Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

こんどこそコスモシンドラーじゃ・・・ 

ども。今日は7Rから参戦したが、万馬券なんどもかすったが、ひとつもとれず。メインと最終は1番人気をぶったぎって、2着、3着、4着があるものの・・・って感じだった。

はぁ・・・ま、そんなに感覚はずれてないということでがんばる。

明日は2つ重賞がありますが、まともにあたりそうなのは函館スプリントのほうですかね。

過去の函館スプリント

ここ最近の函館の結果を見てみると、欧州っぽい血がやっぱり多い。ノーザンテーストも結構来てる。やっぱ切れ味勝負ってかんじではなく、パワー勝負なんでしょうね。

血統的には、

タマモホットプレイ、アンバージャック、リキアイタイカン、ワイルドシャウト、アドマイヤホクト、コスモシンドラー、タニノマティーニ

あたりか。ま、ここまで書いてしまえば、もう本命はおわかりでしょう。俺が今年やまほど金をつぎ込んで、1銭も回収できていないコスモシンドラーです。

はっきり言ってもろ鞍上強化ですし、もう絡むとしたらここしかないでしょう。ま、ただ、ここで暴走したからこれまで当たらなかったわけで、少し冷静になって見ます。

ってなわけで、ここ数年のラップを見てみると、

06年
12.2-10.7-11.2-11.6-11.8-11.6
34.1-35.0

05年
12.2-10.4-11-11.5-11.6-12.3
33.6-35.4

04年
11.8-10.6-11.3-11.8-11.5-12.4
33.7-35.7

03年
11.8-10.5-11.2-11.6-11.7-12.5
33.5-35.8

02年
12-10.4-11.1-12-12.3-12.5
33.5-36.8

ってな感じです。こーやってみるとすぐにわかるように昨年のラップはかなり特殊ですよね。明らかにペースとろかったんでしょうね。そして切れ味勝負となった。だから、シーイズトウショウでも負けてしまったと。これはかなり納得、ビーナスラインってどーもイメージと違うんですよね。ただ、キーンランドCで3着ってのをどーみるかなんですがな・・・。

去年とよく似たラップは2000年かなとおもう。

12.2-10.6-11.1-11.4-11.8-11.6

かなり似てる。この年は完全に前残りだったわけだが・・・。しかし、次の年例年のラップでダーリングとタイキトレジャーが絡んでるわけです。

こーゆうラストがかかるラップになると仮定したとき、まず、ブラックバースピンがいらないですね。血統もアメリカだし、これまでもちんたら上がり勝負って匂いがぷんぷんする。

アグネスラズベリも正直微妙。去年のCBC賞がよく似たラップなんですが、ここで1番人気で惨敗。

ビーナスラインは高松宮記念での4着は評価したいが、レースタイプは似てないね。

逆によさげなのは福島民報杯で好走している馬とか。アンバージャックとかはこのあたりがベストなんじゃねーかと思うし、パラダイスクリーク産駒は今日も絡んでた。あと、ツルガオカハヤテやブルーショットガンも捨てられない。

あと、ファルコンSでタフなところを見せているアドマイヤホクトもいい。ただ、喉なりが怖い。

ワイルドシャウトはどこまで仕上がってるかが問題なのでしょうけど、力はかなりあるし、このレースへの適正も高いでしょう。積極的に狙いたい馬です。

このあたりかな。ペースがあまり速くなりそうにないのが一番怖いのだが、例年通りと考えて、印を付けると

◎コスモシンドラー
○アンバージャック
▲アドマイヤホクト
△ビーナスライン
△ワイルドシャウト
×ブルーショットガン

かな、正直コスモシンドラーは意地みたいなところはある。
馬券は◎から手広く馬連、3連複買って、◎○からは3連単マルチで。
スポンサーサイト

category: 馬券予想

CM: 0 TB: 0   

セレクトセール当歳を 

ども、昨日はイヤリングの社台系を見たので今日は当歳のほうを見ていく。正直こっちはかなりいいメンバーなんじゃないかね。というか、去年あたりよりは個人的には凄くいい馬がおおかったようにおもえた。

先に言っておくが、私のちょーお気に入りはバースデイローズの07です。

上場番号:296 レディアップステージの2007

お尻がぷりっとしてて蹴りが強そうなよい馬。ただ、繋ぎが立ち気味なのと肩の肉のつき方が不安。ただ、バランスはよく見えたので。
血統面はかなりよい。母は欧州でG1連対してたりするし。

上場番号:203 メローフルーツの2007

父ファルヴラブは初年度を見てみないと分からないが、この馬の筋肉は柔らかそうで好感触。しかし、この時期にこんだけ肉がついてるとあんまよくないんじゃというのもわかる。ただ、少し気になったので。

■上場番号:236 バースデイローズの2007

20070627135656.jpg


ネオユニヴァースの2年目かな。昨年のセレクトでもかなりいい馬が多かったし、高値で取引されてましたね。最初に言ったように俺が今回一番気に入った馬です。
馬体は見てもらえば分かるように凄く品がある好馬体ですな。無駄な肉がついておらず、ガチガチでもなく、見るからにやわらかいSSっぽい動きをしそうです。トモの感じもよく、後脚の力もつよそうです。また、後ろ足の引き方も父にそっくりですね。ほかの部分も狂いはなさそうですし、こりゃあ最高です。
血統面ですが、こちらも凄い。祖母はあのエリザベスローズ。SSとの間に重賞勝ち馬を3頭だしてます。そこにトニービンが入ったことでどうなるかって感じですが、母父トニービンらしくうまくネオのよさが引き出されたんじゃないかと思います。
こりゃさいこうだ。

上場番号:257 タンザナイトの2007

ギムレットも安定していい子を出してる感じ。イヤリングでも紹介しなかったが何頭かいい馬がいた。この馬は馬体はそんなにいいと思わなかったが、血統に引かれた。タンザナイトは暮れの新馬戦を快勝して注目を集めたが、その後いまいちだった。で、弟がアロンダイトなんですよな。ま、そんなわけでいちおう。

上場番号:421 ビージョイフルアンドリジョイスの2007

20070627141523.jpg


キングマンボ産駒です。となると思い出すのはカメハメハなんですが、この馬キンカメに似てる・・・って思った。骨太のしっかりした骨格でそんなに無駄肉はついていないが、お尻はぷりっとしてます。ベストはマイルかもしれないがもしかしたら化けるかも。
母系はそこまで優秀ではないが、かなり異系だからおもしろいかも。母父ダイナフォーマーは最近日本でも結果を出してるし、芝への適正も期待。こーゆー鍛えて強くなりそうな馬は松国がいいのだが。

■上場番号:288 マイケイティーズの2007

ま、いい馬ですね。クロフネのガチガチパターンではなく、ゆったりやわらかめに出たいい馬です。イメージとしてはリシャールに近く、リシャールより距離は持ちそう。ただ、繋ぎが固そうですね。

■上場番号:486 アドマイヤテレサの2007

20070627142510.jpg


この馬もかなり好き。ま、もともと母アドマイヤテレサのファンだったてのもあるんですが、子供の出来はかなりよい。フジキセキは結構固い馬が多いんですが、この馬はSSっぽさがよく出ていて非常に軽くてやわらかそう。骨格のバランスも文句なし。こりゃよい。
母はエリシオ産駒にしては本当によく走った馬、ポップロックの次に活躍したんじゃねえかと思うぐらい。正直母がどんな体つきだったか覚えてないが、この仔はフジキセキがうまくでたとおもっていいのかな。ま、なにはともあれ期待。

ってなわけで軽く見てみた。ま、バースデイローズはほんまにいい馬だと思う。が、他にも良血いっぱいいましたし、今年はかなり白熱しそう。ただ、キンカメの仔でこれという馬がいなかったのは残念。なんでだろうか。

category: 2007セレクトセール

CM: 0 TB: 0   

セレクトセールが近づいてきた 

宝塚記念もおわり、もうすっかり夏ですね。宝塚はもともと相性のいいレースですし、けっこう簡単にとれました。そのわりに配当がいまいちでしたが・・・。アドマイヤフジが3着だったら爆発していたのだが。

そんなわけで、セレクトセールが近いですね。今年はサイトで血統だけでなく写真も見れるようになってます。ってなわけでそっから写真をひっぱりつつ気になる馬を見ようと。

まず、1歳、イヤリングからですね。

上場番号:33 レセヴィブレの2006

20070626230052.jpg



この馬が今回見てて一番といっていいくらいインパクトがあった。そんなに高くならないかもしれないが、筋肉の感じ、柔らかい動きをしそうだし、骨格もよい。ひとつは後ろ足のほうの力がなく見えるところ。まぁそのあたりは改善されるだろ。爪も問題ないが、少し繋ぎが立ってるかな、となるとダートよりだとおもうが。
血統的にも母系はアンバーシャダイとかバクシンオーをだしてるように十分一発の可能性もある。

上場番号:49 マストシーストップの2006

社台でけっこういるトワイニング産駒。なかなかいい出来の馬が多い。この馬はタヤスツヨシの甥かな。兄のエンドスウィープ産駒が2勝してるように血統的にも相性はよさげ。体のバランスもいいし、距離はあんまりもちそうにないけど期待。

上場番号:3 ピンクリップスの2006

タキオンの栗毛ってだけで敬遠したくなるが、この馬はそんなに固そうじゃないし、筋肉がちがちって感じではない。母系はベッラレイアを出しているし、活力はある。母父エンドスウィープ×父タキオンってことで活躍してるSS×エンドの逆バージョンってことでも期待。

上場番号:43 エヴリウィスパーの2006

20070626230214.jpg



この馬がこのイヤリングでは一番いいのではないか。肩の筋肉のボリューム、おしりの筋肉もこれからすごくなっていきそう。骨格もいいし、立ち姿もバッチシ決めてるから気性もいいんじゃなかろうか。
血統も個人的にずっと注目してるんだが、これから強くなりそうなダークメッセージが兄にいたりとかなり期待できる。

上場番号:117 マイケイティーズの2006

アドマイヤムーンの弟。兄とは全然似てないが、父フレンチとよくにてる。ど迫力の馬体だが、こっからどう変わるかが問題かな。ま、高くなりそう。

あと何頭か高くなりそうな馬はいるが、個人的に気になったのはこのあたり。エアグルーヴはもちろん高くなるだろうが、エヴリウィスパーも注目だと思う。

category: 2007セレクトセール

CM: 0 TB: 0   

2008POGの開幕 

ども、更新遅くなってしまい申し訳ない。最近かなり忙しい、そしてだるい。

いうまでもなく、春のG1は皐月賞よりあとは全滅。今週は狙っていたスイープが回避とかなり厳しい。

そんなわけでPOGのメンバー用に登録したサイトを出しときます。

megahorse(POG集計)

ドラフトは先週の水曜日に行われましたので。ドラフトのやつはいらねーかな。あとで、個人的な指名馬の解説をしときます。今年は誰とも1頭もかぶらず最高のドラフトだったと思います。こりゃ、今年は圧勝だな。

category: POG2007-2008

CM: 0 TB: 0   

セレクトセール出身の馬を 

えとだな、POGについてそろそろまとめていこうと思います。

で、どうしても勝ちに行くには無視できないセレクトセール。昨年までと違うのはイヤリングでの取引の馬がいるってことですわな。このイヤリングにあたりがいるのか?と言われると、俺はあたりがあると思う。なんていうか、セレクトセールの最終目標ってのがイヤリングへの移行なわけですから、ここにいい馬を集めてる可能性はあるんじゃなかろうか。

とりあえずセレクトセール2005の取引馬を見ていこう。

セレクトセール2005 セール結果 [ 価格順全取引結果 ]

アドマイヤテンカ(父アグネスタキオン 母ビワハイジ)

これは当時からいい馬だった。当時タキオンの仔を見たとき、初年度とはだいぶ違う感じでいい馬が多いと感じたが、たしかに今年の2歳はよく見える。
現時点の写真でも体はまだかなり余裕がある状況。だが、骨格もしっかりしていてバランスよく、個人的には昨年のオーラよりもよく見える。

トーセンスターン(父Empire Maker 母ミズストライクゾーン)

血統がよいってのが一番なのだが、馬体も品があってよろしいですよね。気になるのは繋ぎが立ち気味なところかな。ソレを見て少しがっかりです、もともとダートっぽいし、エンパイアメーカーもそーいやアンブライドルドの血統だったりで気まぐれな気がしてきた。

ピイラニハイウェイ(父Silver Deputy 母トロピカルブロッサム)

馬の形はあまり好きじゃない。全体的にパワーを感じないんですよね。スローペースの上がり勝負とかかな。

落札額上位の2頭はおそらくどっちも藤沢だったはず。マストビーラブドのほうは脚がよくなさそう。ローザロバータのほうはフライングアップルに上体はよく似ているが、爪、繋ぎがすこし固そうで気になる。

他で気になるのはエヴリウィスパーの05やヒットザスポットの05あたりが気になるが今年はあんまりいい馬がいない気がする。

で、ここで力尽きたのでイヤリングはまたあとで。

category: POG2007-2008

CM: 0 TB: 0   

ジャングルポケットの種牡馬成績 

ってなわけで、予告どおりジャンポケについて。一回弥生賞前にジャンポケについては書いているはず。

ジャングルポケット産駒はどーなのよ。

と書いたが、現時点での勝ち馬率は.302とだいぶあがってきた。タニノギムレットが.219で、マンハッタンカフェが.346となっているから、悪いわけでもなく、リーディング上位と比べても悪くない数字である。こー調べてみるとマンカフェがSS系の初年度にしては結果を残していると思う。今年の2歳でおおばけもあるのではないか。

初年度出走頭数43頭から3頭の重賞勝ちを出したところを見ても、一発の可能性は高いし、勝ち馬率もなかなかとくれば、これはかなりいい種牡馬と判断していいんじゃなかろうか。

父トニービンはここまでいまいちサイアーラインをつなげるチャンスがなかったが、この馬が大きな仕事をするのかも。なんてったって、母父トニービンで走ってる産駒も多いように、影響力は大きいと思う。

あと、ダートもそれなりにこなしている産駒が多いのも魅力。芝でいきづまったときの逃げ道にもなるし。

2005年度産のラインナップを見てみても分かるように、明らかに昨年よりも強力な布陣。母はローザネイ、レディブロンド、ツィンクルブライド、ファビラスラフィン、アドマイヤサンデー、ラスリングカプス、マンファスなどなど。ただ、けっこうクラブに所属してて、有力個人馬主がつっこんでないのが気になりますな。

最後に血統的な部分を触れておくと、ジャングルポケット自体が、トニービン×Nureyevということで欧州重厚ですわな。そーかんがえると、SSや北米のわけわからん血、ミスプロあたりが母にあったほうがいいのかな、とおもう。実際結果残してる馬はそんな感じだし。そーなるとマンファスとかどーなの?って思う。

category: POG2007-2008

CM: 1 TB: 0   

仲間内のPOGルール(個人的なものです) 

一応ルールです。

1、07年度新馬戦スタートから08年度日本ダービーまでの期間の総賞金で競う。

2、地方競馬、海外競馬に出走した場合、賞金がはっきりと分かる場合に限り、その賞金も加える。

3、05年産で中央競馬の厩舎に所属する馬

4、指名馬の縛りは以下のとおり

基本的にポイント制という形になります。
各人の所持ポイントを100pとして、指名馬のポイント総計が100p以内におさまるように指名してください。しかし、100p以内であっても所有できる最大頭数は12頭とする。

「種牡馬P+母馬P+基礎P=指名馬のポイント」

上記のように指名馬のポイントを出します。

・基礎ポイント

牡馬5P、牝馬3Pとする。

・種牡馬ポイント

適当やからあんまり気にしないでくれ。

3P:アグネスタキオン、ダンスインザダーク、ブライアンズタイム、シンボリクリスエス、ジャングルポケット
2P:フレンチデピュティ、クロフネ、アドマイヤベガ、スペシャルウィーク、フジキセキ、マンハッタンカフェ、タニノギムレット

・母馬ポイント

2P:G1勝ち(日本のみ)
1P:重賞勝ち(日本のみ)

ってなわけで

例)
・エアグルーヴの04
種牡馬3P+母馬2P+基礎5P=10Pとなります。

・シアトルサンセットの04
種牡馬0P+母馬0P+基礎5P=5Pとなります。

と、基本的になっています。そしてドラフトは普通にドラフトをして、同じ順でもし2人の指名馬がかぶった場合は、2人がここまでなら出せるというポイントを同時に指定して、高いポイントを出したほうが所有権を得る。3人かぶっても同じです。

ルールは去年とほとんど同じだ。今週の金曜にドラフトやるつもりです。ま、がんがれ。

category: POG2007-2008

CM: 2 TB: 0   

近況写真を見て 

E382B5E38396E382B3E383B3E382B7E383A3E382B9080705.jpg


とまあ、私がある程度想像していたとおりの成長を遂げている。馬体重が増えているように、付くべきところにいい筋肉がついてきている。

物足りないのはトモのあたりの肉付きだろうか。全体的にさらにボリュームアップできれば文句なし。

ま、正直すこし足踏みしてたのだが、やっぱ出資ですな。ただ、なんでこんなに残口があるのかが分からん。厩舎もそんなに悪くないと思うし、仕上げも非常に順調なのではないかな・・・。

ってなわけで、今度は最後の詰めとして、厩舎と血統を一通り自己満足程度に評価しておく。

category: キャロットライフへ向けて

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。