Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

桜花賞、ヴィーヴァヴォドカが気になる 

さてこんばわ。今日は桜花賞について考えとこうかと。
ま、どう考えても中心はブエナビスタなんですが、あとどっから買うかってのが結構なやましいレースですね。

最近の傾向を見ているとただひたすらサンデーの血が強い。改修後また違った傾向があるんでしょうが、以前はダンスの仔とかでも来てた印象あり。カタマチボタンとかも絡んでますからね。

ま、同じ阪神1600の舞台で2度やってるメンバーもいますし、その中から逆転候補がいるかというとそれはかなり疑問。よっぽどの理由がない限りねぇ。ただ、チューリップ賞では少し面白そうなのがいましてね。はい、ルージュバンブーです。これは前走直線で前が詰まってるんですよね。で、窮屈なとこを抜けてきてからはそれなりにいい脚を見せてますから、逆転は無理にしてもかなり楽しみな馬じゃないかなと。
サクラミモザはどうなんだろう。父ティンバーは芝ダート両方こなすのが結構いるので、芝はたぶん問題ないんでしょうが、G1でペース速くなってそれに対応できる感じはしないかな。

で、阪神JF組はいらないと思いますね。当時調子落としてて、いま戻してきたってパターンで好走はあると思いますが、それにあてはまる馬がいない。強いてあげるならダノンべルベールでしょうか。前走クイーンカップで2着ってのは、そこからの上積みがあると考えれば買ってもいいかなと。あとはいらね。

んで、クイーンC勝ちのディアジーナを破ったヴィーヴァヴォドカが気になるわけです。このレースは4コーナーで内田騎手は前はもう大丈夫って感じで後ろを確かめてるんですよね。見てても、ディアジーナが勝てるパターンだったと思うのです。が、直線では完全に2頭のレースになったわけで、素直にこの馬の力を評価しようかと。

んでね、過去のレース見てると結構後ろからは厳しい。ってか、4コーナーで先団にとりついてないといけないので、枠によってはブエナビスタが苦しむパターンもあるんじゃないかと。で、自分のペースを崩して前につけたときに、後ろからやられちゃうってゆーパターンもあるっちゃあると思うんです。その時はレッドディザイア、ダノンべルベールの出番かなと思いますね。レッドディザイアはスピードに乗るまで時間がかかる馬だと思うので、とてもじゃないけど軸にはできないんですが、素質はかなりありそうです。前が速くなることも十分考えられるので、そうしたらこの馬にもチャンスがあるのかなと思います。

で、まぁアネモネ組とフィリーズレビュー組は特にそそられないですね。ただ、アイアムカミノマゴは好馬体になってまして怖いっちゃ怖いです。距離も1600のほうがよさげですから、おさえるともりではあります。

そゆわけで。レース振り返ってみて穴っぽいのはルージュバンブー、ヴィーヴァヴォドカの2頭でしょうか。買いやすいのは後者のほうでしょうが、オッズを考えると前者に手が伸びてしまいそうです。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/752-7c73d539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。