Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

キャロットと社台・サンデー間に格差はあるか 

ども。ヴァ―ミリアンヴァーミリアンおめでとうございます。G1史上最多8勝をやってのけましたね。なんていうか、個人的にはしっくりこないんですが、まー偉業かなぁ。エスポワールシチ―エスポワールシチーやサクセスブロッケンがいなかったってのが印象悪いんかなぁ。
ま、そのことについては今度書くことにして、今日は前から調べてみたかったことを。時間かかるかなぁとも思ったが、一口馬主DBとかゆー新しいサイトのおかげで楽できそう。
はい、そゆわけで今日は「ほんまにキャロットと社台・サンデー間に格差は存在するのか?」というのをやってみようと思います。

えーまぁここ数年、というか社台がついてからのキャロットはいろんなこと言われてます。社台TCでは出せないようなひどいのを回しているとか、良血はみんな足もとに不安があるとか、あーだこーだ好き放題言われてます。それらのほとんどは何の根拠もない妬み嫉みなんですが、軽く数字チェックしとこうかなぁと。っていっても本気で統計とか持ち出す気はないです。ええ、数字ぱっと見て差があるかなぁと。

サンデーレーシング(09.11.01)
世代現5歳世代現4歳世代現3歳世代
(2004年生)(2005年生)(2006年生)
募集馬90頭83頭85頭
平均募集金額2,478万2,733万2,868万
平均総獲得賞金3,284万1,529万1,884万
デビュー率84.40%89.20%92.90%
勝ち上がり率48.90%42.20%47.10%
2勝馬率26.70%28.90%21.20%
募集額回収馬率27.80%20.50%14.10%


社台RH
世代現5歳世代現4歳世代現3歳世代
(2004年生)(2005年生)(2006年生)
募集馬89頭91頭84頭
平均募集金額2,472万2,787万2,786万
平均総獲得賞金3,011万2,770万1,306万
デビュー率94.40%93.40%97.60%
勝ち上がり率57.30%57.10%58.30%
2勝馬率46.10%39.60%21.40%
募集額回収馬率42.70%33.00%13.10%


キャロットクラブ
世代現5歳世代現4歳世代現3歳世代
(2004年生)(2005年生)(2006年生)
募集馬65頭73頭77頭
平均募集金額1,963万2,162万2,364万
平均総獲得賞金1,000万1,275万1,066万
デビュー率83.10%91.80%92.20%
勝ち上がり率29.20%41.10%45.50%
2勝馬率15.40%16.40%14.30%
募集額回収馬率15.40%15.10%11.70%

データは一口馬主DBより。

さて、まずデビューもできないような馬ばっかりキャロに集まってるだとかいう意見をよく聞きますが、デビュー率は変わらないですね。勝ち上がり率は少し差があるように思いますが、3、4歳の数字はサンデーと大差ないですから、まーブレでしょう。5歳世代の数字は確かに低いですが、ここ数年クラブにお付きの繁殖も増えてる気がしますから、その結果が出てきてるんじゃないかと。個人的にはここ数年がたまたまいいんじゃなくて、この状態が続いていくような気がします。

ですが、2勝馬率や募集額回収率なんかは明らかに低いですね。特に2勝馬率での10%以上の差ってのは大きい。もちろん募集馬の価格が違うじゃんってのはあると思うが、そこを見てみますか。

社台とサンデーの募集価格を見たらわかるが、5歳世代2500万、その後は2800万あたりになるようにしてる。平均に差が出ないように割り振ってるのかなと。というわけで、キャロットもかなりしっかり値が付けられてるはずだが、ここ数年明らかに上がってる。07年世代が2513万となっており、そこだけみれば質に大差はないはずなんだが、現2歳世代での勝ち馬率は順に14.3、12.9、6.8%と明らかにキャロットが低い。わずか300万の差でこれはでかいですね。
(ついでに08年産世代は社台が2964万で、キャロが2474万。今年のセールでの価格を考えると落ちてないってのはどうなのか。)

キャロットは頭数も増やして、価格も年々社台、サンデーに近づけてる(母馬もええのが増えてますわな)にも関わらず、中身が変わってない気がする。毎年出世する馬はいるが平均的に社台・サンデーと変わらないレベルになるとはとても思えない。2勝馬率が上がってこないことには売れ残りをてきとーな値段で回してると考えてもいい気がする。いや、個人的な意見ですけどね。

他に考えてみて面白そうなのは、稼ぎ頭を外した上で再び平均取ってみることかな。キャロの4歳世代はトールポピーが2億稼いでいて単純に1頭で平均を250万ぐらいあげてることになるから、平均総獲得賞金は1000万ぐらいなんやろなと。
あと、現5歳世代の現役馬がわずか9頭ってのも気になった。社台・サンデーと比較すると明らかに少ない。

そんな感じで軽くだがチェックしてみての感想は「むちゃくちゃひどくはないけど、まーある程度、ちゃんと選んで割り振ってるよね」ってとこかな。募集価格に少し差をつけて、キャロのほうが安いから馬の結果にもそれなりに差は出るよってスタンスを取るつもりだったんだろうが、意外に毎年1、2頭活躍馬入れとけば客が集まるから、価格はもう少し上げれるなぁって感じになったのかと思う。(完全妄想ね)
じゃが、当たり前にダメ馬ばっか揃えてるわけではない。そんなに吉田さんは悪い人じゃないあるね。この辺の数字の違いが解消されてくる可能性もあると思うよ。キャロの繁殖ってのがもっと固定されだしたら、自然とレベルは上がるってことはあり得る話じゃないかね。

こーゆーデータ見ると、しっかりお金に余裕が出来てから、社台・サンデーで毎年2・3頭持つのが一番楽しいのではないかと思います。もちろん楽しみ方は人それぞれなんで、これは個人的な意見ね。
この辺の感覚は2年前、友人とキャロに手を出すか本気で悩んだときに達した結論と変わらないかな。金を儲けようと思ってやるわけじゃないけど、少しは夢を見たい。その夢の確率が少しでも高いほうが楽しいよねって考えちゃうわけです。手を出し始めたら、キャロでいろいろ買うのもやってみたくなるんかもやが、現時点ではキャロに突っ込む気にはやはりなれないなぁというとこです。



で、ぷらぷらしてたらおもろいの見つけました。こーゆー動画もっとYOUTUBEYouTubeにあげてくれる方おらんかなぁ。年度によっては持ってたりするんやけど。うむ、なんとなくこーゆーのを眺めるのが好きです。いや、一般人から見たらほんま変態ですな。ほな。

(追記)Twitterでmomdoさんに指摘された間違いをとりあえず直しました。わたくしめがキーのことをよく知らないがために起きた間違いと思われます。えーでら恥ずかしいです。まだまだ突っ込みどころがあるようで、恐ろしいですわぁ。

category: 競馬について

CM: 2 TB: 0   

コメント

昔、社台会報の巻頭に、不安のある馬は絶対に
皆さんに出しません、って書いてたんですよ。
で、そこで募集取消になった馬が人参にいる、と。
それにツアーでダイレクトに聞いたけど、
認めてましたよ。
とはいえ、脚が曲がっていても、高齢でも
走る馬が出る可能性はゼロじゃありませんからね。

nishi #VWFaYlLU | URL | 2009/11/18 23:05 - edit

明らかにリスクのある馬は価格をそれなりに下げてるってのはあるかと思いますし、社台・ノーザンの良血に手を出せると考えたらキャロで馬を持つ意義は大きいと思います。

はてブコメで指摘されてる方がおられるように、社台は欲しくても持てないってことが多いですし、単純にキャロがダメってわけじゃないのはそのとおりですよね。

荒川久美子 #- | URL | 2009/11/18 23:48 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/857-ea376547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。