Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

THIS IS IT見ました。 

ども、こんちゃ。BCデイでしたが、その辺はまた今度。なんかいろいろ凄かったですね。

マイケルについてほとんど知らない俺がTHIS IS ITを見てきた
マイケル・ジャクソンの音楽HISTORYまとめ

えーネタばれというか、ちょっと詳しく書くところがあるので読みたくない人は読まないでくださいまし。
さて、私もマイケルのTHIS IS IT見てきました。私もゆとりの彼同様まったくマイケルについて興味を持たずにこの春まで生きてきてた人間であります。スリラーのPVは中学生の頃見たことがあるぐらいでしょうか。んで、彼が死んでから興味を持っていろいろ聞いたり、見たりして、「ほへー、なんかよーわからんがかっこええなぁ」と。

ぶっちゃけ、ダンスのうまい下手がシロートの俺にわかるかってゆったら、まーわからんわな。でも、単純にかっこええなぁとは感じたし、なんかライヴでの存在感というか、魅せる力はとんでもなく、見入ってしまった。これがリンクにも紹介されているブカレストでのライヴ映像だった。

また、This Is Itを見た人には「ブカレストのライブ見た方がいい」とおすすめしてるんです

This Is Itはマイケルのライブにかける想いの部分も含めて非常にすばらしい作品だと思いますが、ことライブパフォーマンスそのものについてはやはりリハレベルであり、完全燃焼のライブバージョンもぜひ楽しんでいただきたいと思う次第でありますはい。


といわれてることに納得。映画のなかでも、マイケルが周囲に盛り上げられて、もっと本気で歌っちゃえよって言われるんですが、そこでかたくなに、「まだウォームアップの段階だ、MAXは出せない」と拒否る。仲良さそうなプロデューサーが「いいじゃねえか。歌いたいんだろ?そゆーときは歌うべきだ」と。しかし、マイケルは「いや、今は違う。まだだめなんだ」と。このやり取りが2、3回続いたと思う。
ちょー真面目だなぁマイケルさんはって思いましたが、そのあたりがいろんなとこで言われてる完璧主義ってことなのか。

で、個人的に一番良かったのは、プロデューサーやら関係者とのコミュニケーションですな。マイコーが「違うよ、違うよー」って演奏止めて、ここはこうして欲しいんだっ的なことをいうわけ、そしたら周囲は少し緊張しますわな。
そこで、「怒っているわけじゃないんだよ。みんなでいいものを作りたいんだ。Loveなんだよ。L・O・V・E」って言うんです。
普通の人間が言うと、最後のLoveどーこーなんて部分は臭くてやってられないんですが、彼が言うとすごく自然でした。やし、少しでも誤解を生む可能性を排除したい、必要最低限の言葉でなく、しっかりフォローを入れる。このあたりに温かさを感じました。

パフォーマンスも良かったけど、マイコーと、また周囲の人とのLoveを感じられる映画だったですたい。

マイケル・ジャクソンの映画「This Is It」の女ギタリストは誰だ、の問い合わせ。

最後に少し。こいつは凄い存在感だった。アフロの女ヴォーカリストはマイコーとの絡みでタジタジだったのに、この娘はまったくビビってないように見えた。ま、そんだけ。

category: 日常

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/859-2a939de3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。