Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

もうここがラストチャンスなのでは? 

1-1 アサクサデンエン(牡7、藤田伸二・河野通文)
1-2 カンパニー(牡5、福永祐一・音無秀孝)
2-3 サクラメガワンダー(牡3、内田博幸・友道康夫)
2-4 ダンスインザムード(牝5、北村宏司・藤沢和雄)
3-5 ローエングリン(牡7、柴田善臣・伊藤正徳)
3-6 トリリオンカット(牡6、和田竜二・音無秀孝)
4-7 スイープトウショウ(牝5、池添謙一・鶴留明雄)
4-8 コスモバルク(牡5、五十嵐冬樹・田部和則)
5-9 インティライミ(牡4、佐藤哲三・佐々木晶三)
5-10 スウィフトカレント(牡5、横山典弘・森秀行)
6-11 ファストタテヤマ(牡7、武幸四郎・安田伊佐夫)
6-12 ハットトリック(牡5、岩田康誠・角居勝彦)
7-13 オースミグラスワン(牡4、四位洋文・安藤正敏)
7-14 ダイワメジャー(牡5、安藤勝己・上原博之)
8-15 アドマイヤムーン(牡3、武豊・松田博資)
8-16 グレイトジャーニー(牡5、蛯名正義・池江泰郎)
8-17 ローゼンクロイツ(牡4、小牧太後藤浩輝・橋口弘次郎)



さてと、本当に予想が当たらないわけです。先週とかほんとに悲惨でした。

そんなこんなで今週も予想します。皆さんは私の予想とかぶってるようでしたら、考え直したほうがいいでしょう。

とりあえず前日の人気を見ていくと・・・

【単勝上位10頭】
スイープトウショウ 4.5
コスモバルク 6.3
ダンスインザムード 6.6
アドマイヤムーン 6.7
ダイワメジャー 7.5
スウィフトカレント 16.9
インティライミ 17.0
アサクサデンエン 17.8
カンパニー 21.8
ローエングリン 24.1



このように現時点では大混戦といったところ。最終的にはスイープがもう少し抜けるかな?という感じもしますが、アドマイヤムーンが4番人気の時点でなんかみんな困ってるんだなーと感じる。

本命は毎日王冠の時点で決めていたローエングリン。夏から少し調子を戻してきた印象があり、前走では直線中ほどでは1着もあるか?と思わせるほどでした。どーも天皇賞秋というとあの1000m通過56秒という悪夢を思い出してしまいますが、一昨年は5着とそんなに悪くないです。しかも個人的イメージでは府中が向いてると思っているので、ここは舞台が整ったんじゃないかなと思いますね。雨なんて降ろうものならこいつのもんです。

相手をどーするかはずっと悩んでたんですが・・・さっきいろいろ重鎮たちの意見を聞いて決めました(笑

うむ、相手はスウィフトカレントです。なんか個人的にはまだまだ実力不足ってか、今まで戦ってきた相手が弱かった印象があったため気にしてなかったのですが、オールカマーを見直してみると、あんなに後ろから差してきたのかとビックリ。我らがSSということもあって期待しちゃいますね。

あとはもともと府中2000mが合うと思っていたコスモバルク。2000mの成績は2-1-0-0と素晴らしい。しかも中山よりも広い府中が向くと勝手に思い込んでみて・・・買おうと決めました。

あとは展開しだいなんですが、前がとまらない展開になったときはダンス、デンエン、ダイワメジャー、インティライミあたりなんでしょうけど、あんまイメージわかないのも事実。どっちかというと外を通って2頭ぐらい突っ込んでくるんじゃねえかと理由もない予想(笑

と考えると、素直に力を認めなくてはいけないスイープトウショウが出てきますよね。しかし、前走すごかったですが、あれは京都ですからねー、府中が向いているとは思わないですしね。

あと毎日王冠では直線だいぶん不利があったカンパニーもチャンスがあるかなーと思いますね。宝塚記念5着だしぃーって思うと、府中の成績悪すぎ・・・。

◎ローエングリン
○スウィフトカレント
▲コスモバルク
△スイープトウショウ
×ダンスインザムード
×カンパニー
×オースミグラスワン

あたりで。オースミグラスワンは調教最高でした。キルトクールはいつもどおりダイワメジャー
スポンサーサイト

category: 馬券予想

CM: 0 TB: 0   

ザサンデーフサイチ出走。今週も府中1600mが熱い!? 

ま、先週の富士Sはかすりもせず、当たっていた、いちょうSは買っていないという神様に見放された結果になってるわけですな。

ってなわけで今週も面白いレースがある。

そう、あのザサンデーフサイチがデビューするわけです。

いまさらこの馬の経歴について書く必要はないかなと思いますが、セレクトセールで当時最高額4億9000万円で落札された馬です。

ものすごく見栄えのする馬で、血統も文句のない馬ですから・・・っていっても馬鹿みたいな値段ですよね。

しかし、このレースには他にも素質馬がそろっています。その中でも筆頭はピサノデイラニでしょう。Fusaichi Pegasus×Tee Kay・・・そうですね。シンボリクリスエスの半弟なわけだ。シンボリクリスエスの父がクリスエスってことを考えると、なんかパターンが変わった感じもあります。ただ、大物の可能性も十分あるし、いいかげん市川さんもあたりをひくでしょう。藤沢さんが北村がいるのに、岩田にのせるあたりが少し不気味です。

あとはキングリーウィークあたりも気になります。この2歳が絶好調のスペシャルウィーク産駒です。たしかオエノセラって良血だったと思うのですが・・・なんか今調べたらそーでもないのか?ただ、ずっとSS付けてきて、ここでスペシャルウィークで一発を期待したいですね。

同じくスペシャルウィーク産駒のダイレクトキャッチも侮れない。スペシャルウィーク×ストームキャットはオースミダイドウと一緒ということもあり少し注意しておく必要もあるかな。調教もいいらしいです。

ま、意外に他の馬も結構怖かったりして普通にザサンデーフサイチが勝つ・・・気がしなくなってきた(笑

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

バランスオブゲーム競争能力喪失・・・ 

あまりにも悲しいニュースです。

バランスオブゲームが故障、競走能力喪失

むーこれはショック、たぶん今年いっぱいで引退だったんだろうとは思いますが、非常に残念です。

気がつけばもう7歳です。同期はタニノギムレットですから、子供がデビューしている馬もいるわけです。ま、テレグノシスといっしょによくがんばりました。2001年から2006年まで重賞を毎年勝利し、稼ぎに稼いでなんとその額は61,769.5万円!!

・バランスオブゲーム@netkeiba

まあ名脇役ということになるんでしょうが、すこし違っていれば主役にもなれた馬だと思います。

にしても本当にこの馬は面白い馬だったなぁと・・・振り返ってみるとやはり年取ってからのほうが強かったのかなーと思いますが、しかし、2歳時に新潟2歳Sを勝っているあたり、もともと素質が高かったといえるのではないでしょうか?

今考えると、ステップでの重賞勝利は多いわりに、本番での好走はほとんどないですな。一昨年の安田記念と、今年の宝塚記念の3着が最高ですかね?

しかもステップレースで勝っている相手、つまり2着となっている馬は、

2006オールカマー コスモバルク
2006中山記念   ダイワメジャー
2005中山記念   カンパニー
2003毎日王冠   トーホウシデン
2002セントライト記念 アドマイヤマックス
2002弥生賞    ローマンエンパイア
2001新潟2歳S   スターエルドラード

なんか弱いね(笑

ま、こんなもんなのでしょうけど、あんま強い馬にはがちで勝っていない印象はあっていたのかも。

あと、この馬が注目された理由にはこんな面白い点も・・・そうです、馬主が薗部博之さんなんです。皆さんも知ってると思いますが、あのダビスタを作った人ですね・・・よね?

この馬はセレクトセール出身なんですが、ここにもいくつか面白いネタがありましたね。

この馬はたしか900万ぐらいの安値で取引されているのですが(フサイチコンコルド産駒なんであたりまえですが)、競り合っていた相手があの岡田総帥だったんです(父さんのほうね)。しかも、そのときは岡田さんはホールオブフェームの99を自分が落札したつもりだったそうです。が、よくよく確かめてみると薗部さんが落としてる・・・おいおい・・・ってことですぐに直接交渉したそうですが、薗部さんは岡田さんがそーゆうならなおさら売れないと・・・(笑

ま、岡田さんぐらい有名になってしまうと、他のバイヤーからマークされてしまうわけで、隠れて競っていたそうなんですが、それでちゃんと意思が通じていなかったんですね。うむ、岡田さん、おもろいやんけ。

しかも、900万の馬が結局6億以上も稼いだわけですから、回収率は・・・計算できん(笑
こーゆーのもよくネタにされてますよね。たぶんセレクトセールで取引された馬では最高回収率のはず。

こーゆー馬がターフを去ってしまうのは残念ですが、まだ、今後があるわけですから、種牡馬になるにしろ、乗馬になるにしろ、ファンの多い馬ですから長生きしてほしいですね。

category: 競馬ニュース

CM: 0 TB: 0   

父クロフネと同じく変わり身を見せれるか? 

今週末、もちろん英雄がいなくても注目を集める天皇賞(秋)が開催される。

が、その前日の武蔵野Sも、もしかしたら非常に面白いレースとなるのかもしれない。

アルビレオ 56.0
ウインプレジール 56.0
オーゴンサンデー 54.0
オースミヘネシー 56.0
クーリンガー 57.0
サイレントディール 57.0
サウンドザビーチ 54.0
サカラート 58.0
サンライズキング 56.0
サンライズバッカス 57.0
シーキングザベスト 56.0
スズジャパン 56.0
セフティーエンペラ 57.0
タイキエニグマ 56.0
チョウカイロイヤル 56.0
ディープエアー 54.0
ドンクール 58.0
トーセンブライト 57.0
ニホンピロサート 57.0
ハギノベルテンポ 56.0
ヒカルウイッシュ 56.0
フィールドルージュ 56.0
フサイチリシャール 54.0
マイネルモルゲン 57.0
メイショウバトラー 55.0
メテオバースト 56.0
ヤマタケゴールデン 54.0



普通に実力馬がそろっている印象だが、その中でも注目したいのはクロフネ産駒の2歳チャンピオン、フサイチリシャールです。

・フサイチリシャール@netkeiba

2歳時は新馬戦負けた後4連勝、しかし3歳春は皐月賞5着、NHKマイル6着といまいちな成績。ってなわけでダート転向となったわけですが、父の印象が強かった分もともとダートでやるんじゃないか?といわれていた馬です。

しかし、血統構成の似ている姉のライラプスの戦績を見ると、ダートはいまいちです。しかし、個人的には姉とは似ていないと思いますし、府中でのフサイチリシャールの走りは本当に父に似ていると思いますし、ダートに変わって素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるのかもしれません。

ま、たぶん相当人気するでしょうけどね。

category: 競馬について

CM: 1 TB: 0   

近づいてきたブリーダーズカップ。 

たしか11月4日だったはずです。うむ、近づいてきましたね。今年は本当に楽しみなメンバーがそろっているはず・・・。(よくしらんが)

ま、やっぱクラシックが凄いわけですが、Bernardiniがそら注目を集めますよね。

もともと期待されていた馬だったそうですが、プリークネスSまで私は知りませんでした。Barbaroの怪我でなんか主役を奪われた感じになってしまっていた彼ですが、夏から一気にスターダムに上り詰めたのかね。ま、プリークネスSの時点で化け物だったんですがね。

真夏のダービートラヴァーズSを勝って、前走ジョッキークラブゴールドCSもあっさりだったんですな。

って、今年はまだまだ凄い馬がいるんですよねー。ラヴァマン、インヴァソール、ディスクリートキャットやら・・・ま、今回はやりませんが、今年は面白そうなのでまじめにこれまでの路線を振り返ってみようと思います。ってなわけでそのための参考サイトを探しておく。

2006road to the breeders cup

race video archive

NTRA

とにかく楽しみ。

category: 北米競馬

CM: 2 TB: 0   

Rock of Gibraltarが日本へやってくる 

まだ詳細が公式に明らかになってなくて、よくわからんのですが、この情報が正しいのかも・・・。

ドンキチ
投稿日時 : 2006/10/11 13:08:41
この名馬が日本にやって来るなんて夢のよう。
まだ正式発表されていないが、推定15億円でJBBAが購入した模様。
1年ごとにクールモアが買い戻すかのオプション付きらしい。
JRAが購入したデイヴィッドジュニアが少し霞みそう。
この話を聞いた時、かなり興奮してしまった。



netkeibaにあった書き込みです。

種牡馬ロックオブジブラルタル(Rock of Gibraltar)号の導入について

この時点で完全に売り渡すというのはありえないな・・・って印象だったので買い戻しのオプション付きということを聞いて、まぁ少し納得し、それなら素直に期待してよさそうだと思う。

が、Fusaichi Pegasusをかたくなに渡してこないクールモアがあっさり1年でも渡してくるってのは少し怖いですな。

しかし、クールモアはがめついね。1年ごとに買戻しの権利があるって・・・よーするに産駒が走り出したら返せっていって自分のものになるわけだから・・・いいとこばっかじゃねえかよ!

ま、でも日本側からしてみてもこれだけの馬を1年でもつけられるというなら、それは凄いことなんですよね。種付け料は420万円だそうです。ま、JBBAならそんなとこかな。

category: 競馬ニュース

CM: 0 TB: 0   

またまた薬物問題について 

えと、この前のエントリーでトラックバックとかのリンクが間違ってたようです。すいません、あとで直しておきます。

今回も反応していただいたので、読ませていただきました。

まず<Fuck食場>

上だと思います。(今回は間違ってないはず、なんかサイトの構造がよくわかんなくて笑)

ちょっと勘違いされてるかな?って部分もあるので一応書いておきます。

汚点と言えるものについて立証できるのならいいのですが、それも分かっていなかった時点でネガティブなイメージを拡大させてしまうことは問題とならないでしょうか実際、理事長のコメントに対して批判があるのですから、もう少し慎重に言葉を選んでもよかったでしょう。その影響が馬券の売上に反映されることを考えれば自業自得ともいえるのですが。



それはおっしゃるとおりだと思いますし、それについては前も書いたとおりです。ただ、発表をした時点でJRAは陣営から事情を聞いていたと思っていましたので、それを踏まえたうえでの発表だったでしょう。もし、そうじゃなくて何も陣営に事情を聞かずに、フランスからの情報だけであのような発表を行ったのでしたら、それは大問題ですし、「汚点」とかいう言葉以前の問題だと思います。

あと、私は売上を考えて、「汚点」発言がよくないってのは違うのではないかと・・・もし、売上が落ちるとしても、その発言が適切ならいいんじゃないかなぁと思うのですがね。

イプラトロピウムが検出されたことは犯罪的行為ではなく陣営の失敗です。荒川久美子さんの書き方だと、どうもイプラトロピウムが決して使用してはならない薬物のような印象があります。



イプラトロピウムとか、もちろんこれまで私は知りませんでした。ですから、どんな薬物か?というのもネット上や、ニュースなどで得る程度の知識しかありません。ですが、イプラトロピウムが決して使ってはいけないという薬物ではないことは理解していましたし、そのつもりで書いていました。

あと、今回の件はもちろん陣営の失敗についての問題でしょう。陣営の失敗だからいーじゃん、池江さんは悪くないよーってのは違うと思います。やはり、もし池江さんの認識の間違い、ミスであったならば、それはいかんでしょう。

関係者がどこまでのことを言うのかわかりませんが、ディープインパクト陣営に絞って言うなら、陣営が事情を説明するのは、凱旋門賞主催者であるフランスギャロに対してであり、JRAはそのフランスギャロの報告を受ける、というのが本来の筋であると私は認識しています。



ここまでは、ま、そこまで意見が違うわけではないかな?と思ったんですが、ここは大きく違うかもしれません。

もちろんフランスギャロに対して事情説明はしなければならないと思いますが、日本の代表としていった以上、JRAが完全無視、関係ないよというのはおかしいでしょう。ましてや、あれほどまでにディープ祭りをやっておいて、「英雄」とか言って、あらたな競馬ファンも多く作ったでしょう。その人たちは今どう思っているのでしょうか?ニュースで何もわかってないコメンテーターがドーピングとか偉そうに言っているのが現状です。それを聞いたファンはどう思うでしょうか、そのことについて詳しく調べるようなファンだったら事実を知ることが出来るでしょうが、しない方々は「ディープってありえんな・・・」とか思ってしまうかもしれません。

実際先日、駅の中で高校生が「ディープ薬物やってなー」「そらそーやろ、あんなに強いわけないやん。いんちきやってー」とか言ってるのを聞いたんですが、「おいおい・・・」と思いますよね。そーゆー誤解をなくすためにも、やっぱファンにたいする説明責任があるのではないでしょうか。

ま、いろいろ書いたわけですが、わたしの文章力ではここまで書くのが精一杯です(笑
いろんな意見があるのは当然ですし、みなさんいろんなことを知ってて凄いなとおもいますね。ふつーに発覚直後にイプラトロピウムとはこーゆーのだよ見たいな事を書いてる人がいっぱいいたりしてびっくりでしたわな。
ってなわけで、池江さんも中途半端なこと言ってないで、はやく真相を明らかにしてくれと思う今日この頃です。

category: 競馬について

CM: 2 TB: 1   

ザロック日本で種牡馬入り!! 

おいおい・・・まじかよ!すげぇな。

大物マイラー、ロックオブジブラルタルが日本へ

23日、種牡馬ロックオブジブラルタル Rock of Gibraltar(牡7)が、来年から新ひだか町・日本軽種馬協会静内種馬場で種牡馬入りすることが明らかになった。



んーこりゃ来年からずっと日本にいるということですか?リースではないんかな。となると凄いと思うわけですが、本来ならありえないこの移籍。たしかに初年度産駒の出来は期待されていたほどではないですが、G2馬も出ているようにそこまでひどくはないと思いますが、期待が大きかった分ちょっといかんなぁって感じなんですかね。

金額とかまだ出てないから詳しいことはわかりませんが、これは楽しみな馬がやってきましたね。

category: 競馬ニュース

CM: 2 TB: 0   

まじめに読んでくれてる人もいるみたいね・・・ 

うむ、なんかトラックバックが久しぶりに来ていて、見てみたらこんな記事でした・・・。

こういう意見が何だかおかしい

ふむ、私の文章が言葉足らずだったのかな?ってなわけで一応私個人の意見を書いておこうかな。ま、どう受け止められるかはわかりませんが、人の批判チックに書くのではなく、私の意見をシンプルに書こうかと思います。

まず、私が今回の事件、つまりディープインパクトから禁止薬物が検出されたと初めて知ったのは友人からのメールでした。そのときは「ディープから薬物でたとさ・・・」程度の情報しかなかったので、んなあほな・・・JRAがそんなのするわけないやん!って思ったわけです。そら、あんだけ持ち上げといて、ここで突き落とすなんてありえないですわな・・・。で、詳しく聞くとフランスで出たということがわかって、まず納得、なるへそと・・・しかしなぜだ?!んなわけあるかい!あんだけ日本中の期待を背負って世界最高峰のレースに挑んだ馬、そして陣営ですよ。

んなあほな・・・とすぐに家に帰ってニュースとか見たんですが夕方のニュースではたぶんやってなかったですね。このときにJRAの公式ホームページを見たわけです。で、出ていたコメントが今回話題にされている「理事長のコメント」ですよね。

で、正直私はこの「汚点」という言葉にはまったくといって良いほど引っ掛からなかったです。
どちらかというと、ニュースを聞いてこのページを見て、JRAトップページのニュースの欄の「ディープインパクト号に関するお知らせ」という書き方に違和感を覚えましたね。あの英雄から禁止薬物が発見されたんですよ・・・大事件です!なのに、なんか普通の出来事みたいにごまかしてしまおうとしてるんじゃねえの?と感じてしまいましたし、本当にこの問題について明らかにしていこう、真実をファンに伝えようという気はないなと感じました。

さらに言うと汚点という言葉ではないにしろ、最初にこのニュースを聞いたときに、これでここまでディープインパクトを祭り上げ、騒ぎまくっていたマスコミは敵に回る、というか、わけもわからずたたく奴も出てくるかもなぁと思ったわけですし、ここまでディープインパクトのファンになって競馬をやりはじめたという人は禁止薬物、ドーピングということを聞いて、幻滅することもあるだろうなと思ったりもしました。

そういう点では、ディープインパクトの経歴に汚点を残すでしょうし、見る人によっては、つまり競馬を始めたばっかりの人には悪いイメージを与えるという点では、まさに競馬界の汚点となると思いました。

ただ、理事長の汚点という言葉はこういうことについてなされたものではないですね。歴史ある凱旋門賞に汚点を残してしまったという使われ方だったかと思いますが、これは至極普通の謝罪だと思います。ディープインパクトから禁止薬物が発見されたというのは変えがたい事実なんでしょうし、それが陰謀でもなく、ただ単に日本側、つまりディープ陣営のミスだったならば、JRAのトップとしてはありえる話ではないでしょうか?

これは意図的であったか、なかったかは無関係だと思います。
競馬というのはある決められたルールの中でおこなわれているものであり、そのことを破ってしまったならば、それは許されることではないでしょう。そのルール違反が競争において、当事者にとってたとえ有利に働かなかったとしても、ルールを守れていない時点で同じスタート地点にはたっていないのではないでしょうか?

この時点で池江師などに詳細を聞いていない状況だったならば、このようにすぐに謝罪するのはおかしいでしょうが、発表したときにはもうひととおり調査は終わったのではないでしょうか?そうじゃなかったならば、もちろんおかしな話ですがね。

現時点で陣営が詳しく詳細について語っていないのはやはり異常でしょう。そんな状況ではフランス人医師にかってに投薬された、騙されたとは考えることは筋違いでしょう。

というのが、私が禁止薬物の件について素直に思ったことです。たいした知識もなく、適当にひろった情報だけで思ったことを書いているので、突っ込みどころは満載だと思います。ただ、こんなブログでも読んで、ひっかかってくれる方がいるというのはうれしいのでこれからも反応してくれるとありがたいです。

で、今回須田鷹雄さんの記事に対して「意味不明」と書いたのはなんでよりによって理事長のコメントに的を絞ってキレているのか?ってことなんですよ。もっと考えなければならないことは多くあったのではないでしょうかね?全然原因を究明しようという姿勢も見られなかったですし、その時点で関係者から調べたことも発表してなかったんじゃないんですかね?少なくともあの日以降、JRA公式ホームページにあらたな情報は出ていないと思います。

個人的には、このように関係者が隠れてしまって、口を閉ざしている現状のほうがよっぽど問題だと思ったんです。「汚点」という言葉よりももっとJRA全体の姿勢について、真相をすぐに明らかにするよう、関係者に会見させろよ・・・と、多くの人が思ったのではないかな?会見などはすぐしないと意味がないわけです。数日後に会見したところで、みんなで口裏合わせたんだなーってことくらいはみんなわかります。

このまま黙っていれば、そのうちマスコミは騒がなくなりますし、年末までにはみんなそんなことは忘れているかもしれません。しかし、それではなんの意味もないですし、そんなのが現実だといわれても私は納得したくないですね。

というわけだったんです。やたら長くなってしまいましたが、ま、これが今回の件に関する素直な意見です。

(追記)
今日、池江師からのコメントがでたようですね。どうやらかなり強気のようです。フランスギャロの発表は違うみたいなこともおっしゃっているようです。そろそろいろんな事実が出てくるのかもしれません。

しかし、ここまで沈黙していたということは・・・個人的には少しは日本側にも落ち度があるんじゃないかな?と思わされてしまいますね。本当に自信があったならすぐに公の場に出てくるはずだと思いますが・・・。ま、そのうち明らかになるのかな・・・。

category: 競馬について

CM: 0 TB: 1   

菊花賞予想<今年も三冠が見れるのか?> 

さぁ2年連続の三冠が見れそうな今年の菊花賞。オペラハウス×ダンシングブレーヴというゴリゴリ欧州血統でここまでやってきたメイショウサムソン。淀3000mは最高の彼の舞台ではないのでしょうか?

1-1 トーホウアラン(牡3、藤田伸二・藤原英昭)
1-2 ミストラルクルーズ(牡3、池添謙一・鈴木康弘)
2-3 シルククルセイダー(牡3、秋山真一郎・領家政蔵)
2-4 タガノマーシャル(牡3、和田竜二・中尾秀正)
3-5 アドマイヤメイン(牡3、武豊・橋田満)
3-6 ネヴァブション(牡3、石橋脩・伊藤正徳)
4-7 マルカシェンク(牡3、福永祐一・瀬戸口勉)
4-8 マンノレーシング(牡3、小牧太・松元茂樹)
5-9 インテレット(牡3、藤岡佑介・萩原清)
5-10 フサイチジャンク(牡3、岩田康誠・池江泰寿)
6-11 トーセンシャナオー(牡3、L.イネス・森秀行)
6-12 メイショウサムソン(牡3、石橋守・瀬戸口勉)
7-13 ドリームパスポート(牡3、横山典弘・松田博資)
7-14 アペリティフ(牡3、安藤勝己・坪憲章)
7-15 アクシオン(牡3、田中勝春・二ノ宮敬宇)
8-16 トウショウシロッコ(牡3、吉田豊・大久保洋吉)
8-17 パッシングマーク(牡3、四位洋文・浅見秀一)
8-18 ソングオブウインド(牡3、武幸四郎・浅見秀一)



ま、というわけでメイショウサムソン本命は仕方ないと思います。

ただ、他の馬は・・・となるとちょっと形は変わってくるのではないでしょうか?たしかにドリームパスポートがここまでの戦績では抜けているのかもしれませんが、京都のスタミナ比べとなったときに出番はないかもしれません。しかし、これまでのしぶとさ比べのときも、自分の競馬に徹して最後に突っ込んできてるのもあるんですよね。しかも今回は鞍上が横典ということもあって、道中死んだふりから・・・ズドーンがあるかもね。

そこで穴馬を探していきましょう。

まずは京都実績のある馬をあげていくと・・・

1,5,7,10,13,14,18

そして距離実績ですが、ここは2200m、2500mの実績を見てみるわけです。

1,2,6,11,14,16

という感じでこの中でいちばんありそうやなーと思うのがマーベラスサンデー産駒のネヴァブションです。

京成杯が非常に印象に残っているんですが、この馬は将来強くなるかもなーと思いながら見ていました。京都は経験してないんですが、血統からして得意でもおかしくないかなって感じです。

もちろん、トーホウアラン、アペリティフあたりも捨てがたいですね。

んでもって、本命にしたいぐらいなのがマルカシェンクです。

京都適正もありますし、春の復帰戦京都新聞杯ではすごい脚を見せていましたし、距離はまったく問題ないと思います。さらに才能は2歳時にみせていたようにこの世代トップレベルですから、ここで最後の1冠を奪ってほしいですね。

◎メイショウサムソン
○マルカシェンク
▲ネヴァブション
△アペリティフ
×トーホウアラン
×トーセンシャナオー
×ミストラルクルーズ
注ドリームパスポート

馬券はマルカシェンクから流すかな・・・。

category: 馬券予想

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。