Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

桜花賞とフォーエバーモア 

ネオユニヴァース牝馬産駒

さて、馬体研究頑張るとか言って、全然頑張れていない荒川です。

桜花賞ですが、アンカツ氏と同じ意見でマイルならハープスター最強ってことに異論はないですね。相手探しとなるのですが、その一番手がフォーエバーモアとなりますでしょうか。ひとつ前のエントリを書いた時点では2勝馬で、暮れのJFでも8番人気と低評価、ただ、馬体的には走るネオ産駒の条件は満たしておりまして、この活躍は興味深く見てました。

で、並べてみたのがネオ牝馬たち。右下だけ違う世代ですが、その他はこの世代の馬たちです。
左下はトレーニングセール時に高評価したのですが、ま、今思えば手を出してはいけないネオだったのかな、と。ステゴ産駒と思えばよく見えるのですが、ダメなんですよね。

昨年、写真をすぐ集められるクラブ馬からチェックおり、ぼちぼち傾向がつかめてきたところで、「あー、こりゃあいいですねぇ」と目に留まったのが、フォーエバーモアでした。
とか、いいながらも全然詰められてないのですがね。同じ馬であっても、異なる写真では、骨格をプロットする際にズレが生じます。そこを固定するためには知識が必要となるのでしょうが、どう考えていいやらわかりませんし。

そんなこんなで桜花賞では相手一番手としようと考えていますが、馬混みにもまれると厳しいと思うので、もう一頭、アドマイヤビジンも挙げておきます。このクロフネは足が長いので距離伸びても大丈夫と考えてます。ではでは。
スポンサーサイト

category: 馬を見る目

CM: 1 TB: 1   

「飛節の折りが深くて、やや腰が甘い感じ」 by 照哉 

力強いトモとは
力強いトモとは posted by (C)荒川久美子

ご無沙汰しております。釣りばっかしていて、競馬への情熱が失せていたわけではないのです。今年は結構競馬をしっかり見ています、馬券も案外調子がよいのです。人生の猶予期間を延長しまくっている私ですが、さすがに猶予期間の終わりが見えてきてしまいました。そんななか、すごく久しぶりに将来を考えて生きている一年となっております。

さて、時間があるうちに、もう少し論理的に馬を見れるようになっておこうとここ数日ようやく動き始めました。はい、何年も前からやろうやろうとは言っているのですが、ようやくマジになったという感じです。っていうか、単純に浄閑氏の活躍に憧れているというところ。まずはブログでおっしゃっていること、匂わせていらっしゃることの検討をしつつ、理解できるようになってみようというのがモチベーションでしょうか。それほどまでにjyokan氏のブログは魅力的であります。

はてさて、そんなこんなで、ここ数日ツイッターで呟いていたのですが、『ネオユニ産駒の走るパターン』を考えてみております。jyokan氏のブログでは何度となくこのお話が出てきますが、一番印象に残っているのはJRAブリーズアップセールの高額ネオ産駒を『まあないだろう』とあっさり評価なさっていたところです。私はこの馬を高く評価しまして、『とは言っても、いい走りしてるし、あんじゃね?』程度に思っていたのですが、結果はご想像の通りでございます。思考を放棄して、『あんじゃね?』って思ってた俺がバカすぎます。というように、こんな感じでひっかかりが蓄積していきまして、わたしゃも頑張ろう、となったわけです。

あんまりここでほじくり出すのもあれかな、と思いましたが、なんというか、取り組んでみると非常に楽しいのです。本当に面白いのですよ、そこの奥さん。次々と知識が増えて楽しい、どんどんヒラメキが生まれてくる、成長している自分を毎秒感じられる、というような楽しみは一切ないのですが、答えどころか、『問い』すら存在しない世界への突入でナチュラルに頭を動かしているのを感じます。こういうのは本当に中学生以来ではないでしょうか。そういうわけで、迷惑かもしれませんが、急に書いてみたくなっちゃったってのが正直なところです。

さて、で、ネオユニヴァース産駒の走るパターンについてです。もちろん好走パターンではなく、走る産駒のパターンです。となると、普通に父似ということを考えますわな。で、真っ先に思いつくのは『後ろの形が流れている感じ』ってとこ。これはネオの現役時からのイメージで、多くの方が似たような印象は持っていただろうと思います。もう少し言葉を足すと、『腰の位置が低く、後肢が回転し後方に伸びている』というようなところでしょうか。

で、こいつは結構な特徴なんですが、これを善しとするか、悪しとするかだけでも難しいとこなんです。ここで、一番上の比較画像を見ていただきたいのですが、皆さんはどちらがお好みのお尻でしょうか?どれも超一流馬のケツです。まぁ、尻というかトモ、後ろ全体の印象ということになるのですが、おそらく多くの人がこの中だと、左上は弱そう、たよりなさげ、と思うかなと。お分かりとは思いますが、この左上がネオユニの募集時なんですよね、で、左下が大阪杯の時のネオユニです。まぁ、こんだけ活躍した馬ですから、これを弱点というのはどうかな、というとこ。実際、この柔軟さが武器の一つだったと考えるべきなんだと思います。

「いまにして思えば、この馬は5月21日という遅生まれだったので、成長が遅れていたわけだし、飛節の折りが深くて、やや腰が甘い感じに見えるのも、サンデーサイレンスそっくりの特徴だったわけです。サラブレッドというのは本当に難しいし、私自身もまだまだ見る目が甘かったですね」と、ダービー後に照哉氏が語っています。

これが俺が持っているイメージと完全に合致してるのかは怪しいとこもあるが、腰が甘いという点に関しては共通の認識、この馬体から多くの人が持つイメージってことだろう。じゃあ、そのイメージがどこから来るのか、そして、その根拠を挙げる(推測する)ことができるか、で、その推測、仮説は正しいか、という道をたどらねばならないわけで、果てしない道ですね。

でもね、少し考えてみて思ったんですが、答えは間違いなくあるんですよ。どの馬が来年のダービーを勝つかってのは解答はないですが、こんな骨格だから、こういうのは得意、苦手ってのは間違いなくあるはずで、しかも、それは勉強すれば、基本的な解剖学的知識を入れたうえで、とてつもない量の画像、レース映像からの走りを見まくれば、誰だって自分の脳みそ一つでたどり着けるところなんではないかと、間違いなくゴールはあると思えるのです。そう考えると本当に楽しいわけです、勝己氏、照哉氏に近づくためにも、当たり前の勉強をせねばならんのだ、と前向きにやりはじめたのです。

はてさて、で、ほんなら、ネオユニの走るパターンを解説してくれや、となるわけですが、まだまだわけわかめです。ネオユニの走りを見直したときにまず目についたのは、トモではなく、前肢のほうでした。出来る限りのネオユニ産駒の立ち姿をかき集めながら、とりあえず、肩など前を中心に見ていったのですが、ボツボツこのあたりがポイントかなって点は出てきました。が、ここでも『肩の角度』ひとつ取るのも難しいんですよ。骨が透けて見えたら文句なしなんですが、立ち姿からだと体表からイメージするしかない。だからといって、ただボンヤリ決めていたのではアホのまんま、なんで、論理的なルールを決めなくてはならないわけですが、こいつを決めるためには解剖学的な勉強が必須ですわな。というように、やらなきゃならん道がどんどんつながっていくんです。

というわけで、現状で言えることは、ネオユニはサイズは注意してくださいっていう調べる前から誰でも分かってたことぐらいなんですが、じゃあ、そのサイズにしても「なんで小さいネオユニはダメなんですか?」って聞かれると全く説明できないわけです。『問い』は無限に出てきそうです。

みなさんもいかがですか、『岡田繁幸のRun for the classic』を見ながら、「なに言ってんだこいつ」と突っ込みを入れてみませんか?新たな競馬の楽しみ方が生まれると思いますよ。

category: 馬を見る目

CM: 2 TB: 0   

セレクトセール2012ひととおり… 

美しのレイク
美しのレイク posted by (C)荒川久美子
レイクトラウトです。かっこよい魚でした。楽しかったです。

ども、おそろしくご無沙汰しております。忙しいわけではない、というか、おそろしく暇人ですが、更新さぼってました。POGとか、全然見ておりません…いや、それは嘘ですが、手がまわっておりません。そんなわけで、釣りなどに浮気してたわけですが、明日一日中暇なので、セレクトしっかり眺めようと思いまして、ひととおり整理してみました。一応将来の答え合わせのために挙げますが、まぁ、個人的なつぶやきと思ってください。はい。あ、セレクトのページはこちらです。写真はこちらでお眺めください。


◆11 (外)ノンサッチベイの2011(父A. P. Warrior)
この父なに?って感じで、もうポカーンな私なのですが、軽い感じでいい馬ですね。よいお母さんみたいで。
ただ、今年はパカパカファームは人気出るだろうし、買い時ではないのかもなぁなんて。それでも、いい馬はほんと多いです。

◆16 メジロルルドの2011(父ジャングルポケット)
今年のひとつのねらい目はメジロのお馬さんたちかな…て。ノーザンの育成で爆発なんてことがあったら、それはそれでいいではないか、っていう私。これはめちゃええやんってわけでもないが、重心低く、父らしいかなと。

◆26 デヴォニアンガーデンの2011(父マンハッタンカフェ)
これはとてもよく見えました。後ろがヘロッテルようにも見えたが、動画見た感じいいよね。柔らかいけど、力強い。うん、いい馬。ただ、マンカフェってどんなのが走るのかつかめないよね。とにかく、後ろの踏み込みの深さ、いいですね。2000万までなら買いだろって妄想しておきます。

◆39 マサコチャンの2011(父クロフネ)
距離持つようには見えないけど、写真はかなり好きなバランスのよい馬。ベストクルーズの全弟ってのもあるし、いいのではなかろうか。ただ、ボチボチ高くなるのかもね。

◆51 アドマイヤキラメキの2011(父ディープインパクト)
母、というか、母系はセレクト常連で個人的にもいつも気にしている。この母の仔はここまで少し不格好、バランスいまいちで出ていたが、これはバランス良いよね。ただ、今年の3歳馬を見ていて、ディープ産駒は案外ケツを見るのが大事なのかな、って印象は持っておりまして、そう考えると、この子はちょっと違うのかもって思ってます。いや、昨年だったら、これが一番やってゆってると思うのですが。

◆64 クライウィズジョイの2011(父キングカメハメハ)
キンカメさんです。個人的に、キンカメ産駒は重心低めのほうが好きです。これは背中から腰に掛けてのやわらかい動きにほれました。また、兄ヒカルオオゾラのごっつい馬体にも惚れてたんで、そこらから応援したいなと。はい、メジロ絡みってのもいいです。

◆73 シーズインクルーデッドの2011(父ディープインパクト)
いい馬なんですが、もうワンパンチ、ケツの迫力あってもいいのかな、なんて。

◆75 ハリウッドドリームの2011(父クロフネ
えー、めちゃめちゃいいです。今年の1歳で一番好きかもです。父クロフネなんですね、はい、非常に柔らかいけど、踏み込み力強く、のびやかで、文句なし。父クロフネか、昨年もいい動きすんなぁってクロフネがいたが…と思いつつ血統見ると…マジンプロスパーの下かいっ…そらええ馬ですわな。昨年のが牝馬で6000万とかでしたっけ?これも高くなるんかいな…4000万で募集されるなら一口いくかも…てなかんじ。結構自信はある馬です。

◆120 スギノセンヒメの2011(父キングカメハメハ)
上もいい馬だったけど、こいつもいいよね。1000万あたりなら買いでしょって思うけど、そんなわけないか。

◆123 ラピカラの2011(父ダンスインザダーク)
好んでダンス産駒とか手を出さなくていいでしょって考えなのですが、この馬は立ち姿も、動きも好みです。血統は全くわからないですが、いい馬だと思います、父ダンスってことで安く落ちるなら面白いのでは。

◆151 イチゴイチエの2011(父アドマイヤムーン)
アドマイヤムーンはほんとにわからない。父ムーン自身の現役時代の馬体の印象、ここがいいとこだ、迫力すっげえって印象がないのだ。ただ、この馬はやわらかく、前の力も感じるって点で父に似てるものがあるのかな…なんて。ムーンでは一番好きかな。

◆152 メジロダーリングの2011(父ダイワメジャー)
メジロを狙え、パート3ってわけではなく、ダメジャーの好きな形。ダメジャーはコロンとしたやつでも走るかなとは思う。というわけで、こいつをチョイス。

◆167 オージーカンパニーの2011(父ディープスカイ)
写真でも動画でも迫力満点、とくにケツ最高。これが牝馬なんですか?と。母はダンスやゴルアで頑張っておる。ヒシオフェンスとかも見栄えする馬だが、こいつはこの時点でこれだと今後が本間楽しみ。デスカで牝馬だが、どれぐらいになるかな。父デスカはひととおりチェックしておこうと思うが、これは要注目。1500万くらいで落ち着けば…。

◆224 リキオリンピアの2011(父ディープインパクト)
ディープはケツがでかくて、後ろの力がある馬がいいんでは、ってことで見ていくと、この馬かなって。ってか、今回ノーザン、社台をあんまピックアップしてないんだけど、それは意図的に外したってよりも、肉が付きすぎててよーわからんってのがあるのかも。いまいち好みのがいなかった。そんななかこいつが目に留まったが、伸び白があんのかなーとは思う。

◆250 ギーニョの2011(父シンボリクリスエス)
後ろがまっすぐっぽく、長く見えるボリクリだが、そこらは今後バランスよくなっていきそう。なんか、オーラあるよね。でも、高くなんのかねぇ…。

んな、感じで、太字がいちおしなんですが、さらに絞ると、26、75、167かな。75はどんくらい高くなんのか、ぼけーっと眺めるつもりです。ではでは。

category: 馬を見る目

CM: 1 TB: 1   

2009年度産の答え合わせ 

どうも、ご無沙汰です。元気にしております。
最近はぽつぽつ東京に出て行ってるんですが、今週末もスプリングSは行こうかと思っております。

さて、今日は、これまで積み重ねてきた妄想購買をもとに、2009年度産の答え合わせをしていこうと思います。以前の記事は以下の通り。

2010セレクトセール1歳、問題編
この秋は競馬場に3度は足を運びたい。:ちょっとPOG的なノリ

よく考えたらあんま書いてないのね。セレクション、サマーセールもいちおう見てるんだけどね。エントリにして残してないな。

さて振り返り。セレクトでは最終的に5頭に絞っているわけである。

10.ザラストドロップの09:1500万
65.モンテドーターの09:1500万
105.ジェイズミラクルの09:4300万
160.レディインの09:1100万
161.プロポーズトゥミーの09:700万



ザラストドロップの09:タイガーキングダムで登録されているが、未デビュー。
モンテドーターの09:トミーバローズで登録。10番人気でデビュー勝ちだが、その後は…。

ジェイズミラクルの09:後のアドマイヤブルーである。馬体も文句ないし、この世代のトップレベルであると考えている。4300万だったわけだが、これは順調にいけば合格ではなかろうか。

レディインの09:イチオクノホシである。ロブロイのいい形はわかると自負してたわけで、素直にうれしい。1100万で落札だったことを考えると当たりでしょう。

プロポーズトゥミーの09:アンソニーバローズで登録されているが未デビュー。アウトですね。


という感じで、5頭選んでこの結果ってのはいいんじゃなかろうか、私も成長してるんじゃなかろうかと感じている。4300万のアドマイヤブルーあたりは、まー高いしね、当たるよねってのはありますが、イチオクノホシを拾えたのは成長したな…と感じるとこであります。

他ではビーポジティブの09(現トリップ)あたりも見ていましたが、これは誰が見てもいい馬ってことでしたからね。高めのとこではアドマイヤメガミの09も見てましたが、こっちは現状では名前も決まってないのかな。足元が怖いよねってのが当たってたのかはわからん。
クラブ馬ではクラヴェジーナ、ジェラルドをにらんでたんですが、これらも順調ではないですね…。ジェラルドは非常に残念ですが、待つしかないですよね。

そんなわけで、ビーポジティブの09は高すぎかなってことで外したが、今の結果を見てるともとはとれるんだろうな、と。そう考えるとがっつり一発ホームランを打つ大切さってのはあるんですよねー、特に一口目線で見れば。さくっと答え合わせしましたが、今回は合格なんじゃないのかなと思います。とまあ、自己流直観相馬をしてきたわけですが、もう少し科学的、論理的に今後はやっていこうかなと考えている今日この頃であります。ではでは。

category: 馬を見る目

CM: 3 TB: 1   

2010セレクトセール1歳、問題編 

RIMG0793_20110125192306.jpg
どうもあけおめです。写真は大晦日の釣おさめであげた80オーバーのきれいなやつです。ま、外道ですけど、嬉しかった一匹。

最近競馬はしっかり馬券を買いながら毎週末やっておるのですが、たいしてニュースとか追ってないわけ(海外なんてまったく)でして、特に書くことがありません。
で、過去の書きかけの記事をあさってたら、昨年のセレクトのイヤリングをパッと見た印象を書いておいたのがあったので、それをまとめとこうかなと。一応セール前に書いたものだとおもうので、セール結果、価格などを振りかえりつつ。ま、数年後の答え合わせのための問題編ってことですね(あーあと、当時は動画もあったはずで、それを見て書いた印象だと思われます)。おそろしく時期を逃した記事ですが、まーいちおう。

2010セレクトセール1歳馬1日目
http://www.jrha.or.jp/selectsale/joujou_list1.html

10.ジャンポケですな。変な肉がついてなくてよいし、動きもええなぁ。結構好き。
13.軽い。9.よりもいい感じのフジキセキである。
16.まさにボリクリって馬ね。めちゃよく見えるが、これが重くなっていくかもしれないのよね。でも、いいです。
23.現時点ではボリュームが物足りないが、バランスは非常にいい。期待できそう。
26.いいですねぇ。これぞマンカフェ、これぞSSって感じ。ふにゃふにゃやけど、芯がありそうなとこがよい。
41.どうみてもいい馬。腰高いし、まだまだこれからだが、父似になりそうな感じがするよ。
50.ディープに似てるよね。軽いし、これはいい馬。
61.またしてもボリクリ、よく見えすぎる。すこし繋ぎが長いかなぁとも思うが、これはいいだろう。

65.ちょっと繋ぎかたそうだが、全体的な動き、柔らかさ、首の使い方は気になる。これまでみたムーンの仔では一番好きかも。
76.ほおーこれはええ馬。バランスも非常にええし、足もともよいです。
84.いい馬なんじゃないでしょうか、トモもボリュームあり。
86.父に似てる。気になる馬だ。ハピネモさんやりますな。
88.いい馬ね。皮膚の質感とか文句ない。おとなしく歩いているとこもよい
100.腰が高いがパーツはしっかりしてていい馬です
102.力強い。ケツもごつい。いい馬
105.ぱっと見すごくええ馬やけどなぁ。肉の感じもよろしすぎます。
110.ここまでで一番。兄のできもよかったが、これも父似にでてるよね。
127.やわらかい、変な肉もついてない。いい馬です。
136.なかなか迫力があるキンカメでよい。トモもかなりごっつくなる。
142.歩き方がすっかりハーツ。がに股にもほどがある
143.この血統は非常に興味深いが。馬は相変わらず肉がつきすぎ。しかし、パワーがあってよい
145.伸びがあって、後ろの力がない感じ、腰がたれてるところはすごく父に似ている。
151.マンカフェがよくでてるし、各パーツも非常によろしい。伸びしろもありそう
156.重心が低く、はやりとは違うが、力強くてよい。バゴ結構いい馬出すね。
158.ええ馬やな。ボリクリで、写真だとよくわからんが、歩かせてみると非常に軽いですね。伸びがあるし文句なし
161.やべえ、死ぬほどええ馬や。柔らかすぎる。なんですか、これぞSSという感じ。
200.非常にいい馬だ。ロブロイは首が低くて、リズムよく歩ける馬がええとおもうのよ。
205.結構ええ馬かも。昨年はムーンいまいちとかゆってしまったが、こう見ると父に似てるのが多い。

ここまでは当時残していたメモ。こっからは結果を踏まえた上での感想など。

10.ザラストドロップの09(父ジャングルポケット)
写真見直しても父の特徴が良く出ているとおもう。もともと父似をだす母だが、いまいちパンチに欠けている。後ろがまだ甘いように見えるが、父の産駒は後々そこらへんは力付けてくる印象あるし。
で、結果主取りなんだが、その後こちらに出ている。1500万なら悪くないと個人的には思うが。

16.ロゼダンジュの09(父シンボリクリスエス)
まー文句ないですよね。牝馬で2800万と誰が見てもいい馬だったということでしょう。この価格では手を出せないですね。

26.シアトルブリッジの09(父マンハッタンカフェ)
骨格いいし、素軽そう。皮膚の感じもよいよね。2100万は非社台ではいい価格ですね、マンカフェは非社台がはしるっていうイメージがあってのことなのだろうけど。個人的にはマンカフェはどんなのがいいか全然わからないのでパス。

41.ビーポジティブの09(父クロフネ)
これまたほんまに誰が見てもいい馬。父に似て、でかくなっても問題なさそうな足もとやし。父クロフネの産駒はやたらこじんまり出てしまうと牝馬しか走らないし、雄大な馬格の牡馬は順調にいかなかったりと、非常に難しい印象を個人的には持ってる。
で、結果は近藤利一氏が6000万円で落札。そんだけの価値がある馬だと思うが、まーキャロットとかで出てきても貧乏人は手を出せない。それでも夢をみれるだけの馬だと思う。

61.ネオクラシックの2009(父シンボリクリスエス)
牝馬のボリクリですね、やっぱりバランスがよい。2900万は高いよねぇ、サンデーとかでも牝馬なら2400万ぐらいまでな気がするが。

65.モンテドーターの2009(父アドマイヤムーン)
アドマイヤムーン産駒はまだ分からないが、ひょろっとしてるけどトモ、尻に迫力でてきそうなのがいいのかなぁなんて。で、1500万でJRAが落札。うむ、いい価格だが、ぎりぎり手をだしたくなるとこですね。この春セールにでてくるんでしょう、楽しみに待ちましょう。

102.フォレストレインの2009(父バゴ)
成長の余地がありそうよね。600万は安いでしょうよ、追っていきたい。ま、それはそうと一つ上がディープインパクト産駒で海外にいってるのかな。

105.ジェイズミラクルの2009(父キングカメハメハ)
ぱっと見、筋肉の質感が好きなんですよね。母、兄弟の成績は大したことないんだが、利一氏が4300万で落札か。クロフネ産駒に6000万と考えると安いのかなぁ。ま、確かに夢を見てしまうような筋肉の感じなのは分かる。

110.ディスカバリングビューティーの09(父ディープインパクト)
すっきりしていてバランスのよいところはディープ産駒の特徴。ハーツクライはいろんなタイプを出すが、ディープは自身に似た馬ばっかり出すってのはよく言われているが、間違ってないと私も思う。しかし、ダノンバラード、ターゲットマシンなど2勝してる産駒はめちゃかるい、というか薄いなぁって馬だったので、そーいうのとは少し違うかも。金子氏が4000万で落札。この価格でキャロとかで募集なら考えてしまうかも。

143.アドマイヤメガミの2009(父ジャングルポケット)
後ろ、尻の迫力、ボリュームは半端ない。少し爪のとこが恐いかな。この血統で3000万ならいいかなと思う。

161.プロポーズトゥミーの2009(父ハットトリック)
その後オータムセールで700万で落札されている。ちょっと成長して無駄肉がついている印象だが、力強さはいいよね。このバローズはしっかり追いかけたい。

205.シルバーレーンの09(父アドマイヤムーン)
ぶっちゃけ父は成功しないと思っている。が、この母なら高齢だがそれなりには走るのではないか。1500万ということなら面白い。

他で今回、見直してみて目についたのはキングカメハメハ産駒かな。ディープバブルってのがあったからか、価格は落ち着いていた気がする。

35.セレスフェアリーの09
47.ロージーミストの09
154.アップルティーの09
164.キャスケードブーケの09
185.エイグレットの09
ロージーミストなんかは今になれば1600万は安かったと胸張っていえるやろうし。

次はロブロイ産駒かね。初年度がまず合格点だったと思うのだが、産駒は変な肉がつかない感じでバランスがいいよね。

36.エンジェルシードの09
79.キャッツプライドの09
160.レディインの09
79、160とも1000万台前半ってのも落ち着いた価格だと思う。とくに160のレディインは好きですな。

で、最後にこの世代が最初のダイワメジャー産駒に触れておこうと思う。現役時代ダメジャーとは相性がわるく、いい思い出はないのだが、持っていた才能だけで走っていた馬という印象はある。気性難とかが産駒にどう伝わるのかとかが問題かもだが単純に父と似て、SS系らしくないコロッとしたタイプが多いのは遺伝力が強いってことんなんじゃねって思ってる。が、しかし、好みじゃない体つきやから、まー様子見ですわな。

というわけで、最後に5頭選ぶとしたら。

10.ザラストドロップの09:1500万
65.モンテドーターの09:1500万
105.ジェイズミラクルの09:4300万
160.レディインの09:1100万
161.プロポーズトゥミーの09:700万

とういことで数年後の答え合わせを楽しみにしておこう。ジェイズミラクルの09は走ると思う。

category: 馬を見る目

CM: 2 TB: 0   

JRAブリーズアップセールをチェック 

どうもです。教育テレビのハーバード白熱教室ってのがなかなか面白い。こんなのを本気で面白いと思う年になるなんて…すでにじじいですな。まーええや。

ここ数年注目を集めているJRAの育成馬たち。おととしはセイウンワンダーが2歳チャンプになり、昨年のメンツもそれなりに走ってるかと思う。私自身昨年始めて注意して見たんだが、なかなかおもしろいので、今年もセール前に触れておこうかなと。昨年のエントリはこのあたりです、一番気に入ってたのは牝馬でトッププライスだった母スイートフェローズでした。重賞ではまだ結果が出ていませんが、フェアリーSでの走りを見てると、こいつは将来的にはいいとこまでいくと思います。フォレストキティのほうはまだ勝てていませんな、んー何かで変わりそうな気もしますが。

今年はぱっと見渡すとJRAの種牡馬の仔、ロックオブジブラルタル、デビッドジュニアあたりが目立ちますし、なかなか良い出来だと思います。ロックは昨年夏のセールでそれなりにいけそうなのがいるなぁと思ってましたが、デビッドジュニアが目に留まったのは今回が初めてですな。こっちは新種牡馬でかなりおもしろそうです。じゃあ、まずそのデビッドジュニア産駒から。

30.エイシンファンシーの08(父デビッドジュニア)
75.オスカースマイルの08(父デビッドジュニア)

どちらもシルエットが非常に好み。なんか無駄肉がなく、筋肉がつきすぎているわけでもなく、すっきりしており、全体のバランスがよろしい。
母エイシンファンシーは首をよく使ったフォームもええです。

3.ゲルニカの08(父ロックオブジブラルタル)
73.ボルジア2の08(父ロックオブジブラルタル)

ザ・ロックの産駒は脚が長くて、華奢という表現は間違っているかもしれないが、バランスが悪く見えるのが多い印象。ただ、どうもそれが日本にうまく向くのじゃないかなんて思って去年の夏から気になってる。欧州では失敗って印象が強いが。
母ゲルニカのほうは兄も何頭か若駒のころから写真やら目にしているが、華奢なのが多いし、体質が弱いのが多いかな。本馬は現時点でそれなりのタイムを出してるし、繋ぎは非常にきれいだと思う。
こっからはてきとーに気に入った馬を並べる。

51.レッドダイヤモンドの08(父ステイゴールド)
んーとねぇ、サマーセール時にも目についてた馬で、実際、落札価格も高かったみたい。今回はこれが一番ええんちゃうやろか。写真での姿勢、バランスも文句なし、走ってみたときの力強さ、首の低いフォームは非常によろしい。前がしっかりしすぎて後ろがついてきてない印象を写真、動画から受けたかな。まーでも、これはいい馬でしょう。

12.ディアブリーズの08(父グラスワンダー)
次にいいのはこれかな。同セール出身のセイウンワンダーとはタイプが違う、普通に父に似たメガワンダーや、グラスワンタイプかな。この馬もやっぱ前の筋肉の厚み、迫力があって、後ろがしっかりしていない印象を受けてしまうが、そのへんは今後いくらでもよくなるだろう。これも購買時1000万オーバーなのね。やっぱ高い馬はいいんですなぁ。

28.テンシノユメの08(父リンカーン)
父リンカーンなんてまったく興味なかったし、写真みた感じでもたいしたことないと感じたが、動画を見て惚れた。コメントの通り柔らかく、大きなフォームは目につきますな。足もと、繋ぎがちょっと気になるし、調整が遅れているのもあれだが、うまくいけばええ馬になるやも。

まとめると、51のレッドダイヤモンドの08が一番よいとは思うが、これは高くなりそう。それでもオープンまでは行くという読みなので、2500万までなら手を出してよい、もしくはここまでの経費がパスできると考えるともう少し高くてもええのかな。12のディアブリーズの08もいいんだが、51よりは確実性が低い気もする。それでも2000万弱なら。テンシノユメの08は博打だわな。新種牡馬やし、リンカーンってとってもはずれな匂いがするのよね。それでも600万なら…ってそんな安くないか。エイシンファンシーの08は2勝はできそうよね…って何を根拠に笑。完全な妄想にすぎないが、1200万ぐらいまでかな。

ロックはさすがに実際に手を出すとなると恐ろしいよね。しかも人気してしまいそうやし。

category: 馬を見る目

CM: 0 TB: 1   

セレクトセール09の1歳を個人的に評価しとく 

どうもあけおめです。
昨年のうちに書きたいネタもあったのですが、なんかうまく時間がとれず…。そっちをまとめる時間もなさげなので、今日はちょっと前に書いたセールでの馬見シリーズを。

と思って、セレクトのページを見たら、この前まで残ってた動画が消えてるっ!しまった…残しておきたかった。といいうわけで、少しブルーになりながら昨年夏に書いたのを見て振り返ってみます。あーで、素人ながらできるだけ具体的に妄想していく。

スギノセンヒメの2008(父ゼンノロブロイ)
スギノセンヒメ

これが1歳で価格帯を考えなくても、一番いいと思うぐらいの馬だった。
セールの時点でも上がトップロード、デジタルでそれなりに勝ってるし、母のポテンシャルに期待できるみたいなこと書いてたが、その後ケイアイテンジンがオープンまで勝ってしまった。父ゼンノロブロイは一応新種牡馬リーディングはとったようだが、ま、予想通りたいしたことはない。それでも兄を見ていると1100万ならやはり安いと確信。
上を見てるとダートマイルから中距離かなと思うけど、芝でも十分可能性はあるでしょう。なにもなければ兄トムトップよりは走ると思う。

タイフウジョオーの2008(父キングヘイロー)
タイフウジョオー

写真は皮膚もピッカビカでスラッとしてて超グッドルッキング。ま、コンサイナーの力なんでしょうが、キングヘイローで2700万は高い。と思ってたら東京サラで3000万で藤沢さんで募集。ここでの設定は落札価格考えたら安い気もする。
近況写真を見るといい肉がついてきて、お尻のボリュームがぱねぇっす。距離は持たないだろうけどいい馬です。
が、この価格だと1000万下あたりまでは勝たないといけないだろうから微妙なところ。

マーベラスカクテルの2008(父ジャングルポケット)
マーベラスカクテル

タスカータソルテのタイプのジャングルポケット産駒。とってもSSがでてる馬でございます。線が細いですが、牝馬だしこんなもんだろう。ただ、ダートで潰しが利かなさそうな部分がマイナスかも。母は2勝やけど芝ダート中距離でそれなりに走ってるから個人的には合格なんやけど、安かったのか主取りですね。1000万で買えるならええのかも。

これ以下は今回見直して気になった馬。

トコアの2008(父スペシャルウィーク)
トコア2008

父スペシャルウィークじゃなかったらまず気にしないが、スペの牝馬なら(牡馬やんか…。股のところに見えるやん、間違えました)これぐらい薄っぺらく見えてもいいのかもしれない。薄いところを無視すれば、バランスはいいし、繋ぎの角度なんかも問題ない。血統も上はコンスタントに走っており、父タキオンから父スペに変わっておもしろいんじゃないか。
上は3頭が2勝してるし、芝で2、3勝はなんとかなるだろうし、うまくいけばクラシックも期待できる血統である。2300万なら悪くない。

エスペラーダの2008(父ゼンノロブロイ)

祖母ゲルニカの仔は結構セールの時点で目につくのだが、産駒はそれほど走ってない。ただ、いまだに期待はされているようでスペやらロックやら祖母は付けてもらえてるようです。皮膚が薄くて、まー品が良い。すこし前に重心がよってるのが気になるが、昨年新馬勝ちしたシーズンズベストも似たようなところがあったので大丈夫だと思う。
足もとが弱い血統なのでかなりリスクが高く、この価格だと思うが、素質はありそうなんだよね。しかし、同じ1000万ぐらいならスギノセンヒメにいきますね。

アドマイヤテレサの2008(父ハーツクライ)
アドマイヤテレサ

これは写真は好みではないが、この母には期待している。バランスが悪く、腰が高いのはまだまだ成長途上ということで納得する。父ハーツクライもひょろっとした変な馬だったからこんなもんか。ただ母のポテンシャルに期待というところなんだが、3200万は少し高い。初年度のフジキセキ産駒もこの馬も近藤さんが落札しているので、ま、オーナーさんも母の力を信じてるのだろうな。3200万とかで一口で募集されたら手を出してしまいそうだが、やっぱ高いよなぁ。
母ぐらい活躍(1000万下3勝)できれば文句ないが、1000万下を勝てたら合格かなぁ。

と、こんな感じです。5頭だとエスペラーダを除くかな。次はサマーセールとかセレクションやろうかなぁ。

category: 馬を見る目

CM: 2 TB: 0   

いつかほんとに馬を買いたいね 

答えあわせ(Shining Blade)
相馬の自由研究(傍観罪で終身刑)

触発されて私もやってみる。といっても、私はなんとなくセールの時にこれがいい、悪いとかはだらだら言っているので、答え合わせ的なことは個人的にはやってます。ただ、はっきりとシュミレーション、自分がこんだけの資金があったと仮定して、どれにいくか?みたいなことはやってないので、結果が出てもいまいちぱっとしないというとこです。が、とりあえず07年セレクトについてエントリもあるので答え合わせしとく。

セレクトセールが近づいてきた(07セレクトセール1歳)
セレクトセール当歳を(07セレクトセール当歳)

というように、結構暇だったようで書いてます。どちらも一番ええと書いている馬(トーセンジョーダンとトーセンファントム)は島川氏に落札され、どちらも出世頭になってます。が、しかし、高すぎます。どちらも誰が見てもよかったということに間違いなく、こんなの大金持ち、億単位の金を惜しみなく使える人間、そうですね、少なくとも資産が10億貯まってから勝負にいらっしゃいというレベルだと思います。そゆわけで、こんなのを「一番イイ!」って喜んでたあたり、若かったなと思いますし、少しは成長したのかなとも思います。

1歳のほうはエヴリウィスパー以外はまだましな価格帯が並ぶ。
ミッキーシュタルク(母レセヴィブレ)
2300万だったが、それなりの部類だと思う。今年だけでもう8戦しているし、このまま怪我せずいければ、まぁ悪くない馬なのでは。
ボーカリスト(母マストシーストップ)
1勝はしたが、このまま走り続けても…と思う。
ネオアレキサンダー(母ピンクリップス)
新馬を最速上がりで2着。しかし、2戦目で故障、そのままサヨナラ。4700万に見合う活躍ができたかは今となってはわからないが、個人的にはそれなりにはやれたのではないかと思う。
トーセンジョーダン(母エヴリウィスパー)
1億7000万。高すぎだろって。ただ、これから順調にいけば回収できる可能性もあるかも。

当歳のほうは…
フライングブイ(母レディアップステージ)
7400万…高すぎなんだが、新馬戦でも6着。はずれ臭い。
ライジングタイド(母メローフルーツ)
2300万、んー厳しい。4戦して入着が1回。父ファルブラヴはキャラがないというか、ただヘボいのか。
トーセンファントム(母バースデイローズ)
これは当たり。9000万は予想通りやった。
マロノヴィーナス(母タンザナイト)
3800万。モルガナイトの募集価格が1600万ぐらいだったと思うからやたら高い。未デビューです。
ロケットダイヴ(母ビージョイフルアンドリジョイス)
はずれでしょう。
アドマイヤコウテイ(母アドマイヤテレサ)
2900万。セレクトで見るとましな価格だと思う。まだデビューしてないわけですが、こいつはもうすこし見ておきたい。こいつが走らなくても下を追いかけたい。

まーどうなのかね。1歳はセレクトで選んだら誰がやってもこんなもんってイメージです。当歳ははずれ。アドマイヤコウテイあたりには走ってもらいたいが。

各馬それぞれにイメージを持ち、ここまでの価格ならいくとか、この価格帯なら3歳春までに芝で2勝だとか、もっとはっきりしたビジョンを持っていかなあかんかな。そうしないと、あとから振り返っても、なんとなく当たってたね、大はずれや、だけになってしまうと。そゆとこを後悔してます。

詳細に経費を考えて、生涯でプラスに持っていけるのかとかチェックしたいとは思いますが、そこまで物知りじゃありません。たとえば、入厩したら月50万ぐらいでもろもろで年間700万ぐらいと認識してますが、入厩までの牧場にいる間だってもち、金はかかりますしねぇ。出走手当てやらで小金を稼げたりもするんでしょうけど。この程度の知識はありますが、実際一口に手を出したこともないので、詳しい賞金の仕組みも知りません。その辺をしっかり勉強しねえといけないなぁとは思うのですが、馬の写真を見ると夢だけ膨らんでしまうというのが現実です。

以前、ラフィアン初期から一口をやってらっしゃる方にお話を聞いたことがあるのですが、そのとき、「最近は馬を買うときだけ振り込んで、あとの毎月の維持費なんかは賞金とだいたいチャラで消えてる」っておっしゃってました。社台もやってらっしゃって、アイポッパー、レジネッタ、マイネルチャールズやらを立て続けに当てて(といっても、年間200万くらいは使ってらっしゃると思いますが)おられるかたで、そんなもんなのか、と思ってましたが、今は、年間の維持費が出て、調子のいいときは少しプラスになってるってだけですごいことやと思います。

そゆことをふまえると、2000万そこそこの馬なら、賞金で維持費を出しながら、馬代金半分ぐらい回収できたら十分合格ラインなのかなと。となると、2歳時に2勝し、その後毎年ひとつ勝てれば万々歳なんだろうと。また、1000万ぐらいの馬だったら2歳で1勝をとりあえずの目標として、少なくとも3歳春までには勝ってもらわないとならぬ。
まとめると2000万から高くても3000万までの馬で、2歳時に2勝できたらでら合格、1勝でもとりあえずOK。1000万以下の馬は1勝かな。その後頭打ちになっても、それなりに回収できてたら地方やら打つ手はあるわけですし、ええかなと。
こういう感じでセレクトセール、セレクション、サマー、オータムあたりから気になる馬を拾っていこうと思います。今年はサマーとかもネットオンリーではありますがチェックはしていたので、ぼちぼちエントリにしていけると思います。

category: 馬を見る目

CM: 2 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。