Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

フェブラリーS回顧。 

ども、最近机から逃げながらも、ようやく危機感がでてきた感じ。そろそろ本腰をいれてやらにゃあ。

で、先週のフェブラリーの回顧からすることにする。

ま、結果を見ると力上位の馬が順当に力を出し切ったという感じ。こうやって言葉にしてしまうとあっさりしてるが、ダートのレースではひさしぶりに鳥肌がたった。やっぱ4歳2頭が主役ということになるんだろうが、個人的にはエスポワールシチーも入れてあげてくれよといったところ。
レースの展開はほぼ読みどおりだったが、カジノドライヴ軽視はもちろん、まだここでは4歳は勝ちきれないんじゃないか?という考えが大間違いだったと。見事なまでに世代交代を見せ付けられた。

勝ったサクセスブロッケンは国内においては3歳最強であったにもかかわらず、カジノドライヴのせいでいまいち注目を集められなかった。ここでのオッズもかなりなめられていたため、狙っていた人も多かっただろう。母の距離適正を考えての距離短縮歓迎など、買える要素はあった。
父シンボリクリスエスの初G1がダートというのは意外であるが、前にも書いたようにボリクリ産駒はこれからもっといろんなのが出てくるのではないかと期待している。3歳のアプレザンレーヴも強い勝ち方を見せていた。骨格は父によくにているものの、まだまだ品がよく、悪く言うと迫力不足に映る馬体。秋にはよりいっそうパワーアップした姿を見せてほしい。

完全にアウトオブ眼中だったカジノドライヴ。強い馬であることは認めていたが、まだ馬がいろんな意味で成長途上、レースを学習してるとこかなという印象を持っていたが。ふたを開けてみたら、もうすばらしくレースもうまかったし、能力も国内なら十分通用するところを見せた。というか、このレースでは一番強い競馬をしたと思うのよね。前走準オープンからよくこのラップをものにしたよなーと。JCDでの経験がいきていたということなのだろう。同じことは勝ち馬にも言えると思う。
気になったのは直線に入って追い出すまでの「タメ」ていたとこ。イメージとしてはひきつけずにつきはしたほうがよかったのかなぁとも。ウオッカのヴィクトリアおもいだしたかなぁ。ただ、これは完全に結果論ですから、今後スタイルがつくられていくんだろうと。

あとはまぁそんなもんだよなぁという結果。エスポワールシチーもだが、4歳世代はまだまだ成長するはず。無事にいってほしい。アドマイヤスバルどっかっでこないかなー。
スポンサーサイト

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

ダレカさんはいないが、豪華メンバー 

ども、ごぶさたしてます。一応G1ということで予想というか、書いておきます。

1-1 カフェオリンポス(牡8、勝浦正樹・松山康久)
1-2 カネヒキリ(牡7、C.ルメール・角居勝彦)
2-3 サンライズバッカス(牡7、三浦皇成・音無秀孝)
2-4 トーセンブライト(牡8、田中勝春・加藤征弘)
3-5 バンブーエール(牡6、松岡正海・安達昭夫)
3-6 ナンヨーヒルトップ(牡4、柴田善臣・小笠倫弘)
4-7 ヒシカツリーダー(牡5、木幡初広・小島貞博)
4-8 キクノサリーレ(牡4、後藤浩輝・吉田直弘)
5-9 ヴァーミリアン(牡7、武豊・石坂正)
5-10 ビクトリーテツニー(牡5、横山典弘・森秀行)
6-11 アドマイヤスバル(牡6、川田将雅・中尾秀正)
6-12 エスポワールシチー(牡4、佐藤哲三・安達昭夫)
7-13 オフィサー(牡7、福永祐一・森秀行)
7-14 カジノドライヴ(牡4、安藤勝己・藤沢和雄)
8-15 サクセスブロッケン(牡4、内田博幸・藤原英昭)
8-16 フェラーリピサ(牡5、岩田康誠・白井寿昭)



私はいまいちダートはわからないので、馬券はほとんど買わないのですが、それでもこれはいいメンバーだなぁと。ダイワスカーレットがいないのは残念ですが、それでもいろいろ妄想したくなる。
JCDから3連勝のカネヒキリ、同じく7歳世代の2頭が当然中心となるのですが、今年の4歳も魅力的。世代交代なるかと。

ま、ただ、こんだけメンバーそろうとなかなかまぎれることはないかと。過去をふりかえってみても、7番人気ブルーコンコルド、9番人気ビッググラス、11番人気ユートピアあたりがきてますが、どれも実績はもってました。ビッググラスが少し例外っぽいと思いますが、これも前走重賞勝ちの勢いと、ペースが味方した部分はあったのかなと。
ペースはここ数年は800通過が47秒、1000通過が59秒というところで、おそらく今年もこんなもんだろうと思います。そうなると、前半のペースは1800とは大きく異なるため、その辺の馬はやっぱ無理かなと。
そこでまっさきに消してしまいたいのがカジノドライヴだわさ。前走の勝ちっぷりを見てるといい馬だなと思うのですが、それでもいきなりこのペースに対応できるとは思えないですよね。よっぽどスローになればあるかとは思ってたんですが、このデータ見てるとないなぁと思い消し。

逆に、同じく4歳エスポワールシチーがうまくレースを支配できそうだなと思ったり。前走1800ペースで華麗に逃げきったと思ったとこをやられてるんですが、3走前の府中の錦秋Sでのあざやかな逃げ切りがひっかかります。こーゆーレースができれば上位にくいこめるんじゃないかなと。ゴールドアリュールによく似たゴルア産駒ということでらしい競馬をしてほしいと思いやす。

あとはカネヒキリ、サクセスブロッケン、ヴァ―ミリアン、フェラーリピサあたりが前につけるでしょうし、メンツみてもこのあたりが上位を譲ることはないだろうさ。となるとこのあたりの順位づけをしなくちゃならんのですが、もうこの辺は好みじゃないんかな。ヴァーは調教いまいち、カネヒキリは疲れ気になるし・・・。それでも自在性という部分ではカネヒキリなのかな。

あと、毎年のように1頭は突っ込んでくる人気薄がどれなのかはかなり考えていて楽しいところ。ここからが本題といってもいい笑
やっぱ、誰がどう見てもアドマイヤスバルですわな。とっても東京で活躍してるイメージがありますし、マイルCSでも走りも目に焼き付いております。戦績を見直しても、ここ最近も着差はたいしてありません。どこからでも競馬できますし、ある程度速い流れにも対応可能。ただ、データ的には重賞勝ちがないというのが気になりますが、ここはいっちょ期待。

もう1頭はデータ通りいくとサンライズバッカスになる。実績十分で近走の成績で人気を落としてるタイプはまさにこれ。しかし、平安Sは明らかに展開が向かなかった。昨年の武蔵野S同様巻き返しがあるものと見る。

そうなると、最終的に結論は以下のように。人気2頭ぶったぎったのがどうでるか。

◎エスポワールシチ―
○カネヒキリ
▲サンライズバッカス
△アドマイヤスバル
△サクセスブロッケン
△フェラーリピサ

馬券は上3頭から流すかな。

category: 競馬について

CM: 3 TB: 1   

楽しみなジョーダン 

さて、おひさでございます。まわりのことも一段落して時間があるのと、最近少し競馬をみているので書いてみます。

とりあえず今週の3歳レースを見てると注目馬がいますなぁと。共同通信杯のトーセンジョーダンはもちろん、ショウナンアルディ、エルフィンSではレッドディザイアとまぁ、クラシック主役級がでてきますよと。

トーセンジョーダンはこのメンバーなら普通にいけばなんとかなると思うし、これからのことを考えるとココは強い勝ち方を見せてほしい。が、不安な要素もけっこうあるわけで、ペリエから突然の乗り変わり、初の東京、完成度あたりですかな。父ジャングルポケットは言わずと知れた府中巧者ですから、そこは不安がないとかよくゆわれてるんですが、意外にジャンポケ仔は小回り得意だったりするんですよね。タスカータソルテとかまさにそのタイプじゃないかな。
もうひとつは馬体重なのよねん。デビュー以降馬体重は減り続けて前走ホープフルSではデビューから比べてマイナス22kgと、まーよくとらえると重すぎたところからしぼれてきたと見れるのですが、前走見ると、少しガレてたよねーっと。池江Jr.のコメントでもガレてたから少し間おいたみたいな発言がありましたし。セレクトセール時からかなり迫力のある馬体で成長したらホウオーのようになるんじゃないかと思ってましたが、ちょっとすっきりしてしまって残念。まーパドック注目ですな。

もう1頭はこの前youtubeでチェックしてたときに発見したレッドディザイア。かなり強い勝ち方でした。あのダイナミックなフォームは期待大。マンカフェらしいずぶさが新馬戦では見えてましたが、それでも勝ったところを評価したい。距離が少し心配じゃけど。東京サラもリニューアル初年度ですからいいの出したいだろうしがんがれ。

あと、そろそろ今年も大きいのを当てたい馬券ですが、昨年同様荒れそうな白富士S。昨年同様今年も結構人気は割れそうですし、みんなお年寄り。13頭中11頭が7歳以上というシルバーレース。やっぱ前が有利だと思いますが、早めにいけそうなのはシンゲン、ダブルティンパニー、ピサノパテック、ゴールデンメインあたりかね。目黒記念4着のフォルテベリーニも気になるのぉ。昨年2着を評価してパテック本命だと思うけど、ダブルティンパニーが人気にならないようならばそこからかな。

ふーでかいの当てたい。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。