Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

まじめに読んでくれてる人もいるみたいね・・・ 

うむ、なんかトラックバックが久しぶりに来ていて、見てみたらこんな記事でした・・・。

こういう意見が何だかおかしい

ふむ、私の文章が言葉足らずだったのかな?ってなわけで一応私個人の意見を書いておこうかな。ま、どう受け止められるかはわかりませんが、人の批判チックに書くのではなく、私の意見をシンプルに書こうかと思います。

まず、私が今回の事件、つまりディープインパクトから禁止薬物が検出されたと初めて知ったのは友人からのメールでした。そのときは「ディープから薬物でたとさ・・・」程度の情報しかなかったので、んなあほな・・・JRAがそんなのするわけないやん!って思ったわけです。そら、あんだけ持ち上げといて、ここで突き落とすなんてありえないですわな・・・。で、詳しく聞くとフランスで出たということがわかって、まず納得、なるへそと・・・しかしなぜだ?!んなわけあるかい!あんだけ日本中の期待を背負って世界最高峰のレースに挑んだ馬、そして陣営ですよ。

んなあほな・・・とすぐに家に帰ってニュースとか見たんですが夕方のニュースではたぶんやってなかったですね。このときにJRAの公式ホームページを見たわけです。で、出ていたコメントが今回話題にされている「理事長のコメント」ですよね。

で、正直私はこの「汚点」という言葉にはまったくといって良いほど引っ掛からなかったです。
どちらかというと、ニュースを聞いてこのページを見て、JRAトップページのニュースの欄の「ディープインパクト号に関するお知らせ」という書き方に違和感を覚えましたね。あの英雄から禁止薬物が発見されたんですよ・・・大事件です!なのに、なんか普通の出来事みたいにごまかしてしまおうとしてるんじゃねえの?と感じてしまいましたし、本当にこの問題について明らかにしていこう、真実をファンに伝えようという気はないなと感じました。

さらに言うと汚点という言葉ではないにしろ、最初にこのニュースを聞いたときに、これでここまでディープインパクトを祭り上げ、騒ぎまくっていたマスコミは敵に回る、というか、わけもわからずたたく奴も出てくるかもなぁと思ったわけですし、ここまでディープインパクトのファンになって競馬をやりはじめたという人は禁止薬物、ドーピングということを聞いて、幻滅することもあるだろうなと思ったりもしました。

そういう点では、ディープインパクトの経歴に汚点を残すでしょうし、見る人によっては、つまり競馬を始めたばっかりの人には悪いイメージを与えるという点では、まさに競馬界の汚点となると思いました。

ただ、理事長の汚点という言葉はこういうことについてなされたものではないですね。歴史ある凱旋門賞に汚点を残してしまったという使われ方だったかと思いますが、これは至極普通の謝罪だと思います。ディープインパクトから禁止薬物が発見されたというのは変えがたい事実なんでしょうし、それが陰謀でもなく、ただ単に日本側、つまりディープ陣営のミスだったならば、JRAのトップとしてはありえる話ではないでしょうか?

これは意図的であったか、なかったかは無関係だと思います。
競馬というのはある決められたルールの中でおこなわれているものであり、そのことを破ってしまったならば、それは許されることではないでしょう。そのルール違反が競争において、当事者にとってたとえ有利に働かなかったとしても、ルールを守れていない時点で同じスタート地点にはたっていないのではないでしょうか?

この時点で池江師などに詳細を聞いていない状況だったならば、このようにすぐに謝罪するのはおかしいでしょうが、発表したときにはもうひととおり調査は終わったのではないでしょうか?そうじゃなかったならば、もちろんおかしな話ですがね。

現時点で陣営が詳しく詳細について語っていないのはやはり異常でしょう。そんな状況ではフランス人医師にかってに投薬された、騙されたとは考えることは筋違いでしょう。

というのが、私が禁止薬物の件について素直に思ったことです。たいした知識もなく、適当にひろった情報だけで思ったことを書いているので、突っ込みどころは満載だと思います。ただ、こんなブログでも読んで、ひっかかってくれる方がいるというのはうれしいのでこれからも反応してくれるとありがたいです。

で、今回須田鷹雄さんの記事に対して「意味不明」と書いたのはなんでよりによって理事長のコメントに的を絞ってキレているのか?ってことなんですよ。もっと考えなければならないことは多くあったのではないでしょうかね?全然原因を究明しようという姿勢も見られなかったですし、その時点で関係者から調べたことも発表してなかったんじゃないんですかね?少なくともあの日以降、JRA公式ホームページにあらたな情報は出ていないと思います。

個人的には、このように関係者が隠れてしまって、口を閉ざしている現状のほうがよっぽど問題だと思ったんです。「汚点」という言葉よりももっとJRA全体の姿勢について、真相をすぐに明らかにするよう、関係者に会見させろよ・・・と、多くの人が思ったのではないかな?会見などはすぐしないと意味がないわけです。数日後に会見したところで、みんなで口裏合わせたんだなーってことくらいはみんなわかります。

このまま黙っていれば、そのうちマスコミは騒がなくなりますし、年末までにはみんなそんなことは忘れているかもしれません。しかし、それではなんの意味もないですし、そんなのが現実だといわれても私は納得したくないですね。

というわけだったんです。やたら長くなってしまいましたが、ま、これが今回の件に関する素直な意見です。

(追記)
今日、池江師からのコメントがでたようですね。どうやらかなり強気のようです。フランスギャロの発表は違うみたいなこともおっしゃっているようです。そろそろいろんな事実が出てくるのかもしれません。

しかし、ここまで沈黙していたということは・・・個人的には少しは日本側にも落ち度があるんじゃないかな?と思わされてしまいますね。本当に自信があったならすぐに公の場に出てくるはずだと思いますが・・・。ま、そのうち明らかになるのかな・・・。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 1   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/563-0efe11fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[競馬]まず

Megahorse - まじめに読んでくれてる人もいるみたいね・・・ - で真っ先にリンクされているのですが、私が送ったTrackbackは http://d.hatena.ne.jp/arikui/20061022#1161447741 の方です。タイトルも違います。「こういう意見が何だかおかしい 」にはMegahorseのことは書

Fuck食場 | 2006/10/23 02:17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。