Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

いちおう北米の競馬の祭典を振り返っておく 

ま、初めて最初からBCをライブ中継で見たんですが、むーなかなか素晴らしかったですね。なんていうか・・・速い。

ってなわけで、見ていて俺のなかで勝手に印象に残ったレースを振り返ってみる。

Race Video Archive

一応上のページいけばレース見れます。

ま、やっぱ普通にベストレースはBCクラシックということになるんでしょうが、個人的にはやっぱOuija Boardが圧勝したフィリー&メアターフが印象に残りました。

Ouija Board Notches Second Win in Filly & Mare Turf

ま、人気でもウィジャボードが圧倒的だったんですが、アメリカンオークスでアサヒライジングを破った、Wait a Whileもかなり人気してました。

が、蓋をあけてみたら、というかやっぱり強かった。映像を見てくれたら分かると思うんですが、内側に包まれる感じで3コーナーから4コーナーにかけてかなり厳しかったんですよね。欧州なら直線長いし、前が空くのであの状態でも慌てなくてもいーんだろうけど、実際かなり厳しく見えましたね。外からだいぶ被せられた感じだったんですが、コーナーでがっつりこじ開けて、前が開いてからは圧巻でした。まぢ強かったです。

あと、2歳戦のジュヴェナイルもなかなか迫力のあるレースでした。

Street Sense Jolts Juvenile Field by Record 10 Lengths

なんかヨハネスバーグ産駒が2頭いる時点でさめてたんですが、勝ったのはStreet Cry産駒のStreet Senseでした。ま、噂の最内だったんですが、4コーナーで前の馬が外に膨れてうちが開いたところをきれいに突き抜けてきました。抜け出してからは差を広げる一方でついた着差はなんと10馬身
10馬身差はこのレースでのレコードらしく、ここ最近ジュヴェナイルを勝った馬はダービーを勝てないというジンクスがあるんですが、そろそろ破られてもいい頃なのかもしれませんね。

ふー、あとターフとクラシックについても感想書こうと思うが、とりあえずはここまでにしておく。

category: 北米競馬

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/583-a325c1e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。