Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

07リーディング、そしてウォーエンブレム。 

ステルスソニック惨敗。今年も私の予想はひどいですね。センスがないんでしょうなぁ。(ってか、丹下と井崎さまとかぶった時点で馬券は断念したが)

そんなこんなで、これまたおくればせながらですが、07年の種牡馬リーディングを中心に見ていこうと思います。

2007年度 中央競馬リーディングサイヤー(サラ系全馬)

2007年度 中央競馬リーディングサイヤー(サラ系2歳)

2007年度 中央競馬リーディングブルードメアサイヤー(サラ系全馬)

はい。ま、SSがサイアーとブルードメアの2冠。ブルードメアのほうも2位のノーザンテーストを大きく引き離してますし、これから母父SSの時代ってのは当たり前すぎることですね。

そしてサイアーでは5位までにSS、アグネスタキオン、ダンスインザダーク、フジキセキ、の4頭がランクイン。恐ろしい。特にアグネスタキオンはフレッシュマンの年を入れて3年目でしょう。なんてこったい。この勢いですと、来年はふつーにリーディングを取るでしょうなぁ。
初年度の時点では期待されてるけどいまいちなんじゃねえの?クロフネのほうがええやん!!とほざいていた私。しかしこの成績を見せ付けられるとどうしようもない。特に勝ち馬率0.415というのはすばらしい。SSの筆頭後継の座を確実にしたといっていいでしょう。
ダイワスカーレットという超大物を2年目にしてだし、さらにアドマイヤオーラも今年順調に行けばG1戦線でいいとこまでいくでしょう。ま、あとは繁殖の質が落ちてるであろうここから何年かを乗り切れば問題なしですね。

やっぱりエルコンドルパサーを失ったのも大きな損失だったというのが年々見えてくる・・・。勝ち馬率0.398と優秀、アロンダイト、ヴァーミリアン、ソングオブウインド、トウカイトリック、アイルラヴァゲインと芝でもダートでもと多種多彩な才能をみせてくれているだけに非常に惜しい。特にダートでの活躍が目に付きますなー。JCDは2連覇ですか。実に惜しい。

06年の新種牡馬ではタニノギムレットとジャングルポケットが主役だったわけです。どちらも重賞勝ち馬を輩出し、それなりのスタートをきりました。派手さではウオッカのダービー勝ちでギムレットに軍配ですが、ジャングルポケットも後半になって勝ち馬率を上げてきたのか、0.325とエルコンの初年度とほぼ同じ。
対して、タニノギムレットは0.219とかなり低い。もちろん繁殖の差もあると思うが、この数字ではそれほど期待できない。

そして、今日の主役ウォーエンブレムの登場。みなさんご存知とはおもうが、この馬はとってもわがままで、ストイックな性癖を持っておられて、あまり興奮しないんです。そのため初年度は産駒は4頭ぐらいだったはず。そんななかからも、クランエンブレムをだしているように、かなりポテンシャルはでかい。その上今年の3歳はそれなりに種付けできた年なので、見事に爆発。2歳のうちに14頭中7頭が勝ちあがり0.500という数字を残してます。総合では0.611という恐ろしい数字。まともに種付けできたら、この数字はもちろん落ちるでしょうが、十分リーディング争いに加われるわけですけどねえ。

JPN : ウォーエンブレムは今年も受胎ゼロで種牡馬引退か?

かなり前の話ですが、思い出したので張っておきます。

社台ファームの吉田照哉氏は、「今のところ、彼を改善させようという関心はそれほどない。多くのことをやってきたが、もう疲れたよ。今後のプランについては何も考えていません。」と語っており



テルヤ氏にここまでゆわすとは・・・ウォーエンブレム恐るべし。このあとほとんど話題になっていないところを見ると、やっぱもうだめなのかもねぇ。数少ない産駒から後継が現れるのを期待するしかないですな。

んなわけで、うまくいかないもんだなぁといういやーな終わり方になってしまいますが、逃した魚は大きいって考えがちなだけで、アグネスタキオンでいいじゃないか!ってことなのかもしれないけれども、ミスプロ系をエンドスウィープ、エルコンドルパサー、ウォーエンブレムを失ったのは大きな損失だった・・・。
スポンサーサイト

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

謹賀新年 

おくればせながらあけおめです。今年の抱負としてはもうすこしまじめに生きていこうとおもいます。もちろんまじめに競馬もみていきたいです。

ま、そんなわけで2008年一発目としてはこんなもんかという感じで、昨年度のJRA賞を見てみようとおもいます。ってか、こんなに発表はやかったっけ?先週の競馬中継を見ててびっくりしたんじゃが。

JRA賞競走馬部門、記者投票集計結果

【競走馬部門】
年度代表馬 アドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博資厩舎)
最優秀2歳牡馬 ゴスホークケン(牡2、美浦・斎藤誠厩舎)
最優秀2歳牝馬 トールポピー(牝2、栗東・角居勝彦厩舎)
最優秀3歳牡馬 アサクサキングス(牡3、栗東・大久保龍志厩舎)
最優秀3歳牝馬 ダイワスカーレット(牝3、栗東・松田国英厩舎)
最優秀4歳以上牡馬 アドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博資厩舎)
最優秀4歳以上牝馬 コイウタ(牝4、美浦・奥平雅士厩舎)
最優秀父内国産馬 ダイワスカーレット(牝3、栗東・松田国英厩舎)
最優秀短距離馬 ダイワメジャー(牡6、美浦・上原博之厩舎)
最優秀ダートホース ヴァーミリアン(牡5、栗東・石坂正厩舎)
最優秀障害馬 メルシーエイタイム(牡5、栗東・武宏平厩舎)
特別賞 ウオッカ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)、メイショウサムソン(牡4、栗東・高橋成忠厩舎)
※馬齢は昨年のもの



まー見渡してみるとこんなもんかなと思う。まぎれがあってもよかったかなと思うのは、4歳以上牝馬、年度代表馬かなー。
個人的には年度代表馬はダイワスカーレットでいいかなと思っていたが、ドバイデューティフリーが評価されてるのが、自分の中では想定外だった。海外での活躍はやっぱ評価されるのね。牝馬の年といわれてたにしてはいまいちだったのね。ウオッカとセットみたいな部分があっただけにウオッカの後半の失速もひびいたか。あと、マツリダの有馬記念の2着ってのでダイワスカーレットは評価を下げてしまったかなぁ。1着がポップロックとかなら評価は違ってたのかも。

4歳以上牝馬は個人的にはパンドラとサンアディユのどっちかだと思ってた。フサイチパンドラの札幌記念とかはかなり印象に残っているし、サンアディユの強さも本物だった。強い馬というので選ぶならばこのへんだったとおもうが、やっぱG1馬に敬意を表したということだな。

ま、気になるのはこのへんかな。特別賞がしっかり与えられたのは非常によかった。ウオッカにしてもサムソンにしてもファンに与えた印象は年度代表馬に引けを取らないものだったと感じる。
振り返ってみて思うのは、2007年はここ数年では非常に見ごたえのある1年だったということ。サムソンの天皇賞春秋連覇、ムーンのドバイ、ウオッカとダイワスカーレットの桜花賞&チューリップ賞、牝馬のダービー制覇、となかなかたまらないニュースのほかにも、宝塚記念、天皇賞秋、菊花賞など見ごたえのあるレースが多かったですね。
もうひとつ感じるのがアグネスタキオン産駒って父内国産のイメージがわかないということ。俺のタキオン嫌いがそうさせるのだろうが、よっぽどウオッカとかのほうがよかったなーって思ったがあまりに勝手な意見だな(笑

ま、最後に今年の期待馬でも紹介しておこうか。クラシックは牝馬はトールポピー、牡馬はステルスソニックダイシンプランブラックシェルですね。トールポピーはあの体つきで勝ってしまうなら、成長したらほんとに楽しみ。ステルスソニックは半信半疑だが、今週の誌上パドックを見てほれた。

そんなこんなで今年もよろしくおねがいいたします。次は去年のリーディングでも見てみようかと思います。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。