Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

Barbaroが安楽死 

悲しいニュースが・・・。なんていうか去年の夏ぐらいはもう大丈夫なのかと安心していたのだが、楽天的すぎたか。

ケンタッキーダービー馬バーバロが安楽死

米競馬:昨年のダービー馬、バーバロ安楽死 脚骨折で

NEO Sense of Horse Life

なんかはじめて見たブログだけど。

Richardson: Barbaro's Life Ended Peacefully

Kentucky Derby winner Barbaro euthanized

一応張っておく。が、眠すぎてまだよく読んでません。またあとで書きますが、かなりむなしいニュースです。
スポンサーサイト

category: 北米競馬

CM: 2 TB: 1   

これほど当たる気しかしないのは久しぶり(笑 

さーて今年に入って回収率が・・・考えたくないけど10パーセントを切ってる荒川です。これはある意味驚異的な数字です。

しかし、明日にはきっとこの数字が100倍に、つまり1000パーセントになってるはずであります。こーゆー妄想を抱き続ける元気がある限り、私は馬券を買い続けれるわけです。

ってなわけで、ひさしぶりに本気で予想します。

さーて、明日は京都牝馬Sが楽しみですね。今週のアタマの月曜日に競馬ブックの誌上パドックを見た時点で本命は決まっていました。

ディアデラノビア@誌上パドック

これまでは腹のところが巻き上がっていたり、線の細さを見せていた馬が、完全に変わりましたね。立ち姿もばっちり決まってますし、これなら気分よく走れるんじゃないでしょうか?完全に本格化したといえるでしょう。これならどんな相手でも勝ち負けでしょうし、こんな相手なら軽く蹴散らすでしょう。

ってなわけで、ディアデラノビアが本命。

で、過去のデータを見ていると、かなり傾向があるようです。

基本的に京都適正がないといけない。

どちらかというと、1600mより長い距離で成績優秀よりも、1600mより短い距離で結果を残してる馬がいい。

とにかくSSの血が強い。欧州っぽい血はマイナス

となってくると・・・内から順に、ワディラムライラプスマルターズヒートアグネスラズベリウイングレットマイネサマンサ、あたりになってくるでしょうね。このへんを押えておけばいいんじゃなかろうか。

あとはキープクワイエットとアクロスザへイブンが大穴ですかね。コイウタの取捨が難しいですね。この馬はたぶん1400ぐらいがベストだと思うのですが、あんま切れ味勝負ってイメージがないですからね。

で、っこから展開を考えると、普通に前に行きたい馬は、マイネサマンサ、ウイングレット、マルターズヒートあたりだと思うのですが、この辺がそんなにやり合うとは思えないので、そんなに早くはならないでしょう。そーなると切れ味勝負ですからSSの血が騒ぎますね。

そなると、溜めて切れるであろう、アグネスラズベリ、ディアデラノビア、で、ここはきついかもしれないがワディラムあたりまであるかもしれません。

イメージとしては前で1頭残って後ろから2頭くるイメージで3連単でいきましょう。

◎ディアデラノビア
○アグネスラズベリ
▲マイネサマンサ
△ウイングレット
△ワディラム
×マルターズヒート
注ライラプス

ってところか。

3連単フォーメーションで

◎ディアデラ1着固定で、ラズべり、ワディラム→サマンサ、ウイングレット、マルターズヒート、ライラプスとその裏返しで勝負。当たる気しかしない。

category: 馬券予想

CM: 0 TB: 0   

「イグJRA賞2006」 

こりゃあさいこーに面白い企画ですね。

・イグJRA賞2006!

うむ。私もぜひ参加させてもらおうと思ってるわけですが、いまいちどーつっかかっていいのかまだ考え中。

・イグイグJRA騎手賞!男☆藤田!

というわけで、主催者のキルトクールさんが書いてるのを拝見すると・・・爆笑!!!なるほど。こーゆーことをすればいいのか。

ただ、いまいちこれというネタが思いつかないのです・・・。多田氏の無駄使いとか、セール中心のものにしようかと考えてはいるのですが。

で、こんなのやってくれぇーってのがあったら、ぜひリクエストしてください。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

まじかよ!! 

イプラトロピウムについての専門的な話が展開されています。

イプラトロピウムについての質問に答えます(DREAM SCHENE)

一通り読んだけど基本的知識がない俺にはいまいちよくわからないというのが本音。ただ、そう簡単に断言できる代物ではないkとはよくわかる。

で、もっと驚いたのがこっち。

そういや忘れかけてたが

イプラトロピウム臭化物は動物用医薬品としての承認を持っていないので、薬事法上、日本においては動物に対して使用することができません。



え、そんなの禁止薬物にするとかいう以前の問題だと思うのですが・・・。なんかこーなってくるとこのニュースの出先自体がおかしい気がしてくるんですけど・・・。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

Galileoの仔に期待できそうだ。 

去年まったくと言っていいほど、欧州の2歳戦を見ていなかったので、今年のクラシックを見るためにも振り返っておこうと思う。

ってなわけだが、そのためには最近の欧州の種牡馬成績も振り返っておいたほうがいいと思うので、そのあたりを見てみましょう。

ま、とりあえずベタに欧州のリーディングサイアーから。

Stallion Winners-Runners % Wins-Runs 2nd 3rd 4th Win Prize Total Prize

Danehill 53-140 38 74-554 80 55 64 2,431,810 3,453,123
Danehill Dancer 56-160 35 75-690 70 73 74 1,743,321 2,422,206
Sadler´s Wells 45-147 31 53-450 43 45 43 1,363,810 2,140,815
Galileo 36-86 42 58-320 32 34 34 1,247,154 1,740,174
Montjeu 31-87 36 47-344 37 35 35 1,241,440 1,571,562
Mark Of Esteem 23-108 21 28-367 30 30 32 1,291,364 1,490,265
Cape Cross 34-115 30 50-470 47 52 49 794,645 1,444,247
Pivotal 50-118 42 80-485 58 54 49 894,921 1,420,208
Indian Ridge 32-76 42 58-387 37 36 44 972,197 1,247,251
Selkirk 38-92 41 58-365 38 34 30 793,221 1,134,357



で、下は2006年2歳戦のリーディングです。

Stallion Winners-Runners % Wins-Runs 2nd 3rd 4th Win Prize Total Prize

Danehill Dancer 22-68 32 30-223 33 30 26 983,558 1,307,369
Danehill 16-44 36 23-128 19 14 12 568,595 781,680
Invincible Spirit 28-59 47 50-300 38 33 34 451,092 641,950
Barathea 10-39 26 13-120 11 11 9 445,669 545,051
Pivotal 12-32 38 23-89 10 16 9 277,084 405,022
Galileo 6-26 23 11-62 4 5 4 384,043 398,844
Elnadim 10-21 48 16-88 16 10 9 255,490 392,807
Rock Of Gibraltar 16-47 34 19-144 19 21 16 177,604 374,497
Danetime 16-50 32 24-210 24 17 23 215,631 365,145
Noverre 21-43 49 28-173 27 23 16 244,611 354,141



とまあ、こんな感じでした。平地のリーディングではやっぱ欧州ってかんじなんですけど、Sadler´s Wellsの勢いが失われてきてる気はしますね。トップクラスの成績をおさめたのはAlexandrova、Dragon Dancerあたりだけですよね。で、26歳になって、ブルードメアサイアーにも輝いているわけですから、もーそろそろお年ですね。

とはいえ、息子のGalileoMontjeuがきっちり上位に入ってきているわけで、ま、しっかりこの血は残っていくでしょうね。

私の好きなGalileoもなんやかんやで、Red RocksやSixties Iconを出すなど上々のスタートを切ったのではないでしょうか?特にRed Rocksはまだ底を見せていないのでは?と思うので今年も現役なら楽しみだと思うのですが。

ま、今年はGalileo仔で注目と言えば、Teofiloですね。相当評価も高いみたいですし、距離も持つでしょうからかなり楽しみ。

で、Danehillの勢いはすごいですね。Dylan Thomas、George Washingtonが昨年のミドルのチャンピオンでしたね。Holy Roman Emperorは凱旋門のときに生で見る機会があり、まーいい馬でした。こりゃあ来年が楽しみだと思いました。

こちらも子供のDanehill Dancerががんばってます。正直この馬のことはあんまり知らなかったのでセールとかでもスルーしてたんですけど、昨年の成績はかなり凄いです。リーディング2位で、2歳リーディング首位ですね。ただ、距離はやっぱ短いほうがいいようなのでそのあたりさえ目をつぶれば日本でもいい馬がでてくるかもしれません。

2歳のほうはRock Of Gibraltarがいまいちだったのーと。かなり期待していたのですがねー。なんで無理なのかと考えるのは馬鹿だと思うのですが、ひとつ考えるとすれば、この血統にさらにノーザンダンサーの血を多く持つ母、というかサドラーとか重いのはよくないのかもしれませんね。走りはスピード満点なんですけどね。
となると、日本に来て、SSの血をもつ馬との交配と言うのはかなり面白いかもしれない。

ま、こー考えると、やっぱサドラーとデインヒルの血が多すぎるってのは思うし、そこで記録を塗り替えたInvincible Spiritが出てきたってのはそーゆう意味でも興味深く、大爆発するかもしれないと思う。が、たぶんそんなに凄くないんじゃなかろうか。

ってなわけで、Galileo、Montjeu、Danehill、Danehill Dancerあたりに注目か。なんかありきたりすぎて面白くないけど。ま、DALAKHANIの子供が出てきたら全部一蹴してくれるだろうよ。

あ、あと別館のほうでTeofiloの映像でも紹介しておきます。

category: 欧州競馬

CM: 0 TB: 0   

地上波の競馬番組について 

ま、前々から思っていたことなんですが、関西に居るうちはそんなに感じることはなかったんですが。ってのも、たぶんグリーンチャンネルがあったからですが、東京に来てみると・・・こっちの競馬番組はもっとひどく、なんていうかうんざりしていた。(フジ中心に話を進めますね)

ってのも、りあるの競馬日記さまのこーゆーエントリーを読んだからでして。

雑記

ドリーム競馬に少々

なんていうか、素晴らしい文章だと思う。理路整然としててしっくりくる。

例えば杉本さんが語っていたように「パドックに入ると視聴率がガクっと落ちる」というのは、



これは初めて聞いたから驚いた。ってか、私が見てて一番イラつくのはこの部分で、リニューアル後は知らないけど、ドリーム競馬はまだ我慢してパドックを結構放送してくれていたんだと思う。一応関東のパドックも放送してたと思うし、きっちりと馬の歩様がわかる撮影のしかただったはずです。

しかし、関東なめんなよ!スーパー競馬なめんなよ!であるわけで、基本関西のメインのパドックなどやってくれないんですね。

で、ここは私だけなのかもしれませんが、あのパドックでの馬を撮る角度は嫌がらせですか!?

なぜ、縦のアングルから馬のお尻や馬の顔ばっかり撮るんですか?信じられません、私だけでなく、普通は馬の横からのアングルを見たいと思うはずだと思いますが。

金子氏の「馬を買うときは顔で決める」って言葉に騙されないでください(笑

ただ、ここは、りあるの競馬日記さまのエントリを見て気づいたことなんですが、やはりテレビ番組である以上視聴率はとらなきゃいけないんでしょうから、その上でいろいろやってるってのはあるんでしょうね。

ただ、私はそんなのもーいいからこの1時間はメインを楽しもう!ほかはあとでいい!って思ってしまうのですが(笑

そーゆー意味では関西ではサンテレビ、こっちではTVKなどが放送する中央競馬ワイド中継は素晴らしいと思う。
坦々と進行していくが、パドックを見せ、返し馬を見せ、で、合間合間で少し情報を入れたりと、サンテレビのほうは幼稚園のころから眺めているがほとんど変わっていないのではないかな?スポンサーもな。

なんか、文句ばっかりになってしまったが、それならグリーンチャンネル入れば?って言われると終わりですが、私のようにそのお金を馬券資金にしたいと思う人も少なくないと思うので、ぜひそーゆー人間も考慮した番組になってくれればと思うばかりじゃ。

もしくはTVKがおやすみせずにぶっつづけで放送してください。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

この週末はもう1頭なかなかいい馬がいたようで。 

はてなのほうはYoutubeとか、馬券予想とか、あとは、次走要注意馬を書き留めたりする場所にしようかと。

で、オーシャンエイプスという大物が現れたわけですが、牝馬でも凄い馬が現れたみたいです。

元々はキンカメの妹とカワカミの妹が注目を集めていたレースでした。が、個人的にはこのマリスターの仔は気になってました。が、ここまでいい勝ちっぷりとは・・・。

ナリタトップロード産駒、ベッラレイアが完勝

12.3 - 12.2 - 12.5 - 13.1 - 12.5 - 11.7 - 11.6 - 11.3

で、ベッラレイアの上がりが33.8ですね。ってか2着のジャングルバードも相当いい足を使ってたみたいですが。

トップロードの仔ってので敬遠してたんですが、たしかセレクトセール時に見ていてけっこう記憶に残ってる馬でした。昨年の1歳セールでクリスエスの仔がいて、その馬もなかなかいい馬でした。

ってなわけでSSがいないわけですけど、よーやくいい意味で戦国時代に入ってきたのかと感じたりもしますね。

で、一応リンク張っておきます。

ベッレアイラ@youtube(megahorse)

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

2006年の出来事を振り返る(基本レースを) 

そんな感じで去年の印象的なレースを今日は振り返ってみることにしよう。あとで、別館のほうに映像を紹介しておきます。

フラムドパシオンの挑戦

なんていうか、UAEダービーで3着ってのはかなり価値があるものだと思う。ま、後のBCウィナーに勝ったとか言いたくないが、意味がある遠征だったと思いますな。

我がいとしのクロフネ産駒ってことで好きなんですが、ヒヤシンスSでの快勝を見ていると、これから復帰することができればダート戦線の主役に躍り出ることができるでしょう。

角居よりも橋口!!

そしてドバイミーティングは橋口さまが凄かったわけです。ハーツクライ、ユートピアの圧勝は本当に感動的だった。去年はいろいろありすぎて忘れられがちだが。

ユートピアは今年はドバイで前哨戦走って、ワールドカップって感じみたいです。そーかんがえると今年もゴドルフィンセブンスターが近いんですね。

カワカミプリンセス1位入線、降着

ま、マックイーンの天皇賞秋以来の悲劇だったわけです。ここまで無敗で来ていて、しかも内容は圧勝でした。この馬の能力はまだ底が見えていないものの、戦績は・・・。でも、あの直線での豪快なカットは駄目だショ。本田騎手もあの局面ではあの選択肢しかなかったんでしょうけどねぇ。
ただ、昨年はサムソンの神戸新聞杯とか他にもアウトだろってのがいっぱいあったとおもいます。いつものことでしょうが、人が決めるとはいえ、もう少しはっきりしてほしいってのはありますね。

あと、棚ぼたとはいえ、フサイチパンドラもかなり能力がある馬だと思いますよ。

なんかかっこいいBernardini

昨年の北米でBCクラシックまで勝ち続けた。父A.P.indyでもともとかなり期待されていた馬っぽい。何回か写真で見たんですが、非常に見栄えのする馬でした。

昨年は北米でもゴドルフィンが大活躍だったわけで、(Bernardiniはワインレッドの勝負服ですが)波に乗ってきてるのかもしれませんね。この勢いでダービー制覇といきたいとこでしょう。昨年のキーンランドでは殿下は50億ぐらい使ってた気がしますし。

やっぱプリークネスSがいろんな意味で印象的でした。レース後はBarbaroの怪我ばかりとりあげられていましたが、勝った馬も強いという意見は今にして思えば凄く正しかったんだなーと。よく見てる人は分かるのねーと感心。

母父マックイーンG1制覇

やっぱ一番興奮したのはこのレース。朝日杯ですね。
ドリームジャーニーはマックイーンに似てるか?と言われると決して似ていない・・・とおもう。体型や走り、あと勝負弱そうなところは父ステイゴールドにそっくりじゃないかなー。ただ、最後方からズバッとってのはもしかしたらこの馬に一番あっている乗り方なのかもしれないとは思う。なんていうか東スポ杯を見ていると、ホウオーのふらつきも気になるが、ドリームジャーニーの走れてなさも気になる。そー考えるとあわせるよりも、一瞬で交わすほうがいいんじゃねーか?と。となるとよりいっそう、香港で魅せた父に似ていると思ってしまうのは俺だけだろうか。

ま、こんなもんで。ディープのレースも取り上げようと思ったけど、いまさらやらなくていいかと思ったのでやめときます(笑

荒川Megahorse

いちおう何個かレース映像のリンク張っておきました。ってかこっちに張ると重くなるとおもったが、あんま関係ないかな。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

一応、はてなのほう紹介しておきます。 

ま、アンテナやらブックマークで、はてなを遣うようになったので、ブログも少しそっちで書いたりしようかなと。

ま、たぶんあっちでは日々思ったことを書くので、結構競馬に関係ないことも書くと思うけど。

で、とりあえず、向こうで映像紹介する感じにしよっかなーと思ったり。
今日はオーシャンエイプスの動画を載せときました。

荒川Megahorse

なにとどよろしくお願いします。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 0   

トップガン産駒の大物現る。 

凄い・・・。ひさしぶりに凄い新馬戦を見た。

ゴールデンキャストの甥、オーシャンエイプスが圧勝

6R 新馬 オーシャンエイプス

なんていうか凄かった。京都だからってのもあるだろうけど、化け物に育つ可能性もあるんじゃなかろうか。

【3歳未勝利】(京都6R)~オーシャンエイプスが圧勝デビュー

~レース後のコメント~
1着 オーシャンエイプス(武豊騎手)
「折り合いは問題ありません。レースでは4コーナーで物見をしてスタンドを見ていたようです。勝ちっぷりが豪快ですね。ノーザンテーストの肌にマヤノトップガンという血統で、いい体をしています。乗りやすい馬です。全然追っていませんよ。この馬『飛ぶ』かな・・・?(笑)」



こんなこと言うのはサブくて嫌だが、ディープインパクトの新馬戦を思い出した。しかし・・・

12.9 - 11.4 - 12.4 - 13.1 - 13.0 - 12.3 - 11.6 - 11.4 - 11.7

で、この馬の上がりが34.3ってのはディープほどじゃないか(笑
ただ、若駒Sのクルサードあたりより強いのは明らかじゃないかなー。

母の名前を見てリターンバンダムが思い浮かんだ俺は偉いってことで。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。