Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

俺の場合はマックイーンだったんだよ。 

とりあえず、有馬、ディープ関連で目に留まった記事を紹介しておきます。

やつあたり(Shining Blade)

日本の競馬メディアって、ほとんどイコール競馬新聞なんですよね。で、競馬新聞の人たちは、厩舎関係者やJRAを敵に回すような事は出来ないので、全てにおいて事なかれ主義にならざるを得ない。つまりは損得勘定で動いているだけなので、ジャーナリズムとしては機能しないんですね。



たしかに。そーゆーのはいろんなときに感じる。ま、ディープ薬物のときにそんな考えから、つっぱしってしまったんですが(笑
今回の藤田伸二についてもそーですが。

Dernier Impact:Mission Accomplie(あさ◎)

最近海外見てないから、しらなかったがこんなに反応があるとは・・・。しかもレーポスでは今年最高の評価ですか。凄いことですね。まだ、あんまきっちり読んでないので、あとでしっかり読みます。

THE END OF EVANGELIST [まごころを、ディープに](殿下執務室)

有馬記念でした(須田鷹雄の日常・非日常)

ミハルカスが時々出てくる。よくわからん。たぶんシンザンが消えたっのときの話か・・・と思って調べた。するとこんなのが出てきた。

4コーナーでは、直線でシンザンに内の荒れた芝を走らせるために大きく外に持ち出すという作戦に出た。しかし、シンザンはミハルカスのさらに外の外ラチ一杯に進路を取った。このためシンザンがテレビカメラの視界から消えてしまい、「シンザンが消えた!」という名文句が生まれた。



らしい。その現場を見てないから分からないが。ただ、こーゆー話なら須田さんの意見はいまいちピンと来ない。ディープにチャレンジするに当たってどんな方法があったのかと言われると、やっぱダイワメジャーとかの乗り方はひとつの正解じゃないかとは思うし、これといった策は思い浮かばない。

殿下さんのエントリが個人的にしっくりくる。

「さらばディープインパクト・その2」(白線の内がわ)

それは言いすぎだろ・・・みんなとまでは言わんが、本気で勝ちにいってると思う。ただただ、ディープインパクトという馬が強かったという理由でいいと思う。

有馬記念の内容の是非について(馬い毎日)

有馬記念回顧を見ながらの雑感(Brain Squall)

これも須田さんの話とかぶるが、もーディープインパクトっていう馬はそれぐらい異次元だったと・・・とにかく強い馬だった。私はそれで十分のレースだったし、これ以上レースどーこーと思うこともなかったなぁ。

さらばディープインパクト(readkeiba.com)

馬場鉄志アナは「世界のホースマンよ見てくれ!これが日本近代競馬の結晶だ!」と叫び、FNSアナウンス大賞を受賞したそうだ



そういや、そんなこともあった。それは個人的にはちょっと・・・とおもう。明らかに馬場アナウンサーが準備していた言葉だろう。たしかにかっこいいと感じる方もいるんだろうけど、個人的にはさぶいと思う。
同じ馬場アナなら「ベガはベガでもホクトベガ」とか好き。あと、たしか三宅アナだったと思うがヒシミラクルの菊花賞での「さぁー今年も大波乱になるぞぉ!!」が一番好きだし、思い出に残ってる。

それでもディープは飛んでみせた/有馬記念回顧(毎日が馬三昧)

たしかに種牡馬がどんな能力を子供に伝えるのかはわからないところですね。あのフォームがディープのあの強さを生んだというのはあるでしょうし、もちろん他にも多くの要素はあるでしょう。父SSは岡田さんが言うには筋肉が違うかったみたいですが、ディープはあんま父に似てるという感じはしないなぁ。

有馬見て号泣するファンが俺に教えてくれたこと。(別にないが) (馬系の話か日記か雑記か否か)

ま、泣かれても困るってのは思うが、そーゆー人は競馬に限らずいるんでしょうな。俺はそーゆーのも嫌いだが、そーゆーのを映したり、あおったりするメディアはもっと嫌い。

ただ、このエントリでは・・・

それはそうと、
来年度から大井競馬で外国産馬が導入されるとか。(しかも既競走馬)
あ・・これってレアネタでしたか?それとも既出?
ま、どっちでもいいや。
いろんな団体とぶつかり合っているみたいです。



ここ注目です。まさかユートピア!?w



ま、こんな感じです。なんでこんななれないことしたかといいますと、ディープインパクトについてはいろいろ書きたいことがあるはずなんですが、うまくかけないんですよね。
そゆわけで、いろんな意見、考えを見て、自分の考えがまとまって来ればなぁと思ったわけでして。

普段あんま人のこととか気にしないんですが、こーやってみてみるとなかなか面白いですね。いい意味でみんな競馬ファンだなーと思いました。みんなレースを見て、思うことがある、いいたいことがある・・・それを素直に表現してるファンが多かったのは素晴らしいと思いました。

確かに私にはディープインパクトを見て泣くことは理解できない。関係者でもないのに泣くのはなぜだ?と小一時間問い詰めたい(笑
が、悪いこととは思わないし、そーゆーのも競馬ファンだと思う。

ただ、これまで自分が愛していた競馬の世界に、変な奴らが入ってきた。そして、奴らがどんどん幅を利かせていく、奴らの住みよい競馬になっていく・・・という現実にはっきりと表現できないまでも嫌な気分を味わっていた。

それに対する一種の形がアンチディープだったのだろう。

私もこーゆー思いをまったく持っていなかったかというと嘘になる。
競馬場、電車の中で、チュート半端な奴らが偉そうなことをゆってるとさびしい気持ちになる。

ただ、殿下様や、ゆたゆたさま、arikuiさま、というかたがたの記事を見て改めて強く思ったのですが・・・

それならば、私、そしてYouたちが知っている競馬の面白さを伝えてやればいい、教えてやればいい。そんなに熱く競馬を見ている、やっているならばそんなの簡単なはずだ。

たしかに、競馬場で泣いている見ず知らずの奴に教えろって言っても無理だろう。
ただ、たとえば、ビギナーの友人と競馬に行ったとき、彼らに競馬の面白さを伝えることが困難だろうか?んなことはないはずだ。何も必死になって、血統、歴史などについて語る必要はあるまい。自分が大好きな競馬をいつもどおり楽しんでいるだけでも、彼らに競馬の面白さが伝わるだろう。
実際、周りの友達が自分の影響で競馬が好きになったって人も多くいるだろうし、その逆もあると思う。

私もその一人であり、いつのまにか、気がついたら周りの友人のほとんどが競馬を楽しんでいる。それほどまでに競馬はすごいエンターテイメントだと確信している。

ネット上でこんな風にイチ競馬ファンとして書くのもいいし、掲示板で吠えるのもいいと思う。ただ、小さいことからコツコツとではないが、そんな些細なことでも十分だ。

私は、数あるギャンブル、もっと言えばスポーツの中でもっとも競馬が好きだと言い切れるし、人々を楽しませる要素が非常に多く詰まったものだとも思う。深く知れば知るほど興味深いし、考えれば考えるほど分からなくなる。

ディープインパクトという馬が目当てで競馬場に足を運んだ人たちはきっと帰ってくる。人々はミーハーファンというかもしれない。しかし、それだけでは終わらせない力が競馬にはあると信じている。

私が最初に知った馬はメジロマックイーン。私はこの1頭の馬によってここまできた。

マックには失礼かも知れないが、ディープインパクトを見た人たちは私なんかよりも、もっと強い魔法をかけられたに違いない。そんな彼らはきっと10年後、20年後でも競馬を楽しんでいるし、ディープインパクトを忘れることはないだろう。

彼らは50年後には立派な馬券爺となって・・・

「わしが競馬を始めた頃はもっと凄い馬がいたんだぞ」

と、誇らしげに若者に、部下に、言っているに違いない(笑

category: 競馬について

CM: 3 TB: 1   

コメント

今年の競馬が終わって...。

今年の競馬界もホントいろいろ話題がありましたね。
もちろん競馬を今迄客観的に知っていた方達にも、非常に解り易く事が過ぎていったのが競馬を盛り上げた要因だと感じました。
まずはメイショウサムソンの存在!
競馬をやったばかりの頃に、まずぶつかる壁は新馬・古馬・距離についてや3冠レースがどんな馬が出てこれるのか?何故ディープはダービーに出ないのか?
とか、自分達も最初にぶつかったと思うんです。
それをメイショウサムソンが春2冠を勝取ってくれたおかげで、説明抜きに解ってくれたファンがいたとこに既成の競馬ファンが新規ファンにとって説明を簡略化できたとこが強く影響があるんじゃないかと思うんです。
やはり競馬は独自で始めるには、チョット難しいと思うんですよね。例えば競馬新聞1つを取ってみても。あの細かい数値や専門用語。それを正しく教えて行けるかどうかは別として、馬券を的中させるとはいかないまでも、ヒントになるチェックの仕方や距離・条件などを教えてあげられる事かなと。そーするとビギナーが面白いと感じれば、推理を自分でどの様に考えるかの選択が出来てきて人よりもっと知りたい・見たいっ そして血統とは???になっていったりするのかなと...(笑)
私の上手くない言回しですいません(汗)
そしてディープについては強い馬が勝つ!!
これが競馬っ と、2着は負けなんだっという勝たなければならない宿命を持った馬なんだと...。
今までのレースの内容は省略しまして、私の競馬感から言わせてもらえれば血統に非常に惚れましたね。姉の時は日本にこの血統が入っていたのを知らなくて、ブラックタイドの時はセレクトセールで取引されたあたりでワクワクさせられました。(等方はPOGをやってるものでっm(==)m)
そしてディープはブラックタイドの存在で名前もメジャーになっていたので、1ファンとして動向に注目をしていたわけでして。デビューでは、仰天の末脚...。
長々と書いてしまいましたが、1ツの時が過ぎただけで今のとこ中央競馬に終わりは無いわけですからね。
お互いこれからも日々精進という事で宜しくお願いします。
そして最後の落ちが上手く文章に出来ませんで、大変失礼致しました。
また来年も楽しい記事を読ませて下さいね!!
それでは良い年を!!

bobinnocent #- | URL | 2006/12/29 10:58 - edit

自分でストーリーを

そーですね。

推理を自分でどの様に考えるかの選択が出来てきて人よりもっと知りたい・見たいっ そして血統とは???になっていったりするのかなと...(笑)

こーゆうのが大切ですよね。競馬ってのは予想ひとつとっても、その人個人のストーリー、自己表現になってるわけで。それを確立できるまで、彼らをサポートしてあげたらいいんですよねー。

私の周りでは俺よりだいぶあとに競馬始めたはずなのに、俺の予想を馬鹿にする友人ばっかです(笑

それがまた、競馬のいいところですね。答えなんてないからこそ、万人が楽しめると、キャリアなんて関係ないと。

このようなことは、馬券に限らず、POG、一口馬主etcでもいえることですよね。

それが競馬の楽しさじゃないかなーとも思わせられましたね。

ま、そゆわけで、今年一年ありがとうございました。また来年もよろしゅうおねがいします。

荒川久美子 #9qezcnfQ | URL | 2006/12/29 15:28 - edit

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

旧年中のご愛顧に感謝し厚く御礼申し上げます
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 
    
   /~\○  γ           
 /~~~~~ \ γ
⊂⊃⊂⊃⊂⊃⊂⊃

          競馬ファンの集う店「K-BAR」マスター 柴ボン

柴ボン #- | URL | 2007/01/01 16:43 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/615-f9451c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

意味が面白いかも

この計画は、テンペル第1彗星に重さ370?の銅・アルミニウム合金製のインパクターを撃ち込み、その衝突によってできるクレーターや飛び散る塵から彗星の内部構造を調査するというものである。彗星の内部構造の解明、またその観測データからの太陽系や惑星誕生のメカニズムの

意味が面白いかも | 2007/03/30 15:39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。