Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

きっと神様は見ている 

いや、どもです。相変わらず予想はひどいものですが、今週の2重賞は秋を占う大事な一戦だと思うので、まじめに考えてます。

凱旋門賞、シーザスターズが母仔制覇



ま、個人的には今年も昨年同様に海外競馬全然見てなかったので、どーこー言えるような知識はもってないんですが、まー昨年同様どえらいレースでしたな。ペースメーカーがいるからそのように見えるのかもしれませんが、やっぱ欧州のレースって直線での切れ味勝負なんかなぁと。んで、前に壁があってもそれをいかにスピードをあげつつ捌くかっていう騎手の力が問われるんでしょうな。日本やと捌きながらうまく加速するなんてシーン見れないと思うんですよ。
あと、Zarkavaもそうでしたが、内から他馬を押しのけてでてくる(今回はスルスルと縫ってきた感じでしたが)ってのは馬のメンタル面ってのが大きい気もします。ディープインパクトが突然あの競馬をしろっていわれてもできないやろなぁなんてふと思いました。

Sea The Starsはこれで英2冠&凱旋門制覇を同一年でやった初めての馬に成ったそうで。過去にそれがなかったってのは意外だったりしたけど、英ギニーと凱旋門ってのはやっぱかなり適正異なるんでしょうね。今後はBCはどうかわからん見たいですけど、もち年内で引退。

こーゆーの見せられると日本馬が行くと厳しいだろうとは思いますね。ブエナがいっていたところでこの多頭数で最後方から大外ぶん回しても、まったく勝負にならんやろうから、陣営の判断は普通なんでしょうね。

で、スプリンターズSのほうはなんといいますか、まったく見当はずれでお恥ずかしい限り。ローレルゲレイロは手をのばしても、人気のビービーは買えんかったなぁと。
厳しい流れを自ら作って粘り込むという競馬をしたローレルゲレイロが見た目以上に強かったと思ったのもありましたが、個人的にはゴール後、検量に向かうところで、アンカツが1着のほうに入ったのにめちゃめちゃ興奮しやした。「アンカツまたやっちゃったよ!おいおい、ぜってーゲレイロ残ってるよ」なんて風にベリーベリーエキサイティングだったんです。ただ、それは私の思い込みで、判定写真はおそろしくきわどかったですから、あれじゃあどちらも分からないでしょう。それでも先に到着して1着に入ってしまうあたりが日本人離れしたメンタルを持つアンカツのいいところであり、勝負の女神に見放されてしまう悲しいところなんだろうなぁと勝手に妄想が膨らむのですよ。

昨年天秋でダスカに乗って演じたウオッカとの死闘でも、お互い分からないねと言葉を交わしながらも、テルヤ氏に「大丈夫、勝ってる」と言われ、1着に入るアンカツ。そしてそれを見て戸惑うユタカ。んで、負けてるというのがアンカツ。なんていうか、こーいう風に見ると最後の最後で調子に乗ってしまったほうの負けみたいなのがあって、特にアンカツは直線でもう大丈夫と思ったら抜いちゃう癖もあるから、よりいっそう昔話的なストーリーを妄想したくなるのよね。

ユタカも有馬でのスペシャルウィークは有名だが、あれは的場さんに「おまえが勝ってるよ」って言われてのことだったから少し違うと思うのだ。それでも神様は許してくれないのだ。本当に競馬の神様は厳しい。であるから、アンカツはきわどい勝負では手を抜かないのはもちろんのこと、圧勝を演じるときでも、ゴール手前で後ろを何度も振り向いてニヤけるのはやめたほうがいいでしょう。とにかくアンカツは実力あるんだから、日頃の行いを良くすればもっと勝てるに違いない!がんばれってお話でした。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/844-525b581e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。