」は続かないと思う。前から行くとしても、4コーナーでいい脚が使えるタイプではない。まくるとしたら思いっきり4コーナー手前で動けないといけないが、あれができるやつは化け物である。ブエナはそれはできない。

その一気のまくり、一瞬の切れを見せることができるのがアンライバルド。皐月賞でのあれをもう一回すればよい。菊惨敗の後ジタバタせずここに照準を合わせてきたのも好印象。騎手もなんの問題もなく、ここはチャンスとみる。

ここまでの中山のレース見てても前残りというか、後ろが伸びない状態。4コーナーで先頭集団にいないと厳しい。ってか、位置取りだけで決まる気がする。

かといって、プリキュアとリーチザクラウンはぶっとばすだろうからさすがにいらないか。どの馬も早めに動きやすいこの舞台ではなかなか難しい。リーチはもうマークは薄くなるだろうけど、人気はたいして落ちて無いのがおもろい。が、買う気はしない。
じゃあ、その後ろにつける馬、もしくはその後ろの集団の馬が一番くさいわけです。ミヤビランベリマツリダゴッホスリーロールスセイウンワンダーあたりかと思う。マイネルキッツはこのあたりを取れたらチャンスあるかもですが、三浦じゃ無理だろうと思う。しかし、こわいのは確か。

ミヤビランベリはいろんなとこで馬券上手な方々が取り上げてらっしゃるので言うことなし。展開は向くはずやし、ローテも余裕があってよい。
マツリダゴッホは昨年はJCで走りすぎたんじゃないかというのがあり、その通りだったんじゃないか。その分今年はここに余力十分。陣営のコメントが下向きなのが困るが。
スリーロールス、セイウンワンダーともに菊花賞から直行。これは正解で、間にひとつはさんでしまったフォゲッタブルはないはず。2頭ともうまい競馬ができるし、チャンスはあるかな。セイウンワンダーのほうがスルスルっと抜けてくるイメージはあるが、2頭とも勝ちきるまでのイメージはなし。

ドリームジャーニーは一応押さえるべきかな。ただ、直線向いたところで前まで2馬身ぐらいにはいないといけないってのが難しいんよな。ただ、なくはない。

◎アンライバルド
○ミヤビランベリ
▲マツリダゴッホ
△セイウンワンダー
△スリーロールス
×ドリームジャーニー

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/873-3568f81c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。