Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

謹賀新年 

おくればせながらあけおめです。今年の抱負としてはもうすこしまじめに生きていこうとおもいます。もちろんまじめに競馬もみていきたいです。

ま、そんなわけで2008年一発目としてはこんなもんかという感じで、昨年度のJRA賞を見てみようとおもいます。ってか、こんなに発表はやかったっけ?先週の競馬中継を見ててびっくりしたんじゃが。

JRA賞競走馬部門、記者投票集計結果

【競走馬部門】
年度代表馬 アドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博資厩舎)
最優秀2歳牡馬 ゴスホークケン(牡2、美浦・斎藤誠厩舎)
最優秀2歳牝馬 トールポピー(牝2、栗東・角居勝彦厩舎)
最優秀3歳牡馬 アサクサキングス(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)
最優秀3歳牝馬 ダイワスカーレット(牝3、栗東・松田国英厩舎)
最優秀4歳以上牡馬 アドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博資厩舎)
最優秀4歳以上牝馬 コイウタ(牝4、美浦・奥平雅士厩舎)
最優秀父内国産馬 ダイワスカーレット(牝3、栗東・松田国英厩舎)
最優秀短距離馬 ダイワメジャー(牡6、美浦・上原博之厩舎)
最優秀ダートホース ヴァーミリアン(牡5、栗東・石坂正厩舎)
最優秀障害馬 メルシーエイタイム(牡5、栗東・武宏平厩舎)
特別賞 ウオッカ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)、メイショウサムソン(牡4、栗東・高橋成忠厩舎)
※馬齢は昨年のもの



まー見渡してみるとこんなもんかなと思う。まぎれがあってもよかったかなと思うのは、4歳以上牝馬、年度代表馬かなー。
個人的には年度代表馬はダイワスカーレットでいいかなと思っていたが、ドバイデューティフリーが評価されてるのが、自分の中では想定外だった。海外での活躍はやっぱ評価されるのね。牝馬の年といわれてたにしてはいまいちだったのね。ウオッカとセットみたいな部分があっただけにウオッカの後半の失速もひびいたか。あと、マツリダの有馬記念の2着ってのでダイワスカーレットは評価を下げてしまったかなぁ。1着がポップロックとかなら評価は違ってたのかも。

4歳以上牝馬は個人的にはパンドラとサンアディユのどっちかだと思ってた。フサイチパンドラの札幌記念とかはかなり印象に残っているし、サンアディユの強さも本物だった。強い馬というので選ぶならばこのへんだったとおもうが、やっぱG1馬に敬意を表したということだな。

ま、気になるのはこのへんかな。特別賞がしっかり与えられたのは非常によかった。ウオッカにしてもサムソンにしてもファンに与えた印象は年度代表馬に引けを取らないものだったと感じる。
振り返ってみて思うのは、2007年はここ数年では非常に見ごたえのある1年だったということ。サムソンの天皇賞春秋連覇、ムーンのドバイ、ウオッカとダイワスカーレットの桜花賞&チューリップ賞、牝馬のダービー制覇、となかなかたまらないニュースのほかにも、宝塚記念、天皇賞秋、菊花賞など見ごたえのあるレースが多かったですね。
もうひとつ感じるのがアグネスタキオン産駒って父内国産のイメージがわかないということ。俺のタキオン嫌いがそうさせるのだろうが、よっぽどウオッカとかのほうがよかったなーって思ったがあまりに勝手な意見だな(笑

ま、最後に今年の期待馬でも紹介しておこうか。クラシックは牝馬はトールポピー、牡馬はステルスソニックダイシンプランブラックシェルですね。トールポピーはあの体つきで勝ってしまうなら、成長したらほんとに楽しみ。ステルスソニックは半信半疑だが、今週の誌上パドックを見てほれた。

そんなこんなで今年もよろしくおねがいいたします。次は去年のリーディングでも見てみようかと思います。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/686-6135f961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。