Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ドリームジャーニーの距離適正 

昨日は弥生賞ネタでタスカータソルテを見てみたので、今回は実績ではいちばんのドリームジャーニーを見てみることにしましょう。たぶんアドマイヤオーラのほうが1番人気でしょうが、個人的にはこっちのほうが断然すきなんですよね。

で、いろんなとこで言われてるのが距離が長いんじゃないかなってことですよね。そこを今回は考えてみようかなとおもいます。

まず、これまでの戦跡を見ると、やっぱ1800mで敗れてるってのがあるのですが、これは相手も強いですし、府中が苦手ってのはあると思います。

あと、体型的なところを見てみると、ブックのホームページを見てもらうといいのですが。

ドリームジャーニー@photoパドック

マイラーといわれているが、俺はそうは思わない。全体的にこじんまりしているから、胴がつまっているように見えるかも知らんがそんなことはないだろう。首も細いしぜんぜんいけるんじゃなかろうか。ただ、余裕残しであることは確かだろう。

ドリームジャーニー@netkeiba

ドリームジャーニー血統表

ま、父と母父だけ見たら距離は持つだろって単純に思ってしまいますが、そこは繁殖成績を見てみます。母はこの馬が始めての産駒なんでなんともいえないですが、戦績を見てると長い距離は走ってないのでなんともいえないが、母エレクトロアートの成績から短い距離、あくまで2000までの馬だったんだろうと思います。ステイゴールドの産駒成績を見ても分かるように、結構2000m以上を得意にしてる馬もいます。

あとノーザンテーストのクロスってことになると思うのですが、これで距離適正がどうか分からないですが、馬体を見ている限り、ステイゴールドに似てると思うんですよ。決してマックイーンやノーザンテーストではなくてね。まーそう考えるとけっこう器用にたちまわって距離もしっかり持つんじゃないでしょうかね。

ってなわけで、自分の好きな馬なので無理やり距離持ちますよって言ってみたが、走ってみなきゃわからんわな(笑
アドマイヤオーラって言う強敵を倒せたらいいなーってかんじですたい。
スポンサーサイト

category: 血統研究

CM: 2 TB: 0   

ジャングルポケット産駒はどーなのよ。 

ども、おひさしぶりです。いろいろあってご無沙汰でした。ま、ダビスタが忙しかっただけです(笑

で、多田氏についていい加減に書こうと思ったのですが、いざ書くとなるとそんなに書くことも見つからないと言うか・・・まとめづらいんですよね。セールで暴れ始める以前のことはよくわからないですし・・・。ま、でも私なりにまとめてみるつもりではいます。

そんなわけで気がつけばもう2月もおわるこんな時期ですね。そして今週は弥生賞とチューリップ賞ですね。もうクラシック戦線も本格化です。

ってなわけで、弥生賞の出走馬を見てて、タスカータソルテが問題かなと思った。もちろんドリームジャーニーやアドマイヤオーラで固いと思うのですが、このジャングルポケット産駒は扱いづらいと思った。

もともと、わたしゃジャングルポケット産駒は走らないだろうと思っていただけに、フサイチホウオーに続いて、トーセンキャプテンなんて馬が出てきたことにかなり驚いておるわけです。

そんなわけでかなり無理やりな流れですが、ジャングルポケットの産駒成績についてみてみたいと思います。

ジャングルポケット繁殖成績@netkeiba

新種牡馬としての昨年の勝ち馬率が0.174ってのはやっぱり低いし、そんなにいい数字ではないですよね。昨年のフレッシュマンサイアーたちと比べてみると・・・タニノギムレットが0.140、マンハッタンカフェが0.189、アドマイヤコジーンが0.407となってるのを見るといかん数字ですね。もっというと、去年のフレッシュマンはレベルが低かったとは思わないけれども、アベレージが高い馬があんまりいないとは思います。

ただ、いま初めてアドマイヤコジーンの数字を見たのですが、こりゃあなかなかいい数字なのではないでしょうか?ただ、血統からもクラシックで活躍はできないでしょうから、そのあたりをいかにして克服ってか、どんな路線で戦えるかってとこかな。実際今年にはいってから結果出てないし。

一昨年のフレッシュマンサイアーを見てみると、タキオンもクロフネも0.385と0.273ですから、こーやってみると昨年が低いと言うか、一昨年が強いと言うか。

ただ、ジャングルポケットはフサイチホウオーという疑いようもない大物を出していますし、来年以降も素晴らしい繁殖との仔が控えていますから、種牡馬としてこれからもいい子を出すと思います。しかし、いまいち全体的にレベルが高いとは思えないんですな。

で、フサイチホウオーだけ別格で、トーセンキャプテンやタスカータソルテあたりはそんなにではないのかね。

大体、タスカータソルテの前走を見てみると、

8 R 福寿草特別@netkeiba

12.6-11.7-12.6-12.7-12.5-12.5-12.3-12.4-12.5-12.3

で、上がり36.1ってのはいかんですよ。これは相手が弱かったんでしょう。こりゃあいらんだろってのが結論。

ただ、初年度からあんな大物を出したジャングルポケットは凄いと思うのですが、まだ少し疑ってかかってもいいんじゃないかなとおもってます。

category: 血統研究

CM: 2 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。