Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

文句なしに私が見てきたなかでの最強馬だった 

DSCF0184.jpg



ま、とりあえず今年1年を振り返ろうと思うと、やっぱりディープインパクトの年だったということになるだろう。

もちろん、「デルタブルースのメルボルンC制覇」「カワカミプリンセスという女傑の誕生」など素晴らしいニュースも多かったが、この化け物が中心の年だったということに異論がある人は少ないのではないかと思う。

また、トラセンでこんな企画があるらしいので、ディープインパクトという馬の個人的な思い出を書いてみようと思う。

ま、とりあえず、今回の有馬記念から振り返ってみようかと思うが、結局最後までこの馬はお化けだったんだなぁとおもう。ラップタイムを張っておくと・・・

7.1 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.8 - 12.8 - 12.9 - 12.7 - 12.2 - 12.8 - 12.2 - 11.2 - 12.0

4F 48.2 - 3F 35.4



昼のテレビで柏木さんがピサノパテックの競馬を見て、今日は上がりのかかる芝なんじゃないかとゆってたんですが、結果的にはその予想は当たっていて、スローの前有利だったはず。

そんななかでディープインパクトの上がり33.8というのはまさしく異次元のものだったのではないかと思う。

競馬の仕方はこれまでの3コーナーから4コーナーにかけてまくって行くというものではなかったと考えていいと思う。今、もう一度レースを見直してみたが、3,4コーナーの中間地点ぐらいのところで、一度、豊が押えているところがあった。そして残り400mでゴーサインという競馬だった。

ま、2着ポップロック、3着ダイワメジャーというのを見ると、父エリシオ、そして、スロー前残りと後ろから一気に切れ味で圧勝するというのはありえない展開だったといえるんじゃないかいな。
というわけで最後まで凄すぎる馬だったという結論で。

で、こっからはいくつかポイントを絞って書いていく。

まずディープインパクトの競馬スタイルについて。

このスタイルはこれまでディープインパクトに付きまとっていた「持ったまま大外をまくって勝つ」というものとは違ったと思う。大外をまくる競馬というのは普通に考えても分かるようによっぽどの実力差がないと出来ないし、リスクも高いといえる。

じゃーなぜにこのスタイルにこだわったのか?となるとそりゃ、この馬に向いていたからでしょう。ただ、決して能力的に、そーいうレースが得意というわけではなく、いわば、精神的にそーゆーレースが向いていたんじゃないかと思う。

ディープインパクトという馬は、改めて思い返すと非常に乗りにくい馬だったんじゃないかと思う。思い出してみると、やたらめったらかかる、前に行きたがる馬だった。それがこの秋2戦はそんなそぶりをまったくといっていいほど見せなかった。これは馬が精神的に成長したというよりも、この馬をなだめられる乗り方を豊が身につけたと考えることができるんじゃないかと。

そんななかで最後に見せたあの切れ味は、「別にどんな競馬しても、なんとでもなりますよ」というメッセージにも思えた。

で、お次は「馬体重」について。

この点は個人的に興味深いと思える点である。4歳時のJCでの馬体重436kgがデビュー後でもっとも軽かったというのは、それなりに3歳のときから完成されていた馬だったと考えていいのではないか。

ディープの馬体は決してほれぼれするという好馬体ではなかった。昨年秋からはなんていうか、絞りきれていない馬のようにうつることさえあった。

ただ、この2年間ずっと怪我せずに走りつづけることができたのは、平均440kgという小柄な体が一役買っていたことは明らかだろう。この点は自身の競走成績についてだけでなく、子供にもおおきな影響を与える。つまり、産駒も平均的に体が小さく出る傾向になるわけですたい。となると、産駒も全体的に怪我が少なくなるってわけだ。

これは吉田照哉さんがやたらとおっしゃっとることで、ま、そりゃそーだと思います。前にこのブログでも書いたのですが、タキオンやクロフネは重たすぎるんですよね。

そして最後はやっぱ海外遠征についてですね。

あれほど強い馬でも勝てないのか、負けてしまうのか・・・という気持ちでした。やはりそれが競馬なんだなと、海外に遠征し、好調子で本番を迎えるというのは非常に難しいというのも改めて思い知らされましたね。

現地で観戦していて、やっぱ直線で先頭に立ったシーンでは鳥肌が立ちましたね。このままやってくれーと期待しました。しかし、持ちませんでした。それでも、あの競馬をして僅差の3着という結果なら、もう少しスタートが悪ければ、もう少しためていたら・・・と思ったりもしましたね。

レース後に金子氏もおっしゃったそうですが、やっぱ3歳との斤量差は大きかったと。やっぱ日本の3冠にこだわらずに3歳時に海外にチャレンジしてほしかったと思いましたね。
ただ、リスクをともなう海外遠征に行くという決断を下したということはもちろん大きかったと。

そして、薬物の件。

これはほんまに信じられなかったですね。結局原因不明ということながら、制裁を受けるという形で決着。
ここでも、海外遠征、アウェイでの戦いは厳しいもので、人間さえも普段では考えられない対応をとってしまうものなのだなと。

結果として失格となったが、ほとんどの人が3着も失格もたいして変わらんと思っていたはず。私もその一人だが、このことは凄いことだろう。世界最高峰のレースでさえ勝つことしか許されなかったのだ。将来、日本馬が凱旋門賞を制することがあっても、これほどまでに期待されることはないのではないだろうか。

だからこそ、薬物が検出されるというような可能性は限りなくゼロに近くなるような対応を陣営にはとっていて欲しかったとも思う。

ま、こんな感じですかね。日本語おかしいところいっぱいあって、いいたいことがうまく伝わらない気もしますが・・・。読み直して出来が悪いんで、あんまトラセンには送りたくなくなったという感じ(笑

ありきたりな締めですが、この馬の子供を楽しみに待ちましょう。もうすでに、エアグルーヴとの交配も決まったようですしな。

category: 競馬について

CM: 2 TB: 0   

コメント

最強に異議なし!

交配相手にはドーベルもっなんてサンスポにはありましたね(汗)
この馬は結局2000m以下は走らないで競争生活を終えましたね。海外の競走馬なら、あまり見掛けないですよね。ただこの馬はマイルでも強かったはずですよね。
さて種牡馬としてなんですが、母の父Alzaoは個人的に???なんですが、その牝系にはすたみなのある種牡馬が交配されてますしHalo系以外であれば付けやすいですし社台という事も考えて輸入繁殖牝馬もステイヤーから短距離での活躍馬もオールマイティーに交配されていくでしょうね。
またドイツの牝馬になんか付けていったら直ぐに惚れそうです(笑)

bobinnocent #- | URL | 2006/12/27 10:51 - edit

たしかにマイルであろうが関係なく強かっただろうと思いますね。

ま、この馬の能力自体に疑うところはないですし、ふつーに産駒は走るでしょうね。

どんな相手が合うかなんて分からないですし、ま、たぶんどんな繁殖とでもうまく行きそうですが、あえて言うなら少し軽めの血統、ま、どっちかっていうと北米ちっくな血統の繁殖との仔を見てみたいですね。

んー、ローザロバータあたりとの仔を見てみたいですね。ほぼ確実にディープつけるでしょうし。

荒川久美子 #- | URL | 2006/12/27 21:58 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/614-17085943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。