Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

バランスオブゲーム競争能力喪失・・・ 

あまりにも悲しいニュースです。

バランスオブゲームが故障、競走能力喪失

むーこれはショック、たぶん今年いっぱいで引退だったんだろうとは思いますが、非常に残念です。

気がつけばもう7歳です。同期はタニノギムレットですから、子供がデビューしている馬もいるわけです。ま、テレグノシスといっしょによくがんばりました。2001年から2006年まで重賞を毎年勝利し、稼ぎに稼いでなんとその額は61,769.5万円!!

・バランスオブゲーム@netkeiba

まあ名脇役ということになるんでしょうが、すこし違っていれば主役にもなれた馬だと思います。

にしても本当にこの馬は面白い馬だったなぁと・・・振り返ってみるとやはり年取ってからのほうが強かったのかなーと思いますが、しかし、2歳時に新潟2歳Sを勝っているあたり、もともと素質が高かったといえるのではないでしょうか?

今考えると、ステップでの重賞勝利は多いわりに、本番での好走はほとんどないですな。一昨年の安田記念と、今年の宝塚記念の3着が最高ですかね?

しかもステップレースで勝っている相手、つまり2着となっている馬は、

2006オールカマー コスモバルク
2006中山記念   ダイワメジャー
2005中山記念   カンパニー
2003毎日王冠   トーホウシデン
2002セントライト記念 アドマイヤマックス
2002弥生賞    ローマンエンパイア
2001新潟2歳S   スターエルドラード

なんか弱いね(笑

ま、こんなもんなのでしょうけど、あんま強い馬にはがちで勝っていない印象はあっていたのかも。

あと、この馬が注目された理由にはこんな面白い点も・・・そうです、馬主が薗部博之さんなんです。皆さんも知ってると思いますが、あのダビスタを作った人ですね・・・よね?

この馬はセレクトセール出身なんですが、ここにもいくつか面白いネタがありましたね。

この馬はたしか900万ぐらいの安値で取引されているのですが(フサイチコンコルド産駒なんであたりまえですが)、競り合っていた相手があの岡田総帥だったんです(父さんのほうね)。しかも、そのときは岡田さんはホールオブフェームの99を自分が落札したつもりだったそうです。が、よくよく確かめてみると薗部さんが落としてる・・・おいおい・・・ってことですぐに直接交渉したそうですが、薗部さんは岡田さんがそーゆうならなおさら売れないと・・・(笑

ま、岡田さんぐらい有名になってしまうと、他のバイヤーからマークされてしまうわけで、隠れて競っていたそうなんですが、それでちゃんと意思が通じていなかったんですね。うむ、岡田さん、おもろいやんけ。

しかも、900万の馬が結局6億以上も稼いだわけですから、回収率は・・・計算できん(笑
こーゆーのもよくネタにされてますよね。たぶんセレクトセールで取引された馬では最高回収率のはず。

こーゆー馬がターフを去ってしまうのは残念ですが、まだ、今後があるわけですから、種牡馬になるにしろ、乗馬になるにしろ、ファンの多い馬ですから長生きしてほしいですね。

category: 競馬ニュース

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/570-93475c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。