Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

永遠の楽観主義者 

どうも、こんばわ。
最近、競馬関連でいろんな話題がありますね。ま、ブルコンの引退に関するのやら、BC関連やら。と思ってたら、Azeriが日本にいらっしゃるというとんでもないニュースも出てきました。今日はそれを中心に。

米年度代表馬 AZERI、吉田勝巳が225万ドルで落札(海外競馬)
Azeri Sells for $2.25 Million at Keeneland(BloodHorse)
Sale of Azeri for $2.25 Million Tops Opening Day of Keeneland November Sale

さてさて私は北米競馬見ないですし、いまいち好みでもないんですが、それでも知ってるお馬さんです。ま、近年の世界中での史上最強牝馬のバーゲンセールを見てるとなんともいえない気分になりますが、とっても人気があった馬だと。
はてさて、そやつが今回セールに出てきて、勝己さんが買っちゃったらしいです。Azeriについてぼんやりとしか知らなかったので、軽く繁殖入り後のことをチェックしときました。

関連
合田氏 名牝アゼリの上場!セール価格に注目

セプテンバーセールにアゼリの初子となる父エーピーインディの1歳牡馬が上場され、770万ドル(当時約7億7000万円)で主取りとなっているから、売り値がそれ以上であることは間違いない。今年11月のノヴェンバーセールで、カジノドライヴの母ベターザンオナーが1400万ドルで購買されたのが繁殖牝馬の歴代最高値


キーンランド初日、吉田勝己が米G1・3勝の ISLAND FASHION を落札

Azeri だったが、リザーブプライスに届かず440万ドルで買い戻し


キーンランド4月初日、AZERI の初仔が190万ドル

Azeri の初仔(父 A P Indy)である Vallenzeri が、トッププライスとなる190万ドルをマークした。落札したのはボブ・バファート調教師。クライアントはカリーム・シャーといういかにもアラブ系な人物。Vallenzeri は、昨年のキーンランドセプテンバーセールで、770万ドルという史上最高価格での主取り



流れとしては…
08キーンランドセプテンバーで産駒が770万ドル主取り
→09ジャニュアリーで自身が440万ドル主取り
→09年4月トレーニングセールで産駒が190万ドル売却
→09ノベンバーで自身が225万ドルで売却

つまり770万ドルが190万ドルになり、440万ドルが225万ドルと。初年度こそ不受胎だったが、その後はちゃんとついてるようですし、今年2歳がデビューで繁殖としての価値が下がってるわけではなさげ。ということで、売るタイミング間違えすぎ(笑)かわいそうやなぁなんて思ってたら、上に張ったBloodHorseの記事にも同じような流れが書かれてました。英語をめんどくさがらず、先に読むべきだった…。

さてさて、本題です。売り手のお方が悲しいけど、深すぎるお言葉を残してらっしゃいました。

As horsemen we are usually eternal optimists.
(ホースマンとして、我々はいつもは永遠の楽観主義者である。)


いやぁこの人から発せられるからこそ重いですね。そして深い。
「彼女の値が今のアメリカの市場を映している。」「今日はみんなが、もしうまくいかなかったら?もし2歳が走らなかったら?ということばっかり言ってた。」ともおっしゃってます。いつもは生産者は前向きだが、今の状況ではみんなどうしようもないという絶望がにじみ出ています。もうこんな状況じゃ何してもうまくいかねえよと。

People are tempering their enthusiasm and their valuations.
(人々は、自分の熱狂と価値判断を調節する。)

It (the price) looks like grand robbery.
(この価格に)強奪でもされた気分だよ。


あぁ悲しい。しかし、私の胸にはぐっと来ました。にしても、この底値で売り飛ばさないといけないぐらい北米はやばいんですね。種付け料だけ見ててもいまいち実感がなかったですが、このレベルの繁殖を売り飛ばさなくてはならないのが現状なのですね。

一方、吉田勝己氏にとってはもち超ラッキーな出来事。笑いが止まらないことでしょう。この記事によると現地に行ってたのは息子さんのようで、勝己さんと電話しながら落札したのかな。吉田さんとこで息子が海外から馬を連れてくるっていわれると、照哉氏が父に言われてノーザンテースト買ってきたというエピソードを思い出す。そこまでの結果を期待するのは酷だが、やっぱ大物が見たいですのぉ。

というわけで、海外競馬さんの記事を読んで、ひさしぶりに海外のセールをチェックしてみようかなと思った1日でした。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/861-487cd506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。