Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

JRAブリーズアップセールをチェック 

どうもです。教育テレビのハーバード白熱教室ってのがなかなか面白い。こんなのを本気で面白いと思う年になるなんて…すでにじじいですな。まーええや。

ここ数年注目を集めているJRAの育成馬たち。おととしはセイウンワンダーが2歳チャンプになり、昨年のメンツもそれなりに走ってるかと思う。私自身昨年始めて注意して見たんだが、なかなかおもしろいので、今年もセール前に触れておこうかなと。昨年のエントリはこのあたりです、一番気に入ってたのは牝馬でトッププライスだった母スイートフェローズでした。重賞ではまだ結果が出ていませんが、フェアリーSでの走りを見てると、こいつは将来的にはいいとこまでいくと思います。フォレストキティのほうはまだ勝てていませんな、んー何かで変わりそうな気もしますが。

今年はぱっと見渡すとJRAの種牡馬の仔、ロックオブジブラルタル、デビッドジュニアあたりが目立ちますし、なかなか良い出来だと思います。ロックは昨年夏のセールでそれなりにいけそうなのがいるなぁと思ってましたが、デビッドジュニアが目に留まったのは今回が初めてですな。こっちは新種牡馬でかなりおもしろそうです。じゃあ、まずそのデビッドジュニア産駒から。

30.エイシンファンシーの08(父デビッドジュニア)
75.オスカースマイルの08(父デビッドジュニア)

どちらもシルエットが非常に好み。なんか無駄肉がなく、筋肉がつきすぎているわけでもなく、すっきりしており、全体のバランスがよろしい。
母エイシンファンシーは首をよく使ったフォームもええです。

3.ゲルニカの08(父ロックオブジブラルタル)
73.ボルジア2の08(父ロックオブジブラルタル)

ザ・ロックの産駒は脚が長くて、華奢という表現は間違っているかもしれないが、バランスが悪く見えるのが多い印象。ただ、どうもそれが日本にうまく向くのじゃないかなんて思って去年の夏から気になってる。欧州では失敗って印象が強いが。
母ゲルニカのほうは兄も何頭か若駒のころから写真やら目にしているが、華奢なのが多いし、体質が弱いのが多いかな。本馬は現時点でそれなりのタイムを出してるし、繋ぎは非常にきれいだと思う。
こっからはてきとーに気に入った馬を並べる。

51.レッドダイヤモンドの08(父ステイゴールド)
んーとねぇ、サマーセール時にも目についてた馬で、実際、落札価格も高かったみたい。今回はこれが一番ええんちゃうやろか。写真での姿勢、バランスも文句なし、走ってみたときの力強さ、首の低いフォームは非常によろしい。前がしっかりしすぎて後ろがついてきてない印象を写真、動画から受けたかな。まーでも、これはいい馬でしょう。

12.ディアブリーズの08(父グラスワンダー)
次にいいのはこれかな。同セール出身のセイウンワンダーとはタイプが違う、普通に父に似たメガワンダーや、グラスワンタイプかな。この馬もやっぱ前の筋肉の厚み、迫力があって、後ろがしっかりしていない印象を受けてしまうが、そのへんは今後いくらでもよくなるだろう。これも購買時1000万オーバーなのね。やっぱ高い馬はいいんですなぁ。

28.テンシノユメの08(父リンカーン)
父リンカーンなんてまったく興味なかったし、写真みた感じでもたいしたことないと感じたが、動画を見て惚れた。コメントの通り柔らかく、大きなフォームは目につきますな。足もと、繋ぎがちょっと気になるし、調整が遅れているのもあれだが、うまくいけばええ馬になるやも。

まとめると、51のレッドダイヤモンドの08が一番よいとは思うが、これは高くなりそう。それでもオープンまでは行くという読みなので、2500万までなら手を出してよい、もしくはここまでの経費がパスできると考えるともう少し高くてもええのかな。12のディアブリーズの08もいいんだが、51よりは確実性が低い気もする。それでも2000万弱なら。テンシノユメの08は博打だわな。新種牡馬やし、リンカーンってとってもはずれな匂いがするのよね。それでも600万なら…ってそんな安くないか。エイシンファンシーの08は2勝はできそうよね…って何を根拠に笑。完全な妄想にすぎないが、1200万ぐらいまでかな。

ロックはさすがに実際に手を出すとなると恐ろしいよね。しかも人気してしまいそうやし。
スポンサーサイト

category: 馬を見る目

CM: 0 TB: 1   

一冠回顧 

ども、おひさです。いろいろありますが、その辺はなんかの機会に。
田舎に引っ越しました。いや、田舎は悪くないですが、いろいろ閉鎖的な環境、そして視野が狭い感じなところは少し問題かも。

ま、そんなことはどうでもいいとして、まずクラシックの牡馬の一冠目、皐月賞を回顧しておこうと思います。トライアルあたりには牝馬がそれぞれレベル高くて面白いかなぁと思ってたけど、皐月賞終わってみると牡馬もなかなかいいのがいるなぁと。そのあたりをてけとーに。

なかなかいいレースだった皐月。
ま、ピサがクラシック勝てるのかってのがPOGやってる人間としてはひとつ注目というか、ネタではあったんだが、個人的にはここまでのイメージ、走り方が昨年のロジに似てるなぁってのがあったので、器用に立ちまわれるのかってのが見どころと思ってた。が、あんま関係なかったのかも。そんなに内がぽっかり空いたわけでもないし、決して道中スムーズだったわけでもないのに、最後の脚は素晴らしかったし、窮屈なところに突っ込んでもひるまない。ヒルノダムールの脚を見ると、外に出しても届かないレースではなかったのかもしれないが、皐月賞であの位置取りから勝ちにいくなら、内で我慢ってのはよかったんじゃね。
ダービーも素直に考えれば大本命だわな。普通に広い所で走った方が伸びそうやし。弥生賞、皐月と一瞬の切れでなんとかするレースが続いていることだけが気になるし、私はこっからは買わないつもり。

で、2着ヒルノダムールは道中無理せず下げて、変なプレッシャーなく走れたのが最後の脚に繋がった感じ。パドックで見た感じギリギリの仕上げっぽく見えたので評価を下げてしまったが、リルダヴァルとか買ってる場合ではなかったなと。まだまだ体は良くなりそう、というか筋肉がつきそうなのでそのあたりがしっかりしてくればダービーも期待できるが、個人的には次はしぼむと思う。

で、ダービーの本命でええんちゃうかと思ったのが3着だったエイシンフラッシュ。何よりパドックでの存在感、馬っぷりのよさが目に付いた。父キングスベストは良血で期待されてたが、まーたいした結果は残せていないし、日本でも目立ったのはいない。ビーオブザバンとか私もPOGで指名したが痛い目にあった(話は変わるが母シーズアンのシーズンズベストはどこへいってしまったんや)。そんなわけで半信半疑だったが、この馬は本物くさい。エリカ賞の時点でもええ馬だったものの、少しこじんまりしてるかなというイメージを持ったが、今回は大きく見せていたし、まだまだ鍛えれば筋肉はつくだろうなという体型。3歳春のキンカメに近いかなと感じた。レースは道中かなり厳しい位置取りとなり、また力んで走ってしまったところもあった。勝負どころでいったん下がってしまったりしながらも、直線ではダイワを押しのけて伸びてきた。じゃが、最後は力尽きてたかなぁ。
ま、トライアル使ってないぶん余力もあるし、これから良くなる馬だと思う。今回はあまりにも厳しいレースとなってしまっただけに、ヴィクトワールピサとの勝負も付いてないっていう風に個人的には考えてる笑。

2着、3着の馬は4着ローズキングダムより厳しいレースをしながら、ねじ伏せている点は評価していいと思うし、勝ったピサとの差も、通ったコースを考えるとそれほど大きいものではないのかもしれない。
ローズキングダムもアリゼオも絡むならダービーよりこっちかなというタイプだけに次は買いづらい。体が減り続けているローズは春休んでしまってもいいかなと思うし、マイル路線ってのもありかも。アリゼオは枠がよければもう少し粘れてたのかもと思うが、府中は共同通信杯のレースっぷりがよくなかったのでなんとも。
リルダヴァルが直線スピードに乗ったところで前が詰まったように見える。毎日杯→皐月→ダービーでどこまで状態を持ってこれるかが問題かな。いい馬だと思う。

最後はダービーに向けての整理。現時点では…

◎ エイシンフラッシュ
○ ヴィクトワールピサ

ですな。あと、ピサのクラシック制覇は良かったと思うのですが、みなさんトーセンのことも忘れないでいてあげてください。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。