Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

第71回 皐月賞予想 

共同通信杯 ベルシャザール
共同通信杯 ベルシャザール posted by (C)荒川久美子
当時はまだ松国体型ではなかったが、それに耐えられるだけの大きさ、作りを持っている馬なのでは、という印象だった。

ひさしぶりに馬券的にそそられるG1ということで少し自分の整理がてら書いてみようかななんて。今週からWIN5とかいう貧乏人が楽しめそうな馬券も始まりますし、小金を使いながら楽しめたらなと思ってます。

皐月賞枠順
1-1 ステラロッサ(牡3、川田将雅、栗・角居勝彦)
1-2 ダノンバラード(牡3、武豊、栗・池江泰寿)
2-3 ノーザンリバー(牡3、四位洋文、栗・浅見秀一)
2-4 サダムパテック(牡3、岩田康誠、栗・西園正都)
3-5 ナカヤマナイト(牡3、柴田善臣、美・二ノ宮敬宇)
3-6 ダノンミル(牡3、内田博幸、栗・藤原英昭)
4-7 ロッカヴェラーノ(牡3、吉田豊、栗・中村均)
4-8 ビッグロマンス(牡3、北村宏司、美・河野通文)
5-9 カフナ(牡3、丸山元気、栗・池江泰寿)
5-10 エイシンオスマン(牡3、後藤浩輝、栗・松永昌博)
6-11 ベルシャザール(牡3、安藤勝己、栗・松田国英)
6-12 オルフェーヴル(牡3、池添謙一、栗・池江泰寿)
7-13 リベルタス(牡3、横山典弘、栗・角居勝彦)
7-14 フェイトフルウォー(牡3、田中勝春、美・伊藤伸一)
7-15 デボネア(牡3、佐藤哲三、栗・中竹和也)
8-16 トーセンラー(牡3、蛯名正義、栗・藤原英昭)
8-17 プレイ(牡3、松岡正海、美・斎藤誠)
8-18 オールアズワン(牡3、藤田伸二、栗・領家政蔵)



さて、牝馬路線と異なり、明らかな主役不在。東スポ杯、弥生賞勝ちと見ると例年ならこいつでいいじゃんって簡単に思ったりするかもだが、いかんせんサダムパテックという名前が…とかくだらないことを考えてしまう。ずっと言われてるようにホープフルSのレベルは高いと思うし、ラジ日経のレベルは低いってのも分かるし、それでいいと思う。

となると、ステップレースではどのレースに注目するかなってとこから考えてみたんだけど、若葉Sって一番ここには繋がらないんじゃないの?って気がするのよね。内容がいいってのも分かるし、中山開催ならばこの結果は重視していいと思うのだけれど、このメンバー、現時点での府中2000でそんな消耗戦になるかねぇって疑問が。つきつめるまでもなく、ここの判断で予想が180度変わってしまうようなメンバーだし、そこが全てだとも。個人的には普通に瞬発力勝負になって、あークソレースだぁって流れになんじゃねえのと、いや、俺はクソレースとかゆったことないけどね、ロジのダービー以外では…というように土曜日の競馬を見るまでは考えていた

が、今日の芝見てると、重馬場だったってのもあるが、明日も瞬発力勝負になるわけなくねぇかというようなレースばかり。もちろん馬場は回復するんだろうけど、レースを作る、展開を決めるのは騎手なわけで、そやつらのイメージが決まってしまっちゃうところがあったりするだろうなと。

さて、そうなるとキレを生かすタイプ、特にサッと前につけることが出来ないタイプの馬は洋ナシとなる可能性は高い。直線向いて先頭うかがえる位置にいないとだろうなと。そうなると小回りで結果出してきて、タイムももってる若葉S組なんてのは切れないですよね。
ダノンミルのほうは父ジャンポケということで府中いいじゃんと単純に考えたりするが、実は小回り得意だったりする産駒多し。カフナもダノンミルとこのレースの内容からは大差はないと思う。母ピンクパピヨンってことはベッラレイアの近親だ、この舞台合ったりして。

ダノンミルはやたらいろんなかたが取り上げているのですが、これまでの実績から消耗戦になったらプレイのほうが上だろと思うし、レースの展開を握り、支配する可能性が高いのはこっちだろう。前走なんかも決して得意な展開ではなかったが、自ら動いてなんとか形にした。枠だけが気がかりだが、ダノンミルに向く展開ならこっちのほうが上位にいる気はする。

ただ、ここであげた3頭は回復した馬場で上がりそこまで出せるかってのは疑問だったり。そんななかで、それなりのペースを前で競馬して、上がりまとめられるのはベルシャザールでしょと。スプリングSは完全にオルフェーブル向きだったし、勝負どころで寄られながらもよく粘ったと思う。やはり力はあるし、ここでは逆転に違いない、信じる。いや、もうこれは意地だよね。

で、フローラSをステゴ産駒が勝ったために少しくらいオッズに変動ありそうにも思う3頭。オルフェーブルは意外にタフなレースはこなすかもと思うが、左回りがマイナスかな。新潟のメイクデビューですっごいふらふらして、最後ろくに追えてないのがどうも怖い。ナカヤマナイトは共同通信杯見る限り使える脚も短い、で、ひさしぶりで前につけられるとも思えず。人気は一番低いが、フェイトフルウォーはタフなレースで本領発揮できそうよね。ただ、仕上がりが疑問ではある。

サダムパテックはスローで流れたら、あっさりもあるとは思うが、まーそうはならんだろ。弥生賞で仕上がり途上とはいえ、後続を離せなかったのが気になる。
あと、デボネア、ノーザンリバーは一応買う。ステラロッサは母父ストームキャットがイメージ悪い。ダノンバラードは体はでら父似やが、坂路乗り込んでたようで、その調教がなかなか良く見えた。ま、ないと思うけど。リベルタスはディープというよりはカーリングの仔と考えてる。脚は遅いけど、能力はあるかなと。ただ、前につけられるのかどうか非常に疑問。でも、こわい。

◎ベルシャザール
○プレイ
▲カフナ
△ダノンミル
注ノーザンリバー

印はこんなかんじで。ノーザンリバーは枠もいいし、なかなかとまらないなんてことがあるかもと。
スポンサーサイト

category: 馬券予想

CM: 2 TB: 0   

レッドシューター 

ども、こんちぃわ。レッドシューター強かったですね。これは楽しみ。ここまで休んだ藤沢流がよかったですな。

ここまでの結果見てると普通にきれる脚のある馬でいいような。

んーそうなると思いのほかハシッテホシーノが気になる。しかし、チャカチャカしだしとるなぁ。
この馬ピサノカルティエに勝ってるんですよね。しかも、最後追い比べて勝ってる。んーいまいち人気してないし、買ってもええなぁ。

あと、パドックでよく見えたのは、ピースエンブレム、ラークキャロル、エオリアンハープというとこでしょうか。
ミクロコスモスは落ち着いてますし、相変わらずいいですね。これは素質はかなりありそうなんですけどね。
ディアジーナは愛するマックの仔ってだけでも買わないといけないと思うのですが、やっぱ硬いかなぁ。馬場がよくなってるみたいだし、あんまそそられない。

こうなるとミクロコスモス軸でええやと。

お、ウォータクティクス強い。ダート路線おもしろいなぁ。

category: 馬券予想

CM: 0 TB: 0   

グランプリですな。 

ふーほんまごぶさたです。申し訳ない。今年はほんまに何も書かない1年でしたね。情けない限りです・・・。

なんで、こんなにやるきなかったのかわかりませんが、あんま競馬を見てない一年でしたな。なかなか、レース自体はおもしろいのが多かったと思いますよ。

そんなわけで1年の総決算、有馬記念です。

メンバーもかなりそろっていて、これほど充実しているのはひさしぶりじゃなかろーか。ま、完全に個人的なイメージなわけですが。そんなわけで馬券もおもしろいですが、相当いいレース、もち今年最高のレースになるだろうと、勝手に楽しみにしてます。実際ここ勝った馬が年度代表馬じゃね?
んなわけで予想する。

まず、ここの本命は宝塚記念おわったときから決まってた。もちろんポップロックどす。もちろん、2200、2500mでの成績がいい、つまりここに適性がある。それだけの理由です。エリシオ産駒ってのもありますし、すこーしおもいかんじ、切れる感じじゃないだろうとのイメージとあいまって、もーここしかないだろうと。
しかし、この秋の成績をどうとらえたらいいのかが微妙なんですよね。ま、天秋4着、JC2着とよろしいのですが、俺の予想ではこんなに好走するとはおもってなかったので、その疲れも心配ですが、それ以上に、普通にチャンピオンディスタンスに適性があるんじゃねえの?っておもっとります。まーんなわけないとおもいます。
そのようにやっぱこの有馬の舞台がばっちしで、疲れがたまってないとするならば、ここは突き抜ける可能性すらあると思いますね。

そして、やっぱ今年天皇賞春秋連覇を成し遂げたメイショウサムソン。これがいまいちなんじゃないかと思いますね。JCでの走りはあきらかに天秋とは違ったなとおもいますし、ここで立て直してこれるのかはかなり疑問ですし、どっちかっていうとこの舞台は向かないかもとおもいます。

んー次はダイワスカーレットかな。正直この1年この馬を軽視しつづけてきたわけだ。しかし、エリ女での走りを見るとまー2500でも走れてしまうのか?って思う。ただ、タキオンであの体つきじゃあ、こんな舞台で来るイメージはまったくないのですが・・・。戦績だけ見せられるとぶったぎるわけにはいかないですわな。

ロックドゥカンブは南半球産ってハンデがあるっちゃあるが、たいして違わんだろ。そんなのあんま気にしなくていいぐらいこの馬は強いと思いますよ。菊花賞はたぶんこの馬にそんなに向いてなかったと思うし、あのポジションからあんだけ伸びてきたってのは評価せざるおえない。フェアリーキングにロベルト系ってのはきれるうまってことはないだろうが、追って味のある馬だと思う。現に4コーナーでのずぶさはやばい。まー自在性のアル馬だし、俺の目がまちがってなかったら、それなりにはくるとおもいます。

ウオッカは強い。しかし、この馬は切れ味タイプよね。やからどう乗るか、やっぱり勝つならJCやったかなとおもうし、今回は四位じゃあどうにもならんだろ。スローであがり勝負、奇跡みたいに展開が向かないときびしいでしょうな。

あとは、前走復活のハイアーゲーム、フサイチパンドラ、マツリダ、デルタあたりまで注意したい。

◎ポップロック
○ロックドゥカンブ
▲メイショウサムソン
△ダイワスカーレット
×フサイチパンドラ
×ハイアーゲーム

かなぁ。

category: 馬券予想

CM: 1 TB: 0   

超適当に予想 

ま、またおひさです。この前の爆あたりからまったく予想がかすりもせず、馬券を買う時点で当たる気がしないんですが・・・。

今日は結構自信があるのですが、都合で買えない・・・というか、パットに金入れ忘れた。

というわけで、久しぶりにブログで予想だけという形にします。こーゆーときはやたらあたるんですよね。

※( )内は性齢、騎手・調教師
1-1 コイウタ(牝4、吉田隼人・奥平雅士)
1-2 エイシンドーバー(牡5、C.ルメール・小崎憲)
2-3 キングストレイル(牡5、岩田康誠・藤沢和雄)
2-4 マイネルシーガル(牡3、後藤浩輝・国枝栄)
3-5 ローエングリン(牡8、武幸四郎・伊藤正徳)
3-6 フサイチリシャール(牡4、O.ペリエ・松田国英)
4-7 スーパーホーネット(牡4、藤岡佑介・矢作芳人)
4-8 ダイワメジャー(牡6、安藤勝己・上原博之)
5-9 カンパニー(牡6、福永祐一・音無秀孝)
5-10 トウショウカレッジ(牡5、池添謙一・池添兼雄)
6-11 スズカフェニックス(牡5、武豊・橋田満)
6-12 アグネスアーク(牡4、藤田伸二・河内洋)
7-13 ローレルゲレイロ(牡3、和田竜二・昆貢)
7-14 ピンクカメオ(牝3、四位洋文・国枝栄)
7-15 ジョリーダンス(牝6、川田将雅・堀宣行)
8-16 ピカレスクコート(牡5、秋山真一郎・池江泰寿)
8-17 ベクラックス(セン5、R.ムーア・N.ドライスデール)
8-18 サンバレンティン(牡6、角田晃一・佐々木晶三)



まずダイワメジャーなんだが、1番人気となると配当的に評価を下げるしかないですな。実際前走は手ごたえなかったし、昨年の出来とはかなりちがいます。パドックを見ていても、やわらかさはあるのですが、力強さを感じ取れない。

となると、スズカフェニックス、アグネスアーク、カンパニーあたりが本命候補になるのですが、一番信用できるのはアグネスアークかな。ここで3番人気というのはまだ、世間的には半信半疑ということですから、狙える最後のチャンスかも。体は前走よりよくなってますし、マイルをこなせるなら文句なし。ただ、個人的にはジャパンカップとかのほうが自信を持って買えたなぁ。

そして、スズカフェニックス。脚質的に、これまでのレース振りからこの舞台はべすとじゃないか?とまで思う。ま、負けるときはあっさり負けそう。

カンパニーも強いと思うが、この馬の場合、左回りがすごくいいんだとおもう。長くいい足をつかうけど、まくっていくには展開が向かないとなー。

あとは、パドックのよしあしも含めての判断となるが、エイシンドーバー、キングストレイル、マイネルシーガル、ダイワメジャー、ジョリーダンスあたりを手広く押さえたいと思う。
特に、エイシンドーバーとジョリーダンスはかなり怖い。

◎アグネスアーク
○スズカフェニックス
▲カンパニー
△エイシンドーバー
△ジョリーダンス
×ダイワメジャー
×キングストレイル
×マイネルシーガル

印おおいな・・・。

category: 馬券予想

CM: 0 TB: 0   

ひとこと・・・ 

もうだめです・・・。

見苦しい予想をさらしてしまい申し訳ない。6頭も印をつけて、掲示板に乗ったのはなんと・・・1頭だけ。

しかも人気上位で切った馬だけで決まるという奇跡的な予想。

テレビで予想してデビルと呼ばれるかわいいおねえちゃんたちは、たいていどのレースも1頭しか予想してないはず・・・。

しかし、俺はそんじょそこらのお嬢さんたちとは違います。

なんと自信満々に前日に延々と講釈をたれておいて・・・6頭中1頭も馬券に絡まず、掲示板にもわずか1頭・・・。

がんばれおれ。

category: 馬券予想

CM: 0 TB: 0   

こんどこそコスモシンドラーじゃ・・・ 

ども。今日は7Rから参戦したが、万馬券なんどもかすったが、ひとつもとれず。メインと最終は1番人気をぶったぎって、2着、3着、4着があるものの・・・って感じだった。

はぁ・・・ま、そんなに感覚はずれてないということでがんばる。

明日は2つ重賞がありますが、まともにあたりそうなのは函館スプリントのほうですかね。

過去の函館スプリント

ここ最近の函館の結果を見てみると、欧州っぽい血がやっぱり多い。ノーザンテーストも結構来てる。やっぱ切れ味勝負ってかんじではなく、パワー勝負なんでしょうね。

血統的には、

タマモホットプレイ、アンバージャック、リキアイタイカン、ワイルドシャウト、アドマイヤホクト、コスモシンドラー、タニノマティーニ

あたりか。ま、ここまで書いてしまえば、もう本命はおわかりでしょう。俺が今年やまほど金をつぎ込んで、1銭も回収できていないコスモシンドラーです。

はっきり言ってもろ鞍上強化ですし、もう絡むとしたらここしかないでしょう。ま、ただ、ここで暴走したからこれまで当たらなかったわけで、少し冷静になって見ます。

ってなわけで、ここ数年のラップを見てみると、

06年
12.2-10.7-11.2-11.6-11.8-11.6
34.1-35.0

05年
12.2-10.4-11-11.5-11.6-12.3
33.6-35.4

04年
11.8-10.6-11.3-11.8-11.5-12.4
33.7-35.7

03年
11.8-10.5-11.2-11.6-11.7-12.5
33.5-35.8

02年
12-10.4-11.1-12-12.3-12.5
33.5-36.8

ってな感じです。こーやってみるとすぐにわかるように昨年のラップはかなり特殊ですよね。明らかにペースとろかったんでしょうね。そして切れ味勝負となった。だから、シーイズトウショウでも負けてしまったと。これはかなり納得、ビーナスラインってどーもイメージと違うんですよね。ただ、キーンランドCで3着ってのをどーみるかなんですがな・・・。

去年とよく似たラップは2000年かなとおもう。

12.2-10.6-11.1-11.4-11.8-11.6

かなり似てる。この年は完全に前残りだったわけだが・・・。しかし、次の年例年のラップでダーリングとタイキトレジャーが絡んでるわけです。

こーゆうラストがかかるラップになると仮定したとき、まず、ブラックバースピンがいらないですね。血統もアメリカだし、これまでもちんたら上がり勝負って匂いがぷんぷんする。

アグネスラズベリも正直微妙。去年のCBC賞がよく似たラップなんですが、ここで1番人気で惨敗。

ビーナスラインは高松宮記念での4着は評価したいが、レースタイプは似てないね。

逆によさげなのは福島民報杯で好走している馬とか。アンバージャックとかはこのあたりがベストなんじゃねーかと思うし、パラダイスクリーク産駒は今日も絡んでた。あと、ツルガオカハヤテやブルーショットガンも捨てられない。

あと、ファルコンSでタフなところを見せているアドマイヤホクトもいい。ただ、喉なりが怖い。

ワイルドシャウトはどこまで仕上がってるかが問題なのでしょうけど、力はかなりあるし、このレースへの適正も高いでしょう。積極的に狙いたい馬です。

このあたりかな。ペースがあまり速くなりそうにないのが一番怖いのだが、例年通りと考えて、印を付けると

◎コスモシンドラー
○アンバージャック
▲アドマイヤホクト
△ビーナスライン
△ワイルドシャウト
×ブルーショットガン

かな、正直コスモシンドラーは意地みたいなところはある。
馬券は◎から手広く馬連、3連複買って、◎○からは3連単マルチで。

category: 馬券予想

CM: 0 TB: 0   

大混戦だ・・・しかし、まさに俺の舞台 

とりあえず、ご無沙汰しております。ひさしぶりのG1なんで予想しますかー。なんか最近いろいろあるようですが、書く暇がございませんし、私にはよくわかりません。岩手競馬についてはShining Bladeさまのを読むのがいいと思います。
あとは、jpn1とかいうホットなネタもありますが、まーしゃーないだろと。

( )内は性齢、騎手・調教師
1-1 シーイズトウショウ(牝7、池添謙一・鶴留明雄)
1-2 アンバージャック(牡4、横山典弘・中野隆良)
2-3 サチノスイーティー(牝4、吉田隼人・平井雄二)
2-4 ビーナスライン(牝6、秋山真一郎・堀宣行)
3-5 ディバインシルバー(牡9、穂苅寿彦・和田正道)
3-6 キーンランドスワン(牡8、吉田稔・森秀行)
4-7 スピニングノアール(牡6、福永祐一・長浜博之)
4-8 スズカフェニックス(牡5、武豊・橋田満)
5-9 マイネルスケルツィ(牡4、柴田善臣・稲葉隆一)
5-10 モンローブロンド(牝5、岡部誠・安田隆行)
6-11 プリサイスマシーン(牡8、安藤勝己・萩原清)
6-12 エムオーウイナー(牡6、小牧太・服部利之)
7-13 タマモホットプレイ(牡6、渡辺薫彦・南井克巳)
7-14 リキアイタイカン(牡9、中舘英二・阿部新生)
7-15 コスモフォーチュン(牝5、川島信二・宮徹)
8-16 オレハマッテルゼ(牡7、後藤浩輝・音無秀孝)
8-17 ペールギュント(牡5、上村洋行・橋口弘次郎)
8-18 スリーアベニュー(牡5、田中勝春・小野幸治)



ってなわけで、久しぶり穴党にとってはたまらないレースですね。こりゃー荒れるでしょう。というわけでしっかり予想して行こうとおもう。

まず、過去のレースを見ていったのですが、たぶんこれは固くおさまる気がしてきた。今年のメンツはまず弱い。このことを頭に叩き込んで過去のレースを見ていくと、ビリーヴやショウナンカンプ、デュランダルみたいなのが走ってるレースとは一味違うのです!

ってなわけで、去年や一昨年あたりのレースチックになると思う。ってかスズカフェニックスがアドマイヤマックスのイメージでいいんじゃないかね。

あと、この時期の中京はやっぱ外差し馬場になってるみたいで、基本的に外を伸びた馬が勝ってます。ま、なんていうか凄い適当だけど、こーいうときは前に行った馬が残ると言うことはあんまりなさげ。
イメージとしては中段からばらけた真ん中を速めに抜け出した馬を、後ろから切れ味ある馬が外から差しきるという感じか。

で、展開を考えようぜ。ふー、なんか行くといってる馬が多いみたいです。エムオーウィナーがどうするか見ものです。小牧は行くと思うのですが、そうなってしまうと絡むのは厳しいのではないだろうか。だから4,5番手というのが理想ですな。

そこでそとから最後に突っ込んできそうなのはと探してみたら、騎手とかの要素を考えると、スズカフェニックスプリサイスマシーン、スピニングノアール、ホットプレイ、リキアイタイカンかな。

普通に考えるとここまで戦ってきたレベルの高いのは、やっぱスズカですな。しかもほぼ確実に切れる脚は信用していいでしょう。ただ、ここ最近で唯一メンバー最速の上がりじゃなかったのがやや重のレースと言うのは少し気になる。ただスプリント戦は向くはず。

あと、プリサイスマシーンは個人的に年は気にする必要はないと思う。そう考えると昨年秋から充実期に入っていると見ていいのではないだろうか。しかも中京巧者でSS、ノーザンテーストという血もある。そう考えるとここは軸にしてもいいと。あとは騎手なんですが、今乗りに乗ってるし、うまくやってくれると期待します。

スピニングもホットプレイも飛んできそうだが、このメンバーではいらんし、ホットプレイは中京は無理でしょ。リキアイタイカンは前走見所有。ここでも紐候補。

さて、で、ある程度まえで競馬をしそうな馬が結構いるんですよね。エムオーウィナースケルツィサチノスイーティー、シーイズトウショウ、コスモフォーチュンとかか。

で、ディバインシルバーが行くらしいので、その後にコスモ、サチノ、エムオーあたりが続くと。更に後ろにシーイズやスケルツィかなぁ、あとアンバージャックもそのあたりにいるかも。
そうなると、スケルツィあたりは絶好のポジショニングになるわけですな。

ただ、このメンバーだと実績ではシーイズトウショウが抜けてるのですが、ここまでのローテが疑問。いつもオープンとか叩いてるんですが、ぶっつけはどうでるか。
そうなると、サチノとかエムオーに目が言ってしまうのはしかたない。なんか順調に使えてるしいいとおもう。
あ、オレハマッテルゼも怖い。

こう見てると今年のメンバーでは前が結構いい馬がいて、少し速くなりそう。スズカとプリサイスが差してきて、前に何がいるか?ってれーすでしょうな。

さーて結論。
ここは前残りと言う希望は切り捨ててよし。しぶとく抜け出す馬と切れ味ある馬の勝負になる。


◎プリサイスマシーン
○スズカフェニックス
▲マイネルスケルツィ
△サチノスイーティ
×アンバージャック
×エムオーウィナー
×シーイズトウショウ

特注としてリキアイタイカンですね。馬券は◎ー○からマルチで3連単のつもりです。

category: 馬券予想

CM: 2 TB: 0   

なんていうかバッカスでもいいとおもう。 

どーも、ごぶさたしておりました。風邪とくだらんことがあいまって更新する暇がございませんでした。ま、ひまっちゃひまなんだが・・・。

ってなわけで、いちおー今年最初のG1の予想でもしてみようかなと思う。最近予想ばっかになってる気もするけど、なんかまぢめに予想するのが最近楽しいので。

( )内は性齢、騎手・調教師
1-1 サカラート(牡7、吉田豊・石坂正)
1-2 アジュディミツオー(牡6、内田博幸・川島正行)
2-3 タガノサイクロン(牡4、池添謙一・池添兼雄)
2-4 シーキングザダイヤ(牡6、武豊・森秀行)
3-5 カフェオリンポス(牡6、岩田康誠・松山康久)
3-6 メイショウトウコン(牡5、武幸四郎・安田伊佐夫)
4-7 ブルーコンコルド(牡7、幸英明・服部利之)
4-8 フィールドルージュ(牡5、C.ルメール・西園正都)
5-9 リミットレスビッド(牡8、蛯名正義・加用正)
5-10 シーキングザベスト(牡6、福永祐一・森秀行)
6-11 オレハマッテルゼ(牡7、後藤浩輝・音無秀孝)
6-12 サンライズバッカス(牡5、安藤勝己・音無秀孝)
7-13 ダイワバンディット(牡6、北村宏司・増沢末夫)
7-14 メイショウバトラー(牝7、O.ペリエ・高橋成忠)
8-15 ビッググラス(牡6、村田一誠・中尾秀正)
8-16 トーセンシャナオー(牡4、横山典弘・森秀行)



とりあえず出馬表。

11R 第24回 フェブラリーS(GI)@JRA

ここで調教でもみなはれ。過去のレースも見れますよ。

ってな感じですが、ここ5年1番人気が勝ってるとかで俺にとっては非常につまらないレース。ただ、今年はブルーコンコルドがいますけどそれほど抜けていると言う感じもしないですし、ボーラーの年みたいな勢いで一気に上り詰めるみたいな馬が出てきてもおかしくないと思います。

昨年のJCDにしてもそうですし、やっぱ層が薄いと言うのとは少し違うかもしれないですが、レベルが低いんでしょうなー。

とりあえず今回のメンバーをひととおりイメージ付けしておく。

サカラート:ヴァーミリアン兄。先行できればチャンスありそうだが、東京コースがいまいちか。

アジュディミツオー:中央で結果が出ていない。

シーキングザダイヤ:善戦マン。Storm catって感じがする馬でもないけど、買いづらい馬。

メイショウトウコン:勢いならこの馬。ただ、コースと距離がどうか。

ブルーコンコルド:この年で本格化した感じ。調子もよさそう。問題は騎手。

フィールドルージュ:名前で買いたくない馬。ただ、東京も合うし、後は距離か。

リミットレスビット:前走も見所はあった。あとは距離。

シーキングザベスト:力もあるし、順調。

オレハマッテルゼ:ダート適正もあんま感じない。

サンライズバッカス:ダイヤもだが、この馬もかなり堅実。府中は合う。

ダイワバンディット:理由はないが怖い。まーないだろう。

メイショウバトラー:強いと思う。距離もこれぐらいがいいでしょう。

ビッググラス:シーキングザベストを破ったのは力があると見ていい。問題は騎手。

トーセンシャナオー:魅力は騎手のみ。

とまあ、書いたが、こんなかで買いたいと思うのは・・・

シーキングザベスト、メイショウトウコン、サンライズバッカス、メイショウバトラーあたりなんです。

が、この中で買えそうなのは、ベストとバッカスかな。バトラーは騎手がプラスかとも思いますが、最近案外ですし。

あと、過去のレースを見てて、思ったことなんですが、毎年結構厳しいレースになってるなぁと。スタートからの位置取り争いも激しいですし、4コーナーあたりからの仕掛けのタイミングも難しいですね。ってなわけでここ数年の3着以内の騎手はやっぱ豊、安勝、ぺリエ、横典あたりなんですなー。と、他のG1と比べても騎手の占める要素はおおきいんじゃないかね。

となると今回は、豊、祐一、ペリエ、蛯名、安勝、ルメールあたりかなー。

とまあ、グダグダゆってきましたが、ようするにブルーコンコルドをどうするかなんですな。力はあるんでしょうけど、昨年もだめだったし、東京コースがだめだろうって思いますし、なにより騎手がいかん。真ん中に入ってしまったし、他の騎手もみんなこの馬を意識して乗るでしょうからかなり厳しくなるでしょう。そうなると対応できるとは思えない。あって3着と思います。

そうなると、ダイヤ、ベスト、バッカスのどれかを本命にするしかなくなって・・・ベストの勢いを買うことに。

シーキングザベストは血統的にも結構速いタイムの決着にも対応できそうですし、大舞台で母父の強さが出ないかね。

で、ダイヤ、バッカスを相手にして、あとは前のほうに行く馬をおさえておけば・・・。

◎シーキングザベスト
○サンライズバッカス
▲シーキングザダイヤ
△メイショウバトラー
△フィールドルージュ
×アジュディミツオー

かなー、このレースはまったくわからん。ただ、上の3頭はどれかは来るだろ。

category: 馬券予想

CM: 3 TB: 0   

こんどこそコスモシンドラー 

先週はわれながらあっぱれな予想だったのですが(笑

ま、今週はレースとしてはなかなか興味深いが、馬券としてはまったく面白くない府中は捨てるとして、くそ荒れそうな京都のほうを見てみることにしましょう。

11R シルクロードS(G3)

シルクロードS(JRA)

下の映像を見ていただくと分かるが、なんていうか思いっきり後ろから届くことがありえないか。ここ5年ではテイエムサンデーぐらいかな。

そして血統を見ていてもスピードがあるなーって馬が来てるわけでもないですね。んーとなるとなかなか難しいレースか?と思ったが、ハートレイク産駒とかキーンランドスワンとかいまいち君が来るレースですね。
あと、何頭か前にいって、その後ろから行っている何頭かがうまく上がってきてというイメージで(笑

なんかイメージばっかりですが、そーいう感じ。

となってくると今年のメンツを見ると・・・

1、京都適正で絞ると

タマモホットプレイ、タガノバスティーユ、スピニングノアール、アンバージャック、マルカキセキ、エムオーウィナー、ナリタシークレット、コスモシンドラー

2、6,7番手を追走できそうな馬

タマモホットプレイ、アンバージャック、コスモシンドラー、スピニングノアール

あと血統的な魅力や、距離適正を考えても、ここは短縮が向くであろうコスモシンドラーがいいと思います。ま、ずっと狙ってる馬なんですが、ここらで距離が短くなって最高でしょう。

◎コスモシンドラー
○タマモホットプレイ
▲ナリタシークレット
△アンバージャック
△スピニングノアール
×エムオーウィナー

という感じかな。

買い方としては、コスモシンドラーから馬連と馬単流して、あとは3連複ボックスで。

category: 馬券予想

CM: 0 TB: 0   

これほど当たる気しかしないのは久しぶり(笑 

さーて今年に入って回収率が・・・考えたくないけど10パーセントを切ってる荒川です。これはある意味驚異的な数字です。

しかし、明日にはきっとこの数字が100倍に、つまり1000パーセントになってるはずであります。こーゆー妄想を抱き続ける元気がある限り、私は馬券を買い続けれるわけです。

ってなわけで、ひさしぶりに本気で予想します。

さーて、明日は京都牝馬Sが楽しみですね。今週のアタマの月曜日に競馬ブックの誌上パドックを見た時点で本命は決まっていました。

ディアデラノビア@誌上パドック

これまでは腹のところが巻き上がっていたり、線の細さを見せていた馬が、完全に変わりましたね。立ち姿もばっちり決まってますし、これなら気分よく走れるんじゃないでしょうか?完全に本格化したといえるでしょう。これならどんな相手でも勝ち負けでしょうし、こんな相手なら軽く蹴散らすでしょう。

ってなわけで、ディアデラノビアが本命。

で、過去のデータを見ていると、かなり傾向があるようです。

基本的に京都適正がないといけない。

どちらかというと、1600mより長い距離で成績優秀よりも、1600mより短い距離で結果を残してる馬がいい。

とにかくSSの血が強い。欧州っぽい血はマイナス

となってくると・・・内から順に、ワディラムライラプスマルターズヒートアグネスラズベリウイングレットマイネサマンサ、あたりになってくるでしょうね。このへんを押えておけばいいんじゃなかろうか。

あとはキープクワイエットとアクロスザへイブンが大穴ですかね。コイウタの取捨が難しいですね。この馬はたぶん1400ぐらいがベストだと思うのですが、あんま切れ味勝負ってイメージがないですからね。

で、っこから展開を考えると、普通に前に行きたい馬は、マイネサマンサ、ウイングレット、マルターズヒートあたりだと思うのですが、この辺がそんなにやり合うとは思えないので、そんなに早くはならないでしょう。そーなると切れ味勝負ですからSSの血が騒ぎますね。

そなると、溜めて切れるであろう、アグネスラズベリ、ディアデラノビア、で、ここはきついかもしれないがワディラムあたりまであるかもしれません。

イメージとしては前で1頭残って後ろから2頭くるイメージで3連単でいきましょう。

◎ディアデラノビア
○アグネスラズベリ
▲マイネサマンサ
△ウイングレット
△ワディラム
×マルターズヒート
注ライラプス

ってところか。

3連単フォーメーションで

◎ディアデラ1着固定で、ラズべり、ワディラム→サマンサ、ウイングレット、マルターズヒート、ライラプスとその裏返しで勝負。当たる気しかしない。

category: 馬券予想

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。