Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

注目すべきはノーザンの外国産馬か? 

昨日、サラブレを買った・・・というのも2歳馬情報ですこし気になる情報(写真)がいくつかあったからだ。

目にとまった写真は昨年Fasig-Tiptonで取引された高額馬たち。もともとかなりいい値がついていたため気にはしていたが、これほどまでにいい馬とは思わなかった。

まず、多田氏が取引し、藤沢厩舎に入る2頭。この2頭はすばらしい。




・ミスティックベル(父Dynaformer 母Pulsatilla)

たしか100万ドルで取引された馬。タイムも悪くなく、血統的にも父は日本の芝にも適性のありそうなRoberto系の馬です。父は今年ケンタッキーダービーを圧勝したBarbaroを出して乗っている。個人的には藤沢厩舎ということもあってデビューが遅そうで指名しなかったが、今回馬体を見てびっくり。迫力のあるほんとうにいい馬です。つなぎの部分が少し短く固そうだが角度は理想的なので気にしなくていいか?1歳馬とは思えない迫力のある馬体に感動。




・フライングアップル(父Rahy 母Roza Robata)

本当にお目めがキュートです。弟は日本に入ってきた持ち込みとして昨年セレクトセールで1億9000万円で取引された。弟の父はVindicationだったはず。母は重賞戦線で活躍した馬。父の代表産駒はファンタスティックライトでしょうが日本ではいまいち活躍馬はでてないな。
しかし、この馬も本当にいい体をしています。つなぎも理想的ですし、胸の筋肉もすばらしいです。まだまだ体に余裕のある印象ですが将来的にはかなりはしってきそうな印象です。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://megahorse.blog4.fc2.com/tb.php/490-2848c1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。