Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

いまだに黙っている陣営とそれを静観している競馬マスコミ関係者 

ま、非常にこの問題に対しては言いたいことが多いのですが、どーなってんだか・・・。

ディープインパクト禁止薬物問題については発覚当初は非常にマスコミ各局元気でした。あーだこーだ好きなことを言いまくり、大変な状態でした。もちろん週末のフジテレビのスーパー競馬でもこの問題についてとりあげていました。ま、内容はふつーだったんですが、その次の週ではなんかディープインパクト陣営に悪いことをしてしまった・・・。というような謝罪があったりして、一気に立場を変えていました。その内容は以下のようなものだったと記憶しています。

「先週の放送でディープインパクトの問題について述べたことはまだ事実が分からないことであって、非常に申し訳ないことをした。この件で、陣営との間に溝が生じてしまい、これからは厩舎近辺での取材をすることができなくなってしまった。」



みたいな感じだったと思います。(少しちがうかもだけど・・・)

ま、これを聞いた時点で違和感を持ったんですが、そのあたりからの各マスコミの静けさは異様です。特に競馬に深く関わっている関係者ほど、この問題を腫れ物に触れるかのような扱い方をしています。

いくら新たな進展がないからといって、こんなに放っておくものでしょうか?だからといってディープインパクトの記事はまったくないかというと、JC出走へ向けた調教についての話題はよく見かけます。

が、そこにほとんど、まったくといって良いほど、薬物についての話題はありません。これは完全に熱が冷めるまで待って、もういいやって感じになったときに、原因などはあやふやにしたまま失格になった、残念だとだけ発表するんでしょうね。

前も言ったんですが、これが一番おかしいと思うんです。ま、陣営やらJRAの思惑通り、大半の人間がそんな薬物問題なんて忘れているでしょう。しかし、そんなことで火を消したことになるんでしょうか?

薬物問題が明らかになったとき、いろんなところで、汚点発言に苦言を呈する多くの競馬関係者がいました。その人々は今の状況をどう考えているのでしょう?

今になっても公の場で会見、事情を説明せず、負け惜しみのように、捨て台詞のように記者に「私は自信を持って黙っている」とか訳の分からないことを言っている池江調教師。汚点発言なんかよりこの実情のほうがよっぽどおかしくないでしょうか?なぜ黙る必要があるのか分かりませんし、コメントでは不正をやっていない。と言っていますが、2つの検体から禁止薬物が出たということは、普通に考えると、100人居れば100人が結果的には違反をしたのではないか?と思うでしょう。それでも不正はないというのであれば、きっちりその理由を説明しなくてはいけないはずです。

そこで、池江陣営に説明責任はないどろ?と思う方もいるかもしれません。しかし、ここまでディープインパクトが日本中に知られる名馬となった以上、その問題について公に説明する義務が、競馬人として、人間としてあるのではないかと私は考えます。たしかに記者などマスコミにはなんにもわかっていなくてムカつく奴もいるでしょう。しかし、そうでない人もいるはずです。これほど大きな問題に対してずっと黙っている池江師もおかしいですが、黙っているのを放っているマスコミも異常といえるでしょう。

で、問題発覚直後に吠えていらっしゃった須田鷹雄氏のブログを見てみると・・・。
26日を最後に2週間以上ディープインパクトについて書かれていないし(たぶん)、たぶん池江陣営が説明すべき、みたいな記述はないね。んー池江さんがだまってるのがおかしいと思ってるのは俺だけなんだろうか・・・。ふつーだと思うんだけどなぁ。

「競馬が誤解されることを嘆く+そのきっかけになった人馬を非難する」ではなく、「その誤解を解くよう努力する」だろう。それは競馬ファンから主催団体の長まで、競馬の側に立っている全ての人間に言えることである。



上は須田鷹雄さんが10月25日に書いている記事の一部です。これはまさにそのとおりだと思います。だからこそ、しっかりと事実を説明するのが一番誤解をとく早い方法だと思うんですがね・・・。馬鹿がクダラン知恵を集めたところでしょうもない考えしか浮かばないんだろうからな・・・。

しかし、今となってはもう遅いですね。幸か不幸か世の中の興味はもうディープインパクトにはありません。この状態では一度ついてしまった印象を拭うことは出来ないでしょう。
ま、結果的にはJRAの思惑通りになったのかもしれませんが、今発表したらもう、あんまり騒がれることなく、凱旋門賞3着失格も流されることでしょう。

そしてこんなニュースがでていた。

・ディープインパクト 失格へ

最初に報じたのがNHKというところにこの問題の問題が見えるなとおもう。ま、もっともある意味JRAに興味がないところですからな・・・。

category: 競馬について

CM: 1 TB: 1   

コメント

「不正をやっていない」という池江師の発言って
薬物は検出されたことは事実としても「意図的にではない」と言っているのでは。

#2YRuNnDs | URL | 2006/11/15 16:59 - edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/592-e3d75503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[競馬ニュース]ディープ薬物問題。

●インパクト薬物処分で15日に審査委員会 - nikkansports.com ▼とりあえずフランスギャロの裁定発表がある前に個人的な見解を。まぁ失格と池江師への罰金処分というのは規定路線として、分からないのは下のような反応があること。 ●Megahorse - いまだに黙っている陣営と

傍観罪で終身刑 | 2006/11/15 22:44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。