Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

超適当に予想 

ま、またおひさです。この前の爆あたりからまったく予想がかすりもせず、馬券を買う時点で当たる気がしないんですが・・・。

今日は結構自信があるのですが、都合で買えない・・・というか、パットに金入れ忘れた。

というわけで、久しぶりにブログで予想だけという形にします。こーゆーときはやたらあたるんですよね。

※( )内は性齢、騎手・調教師
1-1 コイウタ(牝4、吉田隼人・奥平雅士)
1-2 エイシンドーバー(牡5、C.ルメール・小崎憲)
2-3 キングストレイル(牡5、岩田康誠・藤沢和雄)
2-4 マイネルシーガル(牡3、後藤浩輝・国枝栄)
3-5 ローエングリン(牡8、武幸四郎・伊藤正徳)
3-6 フサイチリシャール(牡4、O.ペリエ・松田国英)
4-7 スーパーホーネット(牡4、藤岡佑介・矢作芳人)
4-8 ダイワメジャー(牡6、安藤勝己・上原博之)
5-9 カンパニー(牡6、福永祐一・音無秀孝)
5-10 トウショウカレッジ(牡5、池添謙一・池添兼雄)
6-11 スズカフェニックス(牡5、武豊・橋田満)
6-12 アグネスアーク(牡4、藤田伸二・河内洋)
7-13 ローレルゲレイロ(牡3、和田竜二・昆貢)
7-14 ピンクカメオ(牝3、四位洋文・国枝栄)
7-15 ジョリーダンス(牝6、川田将雅・堀宣行)
8-16 ピカレスクコート(牡5、秋山真一郎・池江泰寿)
8-17 ベクラックス(セン5、R.ムーア・N.ドライスデール)
8-18 サンバレンティン(牡6、角田晃一・佐々木晶三)



まずダイワメジャーなんだが、1番人気となると配当的に評価を下げるしかないですな。実際前走は手ごたえなかったし、昨年の出来とはかなりちがいます。パドックを見ていても、やわらかさはあるのですが、力強さを感じ取れない。

となると、スズカフェニックス、アグネスアーク、カンパニーあたりが本命候補になるのですが、一番信用できるのはアグネスアークかな。ここで3番人気というのはまだ、世間的には半信半疑ということですから、狙える最後のチャンスかも。体は前走よりよくなってますし、マイルをこなせるなら文句なし。ただ、個人的にはジャパンカップとかのほうが自信を持って買えたなぁ。

そして、スズカフェニックス。脚質的に、これまでのレース振りからこの舞台はべすとじゃないか?とまで思う。ま、負けるときはあっさり負けそう。

カンパニーも強いと思うが、この馬の場合、左回りがすごくいいんだとおもう。長くいい足をつかうけど、まくっていくには展開が向かないとなー。

あとは、パドックのよしあしも含めての判断となるが、エイシンドーバー、キングストレイル、マイネルシーガル、ダイワメジャー、ジョリーダンスあたりを手広く押さえたいと思う。
特に、エイシンドーバーとジョリーダンスはかなり怖い。

◎アグネスアーク
○スズカフェニックス
▲カンパニー
△エイシンドーバー
△ジョリーダンス
×ダイワメジャー
×キングストレイル
×マイネルシーガル

印おおいな・・・。
スポンサーサイト

category: 馬券予想

CM: 0 TB: 0   

天皇賞回顧 

ものすごーく久しぶりです。ほんまに適当ですんません。なんか最近あんまり書く意欲が出てこなくてすんません。

さてと、ま、BCも終わり、今年はほとんど海外を見てこなかったってのも更新意欲がわいてこなかったゆえんかも。

ただ、天皇賞おもいっきり本線で的中させて、かなり気分よかったので、今週は自慢を書こうと思ってたのですが、なんかいっかいはなれてしまうとおっくうになりますね(笑
もうすこしちゃんと続けていこうと思います。

ってなわけで、最近のことをいろいろ書こうと思いますが、まず、天皇賞秋の回顧から。

1 メイショウサムソン 1:58.4
2 アグネスアーク 2.1/2
3 カンパニー クビ
4 ポップロック 1.1/4
5 コスモバルク クビ
6 アドマイヤムーン クビ
7 シルクネクサス ハナ
8 チョウサン クビ+クビ
9 ダイワメジャー クビ
10 ブライトトゥモロー 1/2
11 ローゼンクロイツ 3/4
12 デルタブルース 1.1/4
13 シャドウゲイト 2.1/2
14 エイシンデピュティ 8位降着
15 マツリダゴッホ ハナ
16 ボンネビルレコード 大差



いろいろあったレースですが、まず結果だけ振り返ると、まぁやっぱり、チャンピオンディスタンスでの適性がもとめられたかなって気はする。宝塚記念後にも書いたが、ポップロックとかムーンはここはあわなかったと解釈していいと思う。しかし、ポップロックは4着に来てしまったのでなんともいえないが(笑

メイショウサムソンが思いのほか強い競馬だったのは誰もが認めるところであろう。私も最終的に消去法で勝つならこの馬かな?程度の予想だったわけで、直線であんなあっさり抜け出すとは思わなかった。ま、豊がうまくのった、はまったってのが大きいとはいえ、直線での脚色はどのうまよりもよかった。

2着に届いたアグネスアークはやはり強い馬と感じさせられた。ヨイチサウスを差しきったときから、ずっと注目していたが、ここまでに力があるとは思わなかった。あとで触れるが、一番不利を受けたのはこの馬ではないかと思いますが。
この馬は、春先よりもだいぶよくなっているが、パドックを見るとまだまだ成長しそう。これからさらにつくべきところに肉がついてよくなっていくだろう。

3着カンパニーは、私のイメージとは違う競馬だったが、結果としてはある程度前につけたあの作戦はよかったのかもしれない。この馬もこれまであまり評価されてこなかったし、個人的にもたいしたことないと思ってたが、関屋記念で1円も買ってなかったのに、あんな強い勝ち方されるといやでも気になってしまうし、この府中2000の舞台の適性はやはり高かったのだろう。

あとは、ポップロックは正直4着には驚いた。イメージ的にグダグダな2200とか2500の馬だと思ってるから、ここでこんだけのパフォーマンスをされると有馬記念はおそろしい。

ムーンは勝負服に慣れてないから、あんまりレース振りをはっきり見てなかったのだが、見直してみるとそれなりの競馬はしている。が、やっぱ前の3頭にとどきそうにはなかったなぁ。これは出来もいまいちだったんじゃねえかと。パドックですごいやわらかい動きを見せてたが、これがムーン!?って思うくらいに体が薄かった。

個人的に2番手評価だったダイワメジャーは惨敗。理由はわからんが、4コーナー手前ですでに手ごたえなかったからどうしようもないわな。ピークを過ぎたとみる人も多いみたいですが、あんまり軽視しないほうが・・・。

コスモバルクもらしい競馬だったし、やっぱこの舞台は一番あってると思うだけに、けちがついてしまったのはもったいないと思う。もちろん、五十嵐騎手の騎乗についてのことだが、ま、遅すぎるが俺の意見も書いとこうとおもう。の前に、これにたいするいろんな意見を紹介しとくか。ま、実際すでにふむふむって思うのがいっぱいあるわけですから。

メイショウサムソンが天皇賞春秋連覇 : netkeiba.com(昨日の風はどんなのだっけ?)

天皇賞・秋(に絡んだ報道などに対する)、雑感。
茶番も出花。(傍観罪で終身刑)

【五十嵐冬樹騎手を巡って①】降着なき騎乗停止処分【五十嵐冬樹騎手を巡って②】コスモバルク力走の影に
【五十嵐冬樹騎手を巡って③】武豊騎手の”リスク回避”(競馬サロン ◇ ケイバ茶論)

これは、へーって感じ。そんなに五十嵐騎手って問題児なんですか。こりゃー知らんかった。これ読んでかなり俺の意見は変わった(笑

寸鉄人を刺す 「福島に行け」福永発言について追記
天皇賞秋回顧 己との闘いに克ったサムソン陣営(馬券日記 オケラセラ)

まあ、よくわかる。

はい、そんなこんなでまとまった俺の意見をいくつか。

まず、騎手数名があの不利がなかったら・・・的な発言をかなり今回は豪快にぶちかましておりました。岩田もアンかつもユーイチもぶーたれてましたが、その点に関してはかなり疑問。ムーンもダメジャーも手ごたえはそれほどよくなかったですし、ムーンなんかはそこまでか?っておもいます。なにより、最後残り100であんま迫ってきてませんし、アグネスアークに離されてるように見えましたが。

で、一番いいたいのは、アグネスアークがもっとも不利をうけてるだろーってこと。わたしはほとんどそういうのを考えたことがないし、研究したことがないのでどういうのがいちばんレースに響く不利かはわかりませんが、馬群を割ろうとしたとこでおもいっきりはさまれてます、両脇から押さえつけられてます。こりゃきついでしょ。それで2着まで来た馬に対してのユーイチの発言はあれかな?と思いますが、まあレース直後ですから、ふつうっちゃ普通。

ってなわけで、あんまあの不利が言い訳にはならんのじゃね?ってのがひとつ。

で、福永発言ですが、私は最初は上の理由から、何調子乗ってんだ?って批判的でしたが、いろいろ見ていて、五十嵐が危険だ。って意味の発言なんだなってことがわかって納得。しかし、その考え方にたってみても、福島にでも行ってろは余計かな。ま、あつくなってしまったんだろうが、危険だから乗せんなってことなら福島でも乗ったらだめでしょ?って思う。

今回の一連のごちゃつきの原因はまちがいなく、五十嵐ひとりのもので、エイシンデピュティはかわいそうだったわけだ。そして、今回はじめて知ったが、もともと騎乗技術もないが、それ以前にかなりやヴぁいやつらしいという事実。それをふまえると、多くの関係者があつくなるのは当然だとおもった。

そして、今後バルクには誰が乗るのか?なぜずっと五十嵐なの?ってあたりをみんなが岡田総帥に聞きたいはずなのに、まったくでてこない総帥。ドリームのほうが忙しいのだろうか。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。