Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

かるく回顧 

ども、すこし間が開いてしまいましたが、元気であります。マイルCS、エリ女ともに微妙にとらえきれず、まだ下半期まともな的中がありません。というか、4月ぐらいからずっとあたってません笑

そゆわけで、まとめて振り返っておきます。

まず、エリザベス女王杯ですが、これはスタートに最大の盛り上がりがあったとゆー見方もあるかと思いますが、やっぱルメールのうまさが際立ったレースというのが素直な感想でしょうか。もちろん、リトルアマポーラ自身これまでで一番いいでき、といいいますか、一番馬に走る気があったのでしょうが、実にきれいな、お行儀のよい競馬でございました。

勝負どころでの並びがそのまま着順となり、やはりその展開をみごとに支配していたルメールの完勝といったとこだったでしょう。カワカミプリンセスはもう少し速い展開希望というとこだったでしょうね。突き抜けた先に絶望が待っていた一昨年は、もうひとまわり速いペースでしたし。

ベッラレイアは父から考えるとこれぐらいの距離が向くかなとは思いましたが、相変わらずのこの馬らしい結果に。それでもやはり京都2200という舞台はこの馬にとって一番タイトルに近づけるとこなのかなとは思いました。

気になったのはレジネッタですかね。このままではトールポピーとともに、3歳牝馬クラシックで燃え尽きた馬となてしまいそうです。ま、ダートに活路を見出す、もしくはしっかりマイル路線に戻ってみるとかするしかないでしょうね。どちらにしてもこのまま終わってしまうには惜しい馬だと思います。

そんなわけで、秋華賞回顧でリトルアマポーラは来年当たりにはタイトル取れるかななんて書きましたが、あっさりここで女王になったよと。そして幸四郎残念といったとこでしょうか。

んでもって、先日のマイルCS回顧。こっちはファイングレイン、マルカシェンクの取捨で悩み、ファイングレインはここではまだいらんだろってなって玉砕。

レースとしてはこれもなかなかよいものだった。ウオッカを負かしたスーパーホーネットが1番人気で、あとはカンパニーが続くといったところで、どことなくウオッカを基準に人気が組み立てられてるようにみえなくもなかった。しかし、スーパーホーネットは昨年同レース2着、京都、マイル成績ともに申し分なく、その人気は妥当だったと思う。それでも軸にはしにくかったのが、どっちかというと1800や1400の馬という印象が強かったせいがある。そして前走のパフォーマンスで人気になるなら少し違うところから攻めたくなるのは仕方ない。というわけで、スズカ、スパホ2頭軸って感じでいろいろ買ったのだが結果的にはだめでした。

ま、それでもスパホが突き抜けられないだろうなという予想は間違ってなかったと少し自信を深めたりもしたが、予想以上に強かったのは確かです笑
内と外を回った差があるとはいえ、あの差は力の差といえるのではないかなと。それほどまでにブルーメンブラットが充実していたよなぁと思えたわけでした。ブルーメンブラットの競馬も非常にスマートでしたが、個人的にはスーパーホーネットと同じところを通ってきていただいてもよかったかなぁなんて思ったりしやしたよ。ま、キャロットの活躍が最近続いてるみたいで、そのあたりはいろんな意味で楽しみ。

あとは、スパホの後ろをついてきた、カンパニーとマルカシェンクは完敗。なんとなく7着にはいってきたアドマイヤスバルが非常にかわいかったですわ。もしかしたらと期待したエイシンドーバーは惨敗。ふぅ、最近穴馬の選択がうまくいかないですなぁ。

category: 競馬について

CM: 1 TB: 0   

コメント

はじめまして

ナビエストークスについて一言

レッドボナンザ #- | URL | 2008/12/04 21:33 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/720-51168351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。