Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

2007新種牡馬をみとく 

ま、毎年恒例ですが、新種牡馬を一通り見て、評価しておこうと思います。

2007年の新種牡馬リスト

ファルブラヴ
トワイニング
ワイルドラッシュ
コロナドズクエスト
グランデラ
ムーンバラッド

シンボリクリスエス
アグネスデジタル
エイシンプレストン
アグネスフライト

となってるわけですが、ここ数年に比べると少しおとなしい気もします。やっぱ目玉はシンボリクリスエスなんでしょうけども、個人的にはこけるかもしれないなという印象があります。ファルブラヴは何頭かよく見えたんですが、適正があるのかどうか。個人的にはトワイニングコロナドズクエストに注目してみたい。

シンボリクリスエス(父KrisS 母Tee Kay)

まず、種牡馬に大切なのはスピードだと思うのです。もち例外はあるわけですが、そこがこの馬はひっかかるんですよね。2000mの天秋を勝っているとはいえ、スピード感あふれる勝利というよりはパワーでねじ伏せたという印象が・・・。ただ、有馬記念でのあの衝撃のパフォーマンスを見るとなんてことない気もしますが(笑

血統は正直よくわかりません。ロベルト系ですが、母系の血はかなり異系。ま、交配相手に苦労するってことはないと思いますが、繁殖はスピードあふれる馬がいいかなと思います。

あと、産駒の出来ですが、これが微妙。正直クリスエス自体好きな体つきじゃないですし、大体の人が見たらバランス悪っって思うんではないかと思えるくらい不思議な体。
まーってなわけで初年度は見かな。ただ、ブラックパンサーやトゥリオーニあたりは注目しておこうと思ってます。

ファルブラヴ(父Fairy King 母Gift of the Night)

父、母父が同じということでエリシオの失敗がくりかえされるのでは?というのはいろんなとこでいわれている。エリシオの失敗は馬場への適正とスピード不足ってとこなんじゃないかと。
その点では、日本、香港で結果を出しているファルブラヴは心配イランかと。ただ、JCのときにパドックで見た体を思い出すと、かなりごっつい馬だったと思う。産駒をみていると、この時期の2歳でもけっこう筋肉のついている馬も多い。

血統的に見ると、やっぱ北米血統、ミスプロやSSあたりとの相性がキーとなるでしょう。何頭か産駒をみていると、父とはあまりにていないが、やわらかく、バネのありそうな歩様を見せている馬が数頭みられた。そのような馬が結果を残すのではないかと思う。

個人的な注目馬はインユアアームスです。先日新馬戦を快勝した馬もなかなか強そうでしたが。

トワイニング(父フォーティナイナー 母Courtly Dee)

えと、再輸入後の最初の世代。エンドスウィープと同じような可能性を見出せるかってとこなんですが、似てるかは別として、なかなかいい種牡馬ではないかと思う。繁殖記録を見ていると、勝馬率.542はなかなか優秀。勝ち芝平均距離もなかなか長いですし、ただのスピードしかない短距離馬しかださないということもないでしょう。
母Courtly Deeはかなり優秀な繁殖だったようです。ヤマニンパラダイスやノーリーズンの母アンブロジンなどの祖母にあたるようです。そう考えると日本の馬場への適正は高いんじゃないかな。

写真とかあまりないので産駒の出来はわからないが、もしかしたら一発あるかもと思う。

コロナドズクエストはセレクトセールでかなり印象に残ってる産駒が多かったが、POG本で写真を見ると少し固そうにみえた。そのあたりが分からないが、エイシンパンサーは強そうです。

ま、繁殖の質の違いでシンボリクリスエスが新種牡馬チャンピオンになると思うが、トワイニングにも期待したい。

category: POG2007-2008

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/660-51893c81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。