Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

獣医師の処分が決定 

とりあえず速報だが、以下のような処分が下された模様。

・ディープインパクトの失格に関係した獣医師への措置について

とりあえず、ここでしか出ていない。JRAのホームページにも乗ってないので詳しくは分からないが・・・。

 JRAは、凱旋門賞でディープインパクトが失格となった件に関係していた開業獣医師への措置を以下のように発表した。

『JRAが貸与している診療施設について、6ヶ月間の貸付停止』
(平成18年12月4日から平成19年6月3日まで)

(JRA報道室発表)



ようするにJRAの内部、というか厩舎あたりでの診察はできなくなるということかな?

今回の遠征についていった獣医師がどのような人なのか分からないからなんともいえないが、もし、JRA中心で診察をしているのならば、半年ってのはかなり厳しい処分ともいえるだろう。

ただ、社台とかの個人的にいろんなとこで馬を見ている人ならそれほど影響もないかも・・・。逆に甘い処分なのかもしれない。ま、よーわからん。

(追記)
獣医関連で探してて見つけた記事。

ディープインパクトの体調、獣医も太鼓判

また、日本から開業獣医師の牛屋重人さんも駆け付け、21日から診察を行っているが、「健康状態は大変良好です」と話していた。



たしか治療を始めたのが21日だったはずだから、この方でほぼ間違いないだろう。ただ、やっぱ治療直後でもこーゆーコメントになるんだなぁと・・・。

で、この方は開業獣医だから・・・めちゃめちゃ厳しいということはなさそうですね。
スポンサーサイト

category: 2006凱旋門賞への道

CM: 0 TB: 0   

別の薬物が検出・・・ 

ぐだぐだ長くなりそうなので、分けました。あといろんなブログの意見とかも載せていこうかと思います。

・ディープインパクト 凱旋門賞失格<11/16 20:25>

しかし、また別の薬物が検出されていたことが明らかになっている。



どーゆうことか分かりませんが、なんかここでだけ書いてあるので詳しいことは分からないが、読み飛ばすことはできないので一応ひっかかっておく。ただ、日テレなのであんまり深い意味はないのかも・・・。

ま、動画も見れるのでニュースのほうも見てみてもいいかもしれません。


毎日が馬三昧。。。

正直、調査結果の途中にあるような「事故による薬物の飼料や寝藁への混入」、これはちょっと信じ難い。馬が口にしそうなものへの配慮は馬を扱う人間にとって基本中の基本であり「有り得ないミス」といってもいい。出国からレース出走まで、すべての物事をにまさに石橋を叩いて渡るがごとく慎重に、用意周到に進めてきたディープ陣営が、そんな初歩的なミスを果たして犯すだろうかという疑問。海外遠征慣れし、またJRAや社台を始め多方面からバックアップのあるこの遠征チームがフランスでの禁止薬物(馬の体内から生成されない成分=全ての化学薬品を禁止)について知らないはずがなく、それを検出される可能性について、最大限の注意を払っていただろうことは容易に想像できる。医師に処方されて治療のためにわざわざ投与していたならなおさら。



このお方の意見はものすごくしっくりときますね。ってかまさにそのとおりっって個人的には思います。

一つ気になったのは、以前から一部報道でもコメントされていましたが「ディープが咳の治療を行っていた」という事実。もちろんレース前まではそのような報道はいっさいありませんでした、箝口令もあったかもしれませんが、文章を読むと、9月21日(木)~9月25日(月)の5日間投与したとあります。つまりレースの1週間前まで禁止薬物の投与治療が続けられていたということです。体外に薬物が完全に抜けるまでの期間を考えると一応セーフティなラインとはいえ、結構ギリギリまで使っていたんだなぁと。軽い症状ならわざわざ危険を伴う治療は行わないでしょうから、それなりに症状があったと考えるべきでしょう。



この部分もまったく同じ意見ですね。俺より文章力がはるかにあるので引用させていただきました。

やっぱ7日前ぐらいにはやめておけ、といわれたら普通は7日前にはやめるでしょう。まぁ、9割程度は大丈夫なんでしょうが、あまりにも1割に当たってしまったときのリターンが厳しいのですから、ある程度軽い症状ならギリギリまで遣うことはないはずですよねぇ。

須田鷹雄さんの日記

いろいろ質疑応答の詳細があります。

7.26日以降に投薬されたという見解は、日仏のいずれも持っていない
8.薬品が飛散した際に敷料や乾草に付着し、それがレース直前に馬の体に入ったものと考えられる。
Q「当該薬品は、空気中でそれだけ残りうるものなのか」
A「(西村馬事担当理事)揮発しにくい薬であり、残ることは不自然ではない」
Q「敷料の交換などは行わなかったのか」
A「(池江)敷料は遠征先のパリアス厩舎からほぼ無料で提供してもらっており、なるべく大事に使っていた」
※須田注 敷き藁はボロや尿でひどく汚れた部分を捨て、残りは干して使う。どの程度捨ててどの程度再利用するかはケースバイケース。貧乏馬術部などはとことん再利用。ゼニ余ってた時代の馬事公苑などはバンバン捨てていた。(全くの余談だが須田は学生時代苑に厩舎バイトに行って藁を干していたら、「そんな汚れたところは捨てろ」と言われて貧乏が露見したような恥ずかしい思いをしたことがある)



馬事公苑ですらバンバン捨てるのに・・・ディープインパクトの馬房では1週間もほったらかしですか・・・。

category: 2006凱旋門賞への道

CM: 2 TB: 0   

予想だにしない理由・・・ 

今、外から帰ってきてディープインパクト失格の会見の詳細についてネットで探し回っているところですが・・・すぐ見つけた記事に驚いた・・・。

・ディープインパクト失格、調査結果

5.このようにイプラトロピウム陽性の原因が特定されない状況の中で、池江泰郎調教師は、日本人獣医師と担当きゅう務員から「5日間の吸入治療中、ディープインパクトが暴れた際にディープインパクトに装着したマスクから容器が外れ、霧状化したイプラトロピウムが馬房床に噴霧したことが、2回あった。」と薬物検出後に報告を受けた。

6.池江泰郎調教師は、吸入治療を行った際に馬房床に噴霧したイプラトロピウムが、敷料や乾草に付着して競走当日まで馬房に残り、ディープインパクトが競走の前日から当日の間にそれを摂取した可能性があると申立を行った。

7.以上の状況から、ディープインパクトの検体からイプラトロピウムが検出された原因は明確には特定されなかったが、池江泰郎調教師は、9月21日から9月25日までにディープインパクトに対して行われた吸入治療において、ディープインパクトが暴れた際に馬房内に飛散したイプラトロピウムが敷料や乾草に付着したにも拘わらず、それら敷料、乾草を入れ替えずに放置し、競走前日から当日の間にディープインパクトがそれを摂取したことにより尿検体が陽性となった可能性があり、その不注意の全ての責任は自身にあると申立を行った。



まぢですか?そんなことありえるんですか?ま、私は専門的なことはまったく分からないのですが、量的にも疑問ですし、飼料や、乾草とかって1日で変えるものなんじゃないでしょうか?ま、分からないんですが、このあたりはえろい人が書いてくれるのを待つということで・・・。

ま、とりあえずこんな感じで、随時書き足します。

・ディープインパクト、凱旋門賞失格 禁止薬物の摂取は“不正”ではなく“過失”

それによると、ディープインパクトは9月13日のロンシャン競馬場での追い切り後に軽い咳(せき)をし始め、21日にフランス獣医師の処方によりイプラトロピウムを薬局で購入。その後、21日~25日まで栗東から帯同した獣医師、担当厩務員が吸入器を用いて吸入治療を行った。ただ、吸入治療を行った際にディープインパクトが暴れたために、吸入マスクが外れてイプラトロピウムが馬房内に飛散。同じ出来事が2度あり、それによって敷料や乾草に付着したイプラトロピウムが凱旋門賞当日まで残り(体内に取り入れられた場合は24時間で完全に消滅する)、それをディープインパクトが摂取した可能性が高いという。



そいや、24時間で消えるのか・・・。

治療を行ったのは厩務員・・・

池江調教師は次のように話した。
「言葉の違いもあって、イプラトロピウムが使用されたことについては、私は聞かされておりませんでした。馬が暴れて馬房内に飛び散って敷料や乾草に付着したかもしれないということも、こういうことが起こった後に聞いたものだから、もし、事前に聞いていたのであれば、イプラトロピウムを使うのを止めさせていたと思いますし、あるいは、馬房内の寝ワラなども取り替えただろうと思います。しっかりとしたコミュニケーションが取れていれば……今思えばそれが悔しい。ですが、そうは言っても、すべては私の責任と思っております」



言葉の違いもあって使用を聞いていない・・・そんなことありえますかね?上の話から行くと厩務員が治療を行ったことになってます。この場合厩務員は日本人スタッフのはず。その人が伝えないことがあるんですか?そんなのありえないでしょう。

第一、治療をさせる時点で調教師に判断を仰がないのでしょうか?ましてや、残存してはいけない薬ですよ・・・。

ってか寝ワラってそんなに変えないものなんでしょうか?疑問がいっぱいなんですが・・。

category: 2006凱旋門賞への道

CM: 0 TB: 0   

凱旋門賞を見に行って・・・part1 

フランスの旅行記を少し書いていこうと思います。

最初の今回はやっぱロンシャンの記事を・・・っていっても写真がまだ俺の手元にないので今回は一応携帯でとっていたしょぼい写真をいくつか・・・。

まずあまりにもさびしいディープインパクトの単勝馬券から・・・。

061013_1714~02.jpg



うむ、さびしい。Simple Gと書かれていますが、このあたりについて説明しておくと、Gはガニャンといってフランス語でたぶん単勝という意味です。

そして、下のが入場券ですね。うむ、やたらと高いんですよ。8ユーロですから日本円で1200円ぐらいですかね・・・。日本だったら200円なのにぃ!!

061013_1714~01.jpg



で、下がレーシングプログラムです。出来はいわれているほど日本と違いはないと思います。というか、昔のレーシングプログラムに近いですね。関係ないですが、個人的にはJRAの昔の細いのが好きです。

061013_1827~02.jpg


061013_1826~01.jpg


ま、そんな感じでまたこんどはロンシャンの様子を書きます。

category: 2006凱旋門賞への道

CM: 0 TB: 0   

フランスから帰ってきました。 

ども、ごぶさたしております。フランスより帰ってまいりました。

ディープインパクトは残念でしたね。4コーナー回ったところでは、ゴールはまだまだ先ということも忘れて鳥肌が立ちましたが・・・現実は厳しかったですね。

ただ、ロンシャンでの光景は異常という一言に尽きると思います。実際の人数はそこまでではないでしょうが、日本人が半分ぐらいはいるイメージでした。

混雑が予想されるということだったので、開門時間ぐらいにいったのですが、入場券を買うための列はすでに1000人以上はならんでおり、入場門のまえには日本人のひとだかりが・・・。

開門と同時にダッシュする日本人・・・それを見て、ドン引き&失笑の現地人、フランスのマダム・・・その光景を見てどーすればいいかわからない俺・・・。

ロンシャン競馬場なのに、なぜか日本語でアナウンスがあるしまつ・・・ロンドン、パリの観光地を回ってきていた私は友人とテンション劇下がりでした。なぜにフランスに来てこんなところ、こんな雰囲気のところにこなくちゃならんのかと・・・。

このときになって初めて違和感を覚えたわけです。ディープの勝利は俺の中では普通にあると思っていたし、まったく負けるイメージがなかったというのは前にも言ったとおりです。しかし、ここにいる多くの日本人は俺なんかよりももっとディープインパクトを愛しているんだなと・・・みんなすげぇと思いました。

このときいやな予感がしました。この雰囲気の中で勝てるのか・・・勝ったらどーなるんだ?と思ってるうちにオペラ賞やらなかなかいいレースがあって普通に楽しんでました。

そんなこんなで凱旋門賞のパドックとなり、いつになく落ち着いていて、めちゃめちゃいい感じのディープインパクトを見て、こりゃいけるぞ!と意気込む俺・・・しかしスタートでポーンと先頭に立ってしまう。そこからはみなさんが知っているとおり。

馬券は取ったんです・・・プライドは持ってなかったですが、Rail Linkは気にしていた馬だったので、ま、それなりの利益は得たわけです。

んー残念でしたね。しかし、これが競馬だし、私は近い将来日本調教馬が凱旋門賞を制するときが来ると思ってます。

ま、そのうち写真とかもアップしていく予定なのでよろしくお願いします。。

category: 2006凱旋門賞への道

CM: 1 TB: 0   

勝つ気しかしねぇ。 

さてと、明日フランスへと旅立ちます。

もう凱旋門賞がすぐそこまで迫ってきました。

正直、本番が迫ってくるにつれ、なんか知らんがディープインパクトが勝つ気しかしません。

ま、わかりませんが個人的には今年のメンバーはそんなに強いとは思いません。個人的にはやっぱ強い3歳がいるときが好きなんでねー。あんまShiroccoが勝つイメージとかわかないんですよね。

なんていいながら、先日フランスのガイドブックとか見てたら、やっぱりパリって面白そう。ぶっちゃけ競馬も楽しみだけど、観光がメインだわなーやっぱり。

というわけで無事に帰ってこれることを祈りつつ、札幌2歳Sはフサイチオフトラが圧勝すると予言して旅立ちます。

category: 2006凱旋門賞への道

CM: 4 TB: 0   

やはりDeep Impact単独1番人気に! 

やはり・・・というかまぁそーなりますよね。

先日書いたようにディープインパクトの1週前追いきりでのラスト1ハロン11秒フラットはそれほどまでにインパクトを与えたんでしょうな。

凱旋門賞オッズ

見事にBetfairでは単独の1番人気に・・・。こりゃあ興奮してきましたな。

category: 2006凱旋門賞への道

CM: 0 TB: 0   

Deep Impact文句なしの調整!? 

deep_impact_long510.jpg


・レーシングポストの記事

・ディープインパクト、青写真通りの一週前追い切り

1週前追い切りが行われたわけですが、相当いい動きだったみたいです。今回は豊ではなく調教助手を乗せてだったようです。

エーグル調教場内の芝・ロンドコース(1周2.850m)を単走で、6Fから(77-65-50-36-11秒程度)追い切り。(池江敏行調教助手騎乗)



ちょっち速くね?ま、向こうのことはよくわからないですが…。と思ったら、やっぱRacing Postにもとりあげられちょる!

Sent to Les Aigles training complex at Chantilly, the superstar colt produced a gallop that impressed not only trainer Yasuo Ikee, but also clockwatchers as he completed the final furlong of his workout in 11 seconds.



調教師の池江師だけでなく、計測を行っている記者たちに強い印象を残した・・・んだそうだ。

こりゃあと1週間怪我せずになんとかがんばってほしい。

category: 2006凱旋門賞への道

CM: 0 TB: 0   

ディープインパクトついに1番人気に!! 

deep_impact_wraps_spl.jpg


なんとさっきオッズチェッカーを見てみるとBetfairでの凱旋門賞でのオッズがHurricane Runと並んで1番人気になってます!

Prix de L Arc de Triomphe Odds

つい先日までは僅差ながらHurricane Runが1番人気だったはず・・・。ということは先日の調教での評価がよかったということなんでしょうかね?

category: 2006凱旋門賞への道

CM: 0 TB: 0   

競馬場へ行く前に何しようかなぁ 

さてさて、競馬場にはたどり着いたとしましょう・・・。

しかし、馬券を買おうってなったときに・・・レーシングプログラムだけでは少し心もとない・・・。ってなわけでしっかり競馬新聞を買っていきましょう。

ってなわけで下のページでお勉強。

・フランス競馬新聞の見方、予想の仕方

ってなわけでPARIS-TURF紙を買うことにしましょう。たとえば日本でしたら競馬場の周りだったらどこでも売ってるから別に考える必要はないんでしょうけど、まさかお高くとまっているおフランスだったら、なかなか買えないかもしれない。ってなわけできっちりシュミレーションしていかなくてわ!!

ここからはウザい妄想をお楽しみください。

朝、目覚めると、そこには目の前にはセーヌ川が流れている。あー俺もパリでセレブな人の仲間入りか・・・。

さてと、競馬場に行くかと、パリ市内から地下鉄に乗ろうとする俺・・・

「あ、しまった競馬新聞買ってない。電車で暇だから予想するべ!!」ってな感じで意気込む俺。競馬新聞、パリテュルフが売っているキオスクを探す俺。あ、あったあった。

「ボンジュール。これくださいな。」と新聞を指差し、お金を払うと、店員さんは親指を立てて・・・「グッドラック!」とかっこよく決めてくれた。永瀬を思い出しながら、妻夫木は禿げたなぁとか思いつつ、紙面に目を移した・・・。


妄想終わり・・・たぶんこんな感じで買えるはず。ただ、金額とかまったくわからん。詳しいところはさっきのページを見たらわかります。

category: 2006凱旋門賞への道

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。