Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

そろそろ注目の2歳馬紹介しておきます 

明日から2歳のオープンが始まります。ま、強そうな馬はエイシンパンサーくらいでしょうか。これは相当強そう。

エイシンパンサー

緒戦の上がりが33.9でそのあと未勝利で勝ち上がったオディールなどを完封してるあたり評価できるし。純粋にあがり33.9を軽く出したあたり現時点では抜けている存在でしょう。
父コロナドズクエスト・・・狙ってたが指名するにいたらず。

さて、それと新潟6Rの新馬戦によろしい馬発見。父ギムレットのイノセントスカイ。馬っぷりを見る感じ少し脚長で、華奢に見えるのが気になってPOGでは指名しなかったものの、ギムレットの走る体つきだと思います。

イノセントスカイ





人気ないようでしたら馬券を少し買って楽しもうと思ってます。
スポンサーサイト

category: POG2007-2008

CM: 2 TB: 0   

2007新種牡馬をみとく 

ま、毎年恒例ですが、新種牡馬を一通り見て、評価しておこうと思います。

2007年の新種牡馬リスト

ファルブラヴ
トワイニング
ワイルドラッシュ
コロナドズクエスト
グランデラ
ムーンバラッド

シンボリクリスエス
アグネスデジタル
エイシンプレストン
アグネスフライト

となってるわけですが、ここ数年に比べると少しおとなしい気もします。やっぱ目玉はシンボリクリスエスなんでしょうけども、個人的にはこけるかもしれないなという印象があります。ファルブラヴは何頭かよく見えたんですが、適正があるのかどうか。個人的にはトワイニングコロナドズクエストに注目してみたい。

シンボリクリスエス(父KrisS 母Tee Kay)

まず、種牡馬に大切なのはスピードだと思うのです。もち例外はあるわけですが、そこがこの馬はひっかかるんですよね。2000mの天秋を勝っているとはいえ、スピード感あふれる勝利というよりはパワーでねじ伏せたという印象が・・・。ただ、有馬記念でのあの衝撃のパフォーマンスを見るとなんてことない気もしますが(笑

血統は正直よくわかりません。ロベルト系ですが、母系の血はかなり異系。ま、交配相手に苦労するってことはないと思いますが、繁殖はスピードあふれる馬がいいかなと思います。

あと、産駒の出来ですが、これが微妙。正直クリスエス自体好きな体つきじゃないですし、大体の人が見たらバランス悪っって思うんではないかと思えるくらい不思議な体。
まーってなわけで初年度は見かな。ただ、ブラックパンサーやトゥリオーニあたりは注目しておこうと思ってます。

ファルブラヴ(父Fairy King 母Gift of the Night)

父、母父が同じということでエリシオの失敗がくりかえされるのでは?というのはいろんなとこでいわれている。エリシオの失敗は馬場への適正とスピード不足ってとこなんじゃないかと。
その点では、日本、香港で結果を出しているファルブラヴは心配イランかと。ただ、JCのときにパドックで見た体を思い出すと、かなりごっつい馬だったと思う。産駒をみていると、この時期の2歳でもけっこう筋肉のついている馬も多い。

血統的に見ると、やっぱ北米血統、ミスプロやSSあたりとの相性がキーとなるでしょう。何頭か産駒をみていると、父とはあまりにていないが、やわらかく、バネのありそうな歩様を見せている馬が数頭みられた。そのような馬が結果を残すのではないかと思う。

個人的な注目馬はインユアアームスです。先日新馬戦を快勝した馬もなかなか強そうでしたが。

トワイニング(父フォーティナイナー 母Courtly Dee)

えと、再輸入後の最初の世代。エンドスウィープと同じような可能性を見出せるかってとこなんですが、似てるかは別として、なかなかいい種牡馬ではないかと思う。繁殖記録を見ていると、勝馬率.542はなかなか優秀。勝ち芝平均距離もなかなか長いですし、ただのスピードしかない短距離馬しかださないということもないでしょう。
母Courtly Deeはかなり優秀な繁殖だったようです。ヤマニンパラダイスやノーリーズンの母アンブロジンなどの祖母にあたるようです。そう考えると日本の馬場への適正は高いんじゃないかな。

写真とかあまりないので産駒の出来はわからないが、もしかしたら一発あるかもと思う。

コロナドズクエストはセレクトセールでかなり印象に残ってる産駒が多かったが、POG本で写真を見ると少し固そうにみえた。そのあたりが分からないが、エイシンパンサーは強そうです。

ま、繁殖の質の違いでシンボリクリスエスが新種牡馬チャンピオンになると思うが、トワイニングにも期待したい。

category: POG2007-2008

CM: 0 TB: 0   

2008POGの開幕 

ども、更新遅くなってしまい申し訳ない。最近かなり忙しい、そしてだるい。

いうまでもなく、春のG1は皐月賞よりあとは全滅。今週は狙っていたスイープが回避とかなり厳しい。

そんなわけでPOGのメンバー用に登録したサイトを出しときます。

megahorse(POG集計)

ドラフトは先週の水曜日に行われましたので。ドラフトのやつはいらねーかな。あとで、個人的な指名馬の解説をしときます。今年は誰とも1頭もかぶらず最高のドラフトだったと思います。こりゃ、今年は圧勝だな。

category: POG2007-2008

CM: 0 TB: 0   

セレクトセール出身の馬を 

えとだな、POGについてそろそろまとめていこうと思います。

で、どうしても勝ちに行くには無視できないセレクトセール。昨年までと違うのはイヤリングでの取引の馬がいるってことですわな。このイヤリングにあたりがいるのか?と言われると、俺はあたりがあると思う。なんていうか、セレクトセールの最終目標ってのがイヤリングへの移行なわけですから、ここにいい馬を集めてる可能性はあるんじゃなかろうか。

とりあえずセレクトセール2005の取引馬を見ていこう。

セレクトセール2005 セール結果 [ 価格順全取引結果 ]

アドマイヤテンカ(父アグネスタキオン 母ビワハイジ)

これは当時からいい馬だった。当時タキオンの仔を見たとき、初年度とはだいぶ違う感じでいい馬が多いと感じたが、たしかに今年の2歳はよく見える。
現時点の写真でも体はまだかなり余裕がある状況。だが、骨格もしっかりしていてバランスよく、個人的には昨年のオーラよりもよく見える。

トーセンスターン(父Empire Maker 母ミズストライクゾーン)

血統がよいってのが一番なのだが、馬体も品があってよろしいですよね。気になるのは繋ぎが立ち気味なところかな。ソレを見て少しがっかりです、もともとダートっぽいし、エンパイアメーカーもそーいやアンブライドルドの血統だったりで気まぐれな気がしてきた。

ピイラニハイウェイ(父Silver Deputy 母トロピカルブロッサム)

馬の形はあまり好きじゃない。全体的にパワーを感じないんですよね。スローペースの上がり勝負とかかな。

落札額上位の2頭はおそらくどっちも藤沢だったはず。マストビーラブドのほうは脚がよくなさそう。ローザロバータのほうはフライングアップルに上体はよく似ているが、爪、繋ぎがすこし固そうで気になる。

他で気になるのはエヴリウィスパーの05やヒットザスポットの05あたりが気になるが今年はあんまりいい馬がいない気がする。

で、ここで力尽きたのでイヤリングはまたあとで。

category: POG2007-2008

CM: 0 TB: 0   

ジャングルポケットの種牡馬成績 

ってなわけで、予告どおりジャンポケについて。一回弥生賞前にジャンポケについては書いているはず。

ジャングルポケット産駒はどーなのよ。

と書いたが、現時点での勝ち馬率は.302とだいぶあがってきた。タニノギムレットが.219で、マンハッタンカフェが.346となっているから、悪いわけでもなく、リーディング上位と比べても悪くない数字である。こー調べてみるとマンカフェがSS系の初年度にしては結果を残していると思う。今年の2歳でおおばけもあるのではないか。

初年度出走頭数43頭から3頭の重賞勝ちを出したところを見ても、一発の可能性は高いし、勝ち馬率もなかなかとくれば、これはかなりいい種牡馬と判断していいんじゃなかろうか。

父トニービンはここまでいまいちサイアーラインをつなげるチャンスがなかったが、この馬が大きな仕事をするのかも。なんてったって、母父トニービンで走ってる産駒も多いように、影響力は大きいと思う。

あと、ダートもそれなりにこなしている産駒が多いのも魅力。芝でいきづまったときの逃げ道にもなるし。

2005年度産のラインナップを見てみても分かるように、明らかに昨年よりも強力な布陣。母はローザネイ、レディブロンド、ツィンクルブライド、ファビラスラフィン、アドマイヤサンデー、ラスリングカプス、マンファスなどなど。ただ、けっこうクラブに所属してて、有力個人馬主がつっこんでないのが気になりますな。

最後に血統的な部分を触れておくと、ジャングルポケット自体が、トニービン×Nureyevということで欧州重厚ですわな。そーかんがえると、SSや北米のわけわからん血、ミスプロあたりが母にあったほうがいいのかな、とおもう。実際結果残してる馬はそんな感じだし。そーなるとマンファスとかどーなの?って思う。

category: POG2007-2008

CM: 1 TB: 0   

仲間内のPOGルール(個人的なものです) 

一応ルールです。

1、07年度新馬戦スタートから08年度日本ダービーまでの期間の総賞金で競う。

2、地方競馬、海外競馬に出走した場合、賞金がはっきりと分かる場合に限り、その賞金も加える。

3、05年産で中央競馬の厩舎に所属する馬

4、指名馬の縛りは以下のとおり

基本的にポイント制という形になります。
各人の所持ポイントを100pとして、指名馬のポイント総計が100p以内におさまるように指名してください。しかし、100p以内であっても所有できる最大頭数は12頭とする。

「種牡馬P+母馬P+基礎P=指名馬のポイント」

上記のように指名馬のポイントを出します。

・基礎ポイント

牡馬5P、牝馬3Pとする。

・種牡馬ポイント

適当やからあんまり気にしないでくれ。

3P:アグネスタキオン、ダンスインザダーク、ブライアンズタイム、シンボリクリスエス、ジャングルポケット
2P:フレンチデピュティ、クロフネ、アドマイヤベガ、スペシャルウィーク、フジキセキ、マンハッタンカフェ、タニノギムレット

・母馬ポイント

2P:G1勝ち(日本のみ)
1P:重賞勝ち(日本のみ)

ってなわけで

例)
・エアグルーヴの04
種牡馬3P+母馬2P+基礎5P=10Pとなります。

・シアトルサンセットの04
種牡馬0P+母馬0P+基礎5P=5Pとなります。

と、基本的になっています。そしてドラフトは普通にドラフトをして、同じ順でもし2人の指名馬がかぶった場合は、2人がここまでなら出せるというポイントを同時に指定して、高いポイントを出したほうが所有権を得る。3人かぶっても同じです。

ルールは去年とほとんど同じだ。今週の金曜にドラフトやるつもりです。ま、がんがれ。

category: POG2007-2008

CM: 2 TB: 0   

ファーストインプレッション!!(牡馬) 

さてと・・・例年通りいろいろと講釈を垂れていこうと思うのですが、とりあえずファーストインプレッションでいいと思った馬を理由&感想といっしょに紹介して行こうと思います。完全な自己満足になると思いますがお願いします。

ってなわけで、Gallopの映像とかみながら楽しもうと思います。

とりあえず牡馬編です。

ヒットザスポットの05(父アグネスタキオン)

この馬のひとつ上の姉はセレクトセール時からかなり好馬体だった。その姉がミンティエアーですな。なんというか、俺だけがゆってるタキオンの区別の仕方だと、ロジックタイプとガチガチのどっちかと言われるとロジックタイプですが、適度に筋肉もついていながらやわらかさも見える。
繋ぎもいい角度だし、体のバランスも非常によろしい。ただ、厩舎が疑問。

アドマイヤテンカ(父アグネスタキオン 母ビワハイジ)

これは文句なしに素晴らしい馬。セレクトセールのときからいい馬だなーって思ってたが、ここまでの成長は文句なし。兄は昨年の時点ではいまいち完成されておらず骨格がいまいちに見えたが、この馬はすっきりしていてSS産駒のようなやわらかさを感じる。
ま、去年アドマイヤオーラのことをあんだけぼろかすに言ったことをこの場を借りて謝っておきます。

キタノオゴジョの05(父シンボリクリスエス)

これはキャロット募集のときから気になっていた馬。なかなかいい体つきだし、父クリスエスに似て胸が非常に深いつくりになっている。
クリスエスは初年度からなかなか繁殖を集めているし、何頭かは活躍馬を出すだろうから、うまく走る馬を見抜きたいとこだ。しかし、父の現役時を見ても分かるようにクリスエスはバランスのいいタイプではない。見るとしたら胸の深さと骨格がしっかりしているかどうかだわなー。
この馬は歩様も力強いし楽しみ。

ライクザウインドの05(父シンボリクリスエス)

昨年のセレクトセールイヤリングの目玉といってもよかった馬。ま、簡単に言うとディープの近親です。それ以上にクリスエス産駒にしてはすっきりしていて、とても見栄えがする馬です。ただ、動画を見たがあんまり強い印象はなかった。

ブラックマスタング(父フサイチペガサス 母マダムセクレタリー)

これはかなりよい。セールで入ってきた馬なのかよくわからんが、ノーザンファーム。完全にノーマークの馬だったのでよくわからないがGallopで見た感じでは骨格はいいし、繋ぎもゆるやかなので芝でもいけるんじゃなかろうか。

シャンパンスコール(父デイラミ 母アルリングパーク)

なんていうか、デイラミ産駒ってだけで指名しようと思ってたのだが、DVDを見てびっくり。想像以上にいい馬です。きびきびとした歩様からも前向きな姿勢を感じますし、まだまだ体は完成してませんが、藤沢さんがひさしびりに爆発できるんじゃないだろうか。
けっして短距離馬だとはおもわんが・・。

ま、はっきりいってほかにもいい馬が多いです。ってか、やっぱ良血はすごいですね。リボーズシークレットの05やウォーエンブレム産駒もなかなか。書ききれないからまた明日にでも・・・。

とりあえずデイラミの仔を発見できたのは少しうれしい。

category: POG2007-2008

CM: 3 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。