Admin New entry Up load All archives

Megahorse

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ふう・・・いろいろ気が重い 

はぁ、どうもおひさです。この間、3週間浜名湖と油壷に監禁されてました。絶対的な親分の命令ですもの・・・はむかうことはできません。私は権力には弱いし、おっきな権力にくっついて生きていくのは大好きです(笑

しかし、この秋から始まる戦いを前に気が重いのです。秋からとか言ってる時点で手遅れか・・・。

そんなこんなでなんとなくいつもどおり見て回ってたら殿下様のとこで興味深いエントリ発見。

没落エリート雑感(殿下執務室)
没落エリートの出現―ビジネス社会から疎外される高学歴就職難民たちー (女。京大生の日記。)

ふーなるほどねぇ。はぁ、考えたくもない(笑

というわけで、幸せなPOGの話題にうつりますか。

MegahorsePOG集計

私、すでにぶっちぎりのべべなんですが・・・。悲しい。近いうちにセレクトセールネタとか触れますのでよろしくです。
スポンサーサイト

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

ダービーを終えて・・・ 

ダービーも終わりました。現場で見ていてひさしぶりにいいものを見せてもらったと思いました。

とりあえず、回顧する。

なにより、このレースで予定外、予想外だったのはヴィクトリーの出遅れだろう。この出遅れで前の流れが、1000mの通過が予想より1秒ほど遅くなった。そのおかげでアサクサキングスが残ることになったのだが、これが一番あてられないとこだった。今思えば、アサクサキングスは暮れのラジオニッケイで結構いいとこを見せてたし、軽視しすぎてしまったかも。

ただ、そんな中で中団から最速上がりで悠々と差しきったウオッカは恐ろしい馬ですな。たしかに切れ味勝負と言うことでこの馬に向いた、というのはあるのだろうが、ここまで強かったとは・・・。もしペースが速くなってたらこのようなパフォーマンスを見せることが出来たかはわからないが、同じペースで競馬をしたならば、何度やっても勝ったにちがいない。

アドマイヤオーラもこのペースがよかった馬だろう。しかし、思いのほか強かったし、体もまだまだ成長途上。秋のマイルCSあたりに出てきたら圧勝するのではないかと思わされる。

そして、大問題、よくわからんのが、フサイチホウオーはどうしてしまったのか?と。たしかに単1.6倍というのは異常だった。しかし、こんなに負けてしまうとは全く予測できなかった。たしかに安勝が考えていたようなレースとは違っていただろうし、ペースも遅く切れ味勝負は分が悪かったのかもしれないが、皐月賞で最速上がりをマークしてるように、それだけで今回のようになるとは思えない。結果論になるが、位置取りが中途半端だったのでしょうね。後ろからなら後ろ、前なら前とはっきりしたほうがよかったんじゃないかね。

ま、これが競馬なんだが、ウオッカの勝利には素直に驚き、陣営には感動さえ覚える。父内国産の、それも牝馬がダービーを制する。日本も本当に世界と差がなくなったんだなと身にしみるほど感じる。順調に行けば、この秋に海外遠征ということになるだろう。私も強く望んでいる3歳での海外、凱旋門賞挑戦。それを牝馬が挑戦することになりそうだ。
昨年、凱旋門賞の後に言ったかもしれないが、ディープの無念を晴らす馬が、意外にすぐに現れるのかもしれない。

(ついで)
ま、今年は自分が負けたので少ししか書かないことにするが。昨シーズンのPOGもダービーの日をもっておわった。ヴィクトリーの勝利で締めくくるつもりだったが、オーラが3着で突き放されて終わった。大差をつけられての2着。おもしろくない・・・が、勝者にはスポーツマンシップに則って、心無い拍手をおくらせてもらいます。

てなわけで、来シーズンに向けて、準備をしていきます。おそらく来週の日曜日、6月10日あたりにドラフトしようとおもっとります。そのつもりで皆さん準備をしておくよーに。。。。

category: 未分類

CM: 1 TB: 0   

日本ダービー、データから 

ふー、さっき半分ぐらい書いてたのにフリーズして消えた・・・。

ってなわけで書き直し。ここ最近、ってか皐月賞の週ぐらいから馬券がひとつも当たってない。いい加減に当てたいと言うわけで今週は1週間かけて確実に当てに行く。

まず、今年のG1戦線は大荒れが続いている。オークスこそ少し落ち着いていたが、さてダービーはどうなるか。まず、直感的にはそこまであれないと思う。なんというか今年の牡馬クラシックはなかなかレベルが高いと見る。そんなとこでペースが少し狂っても力で着順は決まるのではないか。
NHKマイルなんかが特にそうですが、あれはまさにペースで決まったレースだったと思う。ローレルゲレイロだけ力で来たなという印象。オークスもスローで切れ味勝負と見ていたが、終わってみればかなりタフなレースだったか。

そんなこんなで、展開予想も大事なんですが、データから力を見てみようと思う。

前走皐月賞が圧倒的

なわけですが、ここではそれ以外の馬に注目。
まず、青葉賞組だと、アドマイヤメインハイアーゲームゼンノロブロイシンボリクリスエスあたりが馬券に絡んでます。ここまではすべて勝ち馬
例外としてはメイショウジェニエですね。青葉賞5着ながらダービー3着。ただ、皐月賞で最速上がりで3着ここを評価してすべきなのかな。

そう考えると今年の青葉賞で該当するのは勝ち馬のヒラボクロイヤル。あとは皐月好走ととらえるとメイショウレガーロだが、差してきたわけじゃないので割引。

もうひとつのステップの重賞レースの京都新聞杯からは、インティライミハーツクライアグネスフライトが当てはまる。ハーツクライは納得できる。母父トニービンやし、実力ある馬だった。ただ、アグネスフライトとインティライミは疑問。特にインティライミは絶対ないと思っていただけによくわからん。ただ、どの馬もコンスタントに上がりは使えている。

今年はタスカータソルテだが、いらないと思う。武の応援馬券だけで。

お次はプリンシパルS組です。ダンスインザダークは強かった。ダイワスペリアーマチカネアカツキが2着から3着に飛び込んでいる。マチカネアカツキは実績もあったし、休み明けでの2着だから分かるのだが、ダイワスペリアーは全く分からん。ま、父リアルシャダイということでスタミナがあったということか。

今年の該当馬はゴールデンダリアですね。ここまですべて3着以内。しかも青葉賞2着のトーセンマーチを2馬身退けているのも評価できる。

その他はだらだらと紹介していくが、ダンシングカラーがベンジャミンS1着から本番3着に。共同通信杯で最速上がりと言うことで府中適正をみせていたか。ただ、これもダンシングブレーヴ産駒で重い血統だわサ。

あとNHKマイルからがキングカメハメハとタニノギムレットですが、これは実力のある馬ですわね。ことしのローレルゲレイロをどうするかですが、あのペースで前にいて残ったのはすこし気になる。が、いらね。

となると、皐月以外で残るのは・・・

ヒラボクロイヤル
ゴールデンダリア

となる。

皐月との比較

皐月賞との比較において大事になるのはペースかなと思う。皐月が前残りで穴馬が勝った年のダービーではかなりペースが速くなる傾向にある。

2004年ダイワメジャーの年はダービーの1000の通過が57.6
2001年アグネスタキオンの年はダービーの1000の通過が58.4
1998年セイウンスカイの年はダービーの1000の通過が60.6



ってな感じ、やっぱ前に行けばチャンスがあるという思考が働くのか?やっぱダービーはそんだけみんなが勝ちに行くレースだと言うわけでスローになることはあまりない。
さて、このデータから行くと今年は速くなると読んで間違いないはず。そーなったときにやってくる穴馬は、後ろで足を溜める馬。そして血統的にしぶとい、長い距離をこなせそうな馬です。

となると、該当するのはドリームジャーニーココナッツパンチナムラマースフライングアップルあたりになる。もちろんフサイチホウオーとアドマイヤオーラもだが、穴ではないので無視。この馬たちの取捨が非常に難しい。ただ、厳しい流れに対応できそうにないココナッツパンチは用無しだろう。

こうなると皐月賞で前に行っていた馬の好走は難しい。ただ、セイウンスカイなど実力のある馬は粘っている点を考慮すると、サンツェッペリン、ヴィクトリーは消せない。

しかし、もっと重要なデータは前残りで3着まで最速上がりで突っ込んできた馬、スペシャルウィークやタニノギムレットという馬はダービーで圧勝しているということ。これを踏まえるとフサイチホウオーは確勝ということになるし、きわどい4着まで来たアドマイヤオーラも評価できる。

とまあ、こんな感じで一通り前走については洗い出した。あと、ウオッカはもはや好みの問題だと思う。俺は一応抑えるが、こんなのが勝ったらびっくりじゃ。

というわけで、まとめると、今回のデータで残った馬は・・・

フサイチホウオー
アドマイヤオーラ
ヒラボクロイヤル
ヴィクトリー
サンツェッペリン
ゴールデンダリア
ドリームジャーニー
ナムラマース
フライングアップル


となる。9頭も残ってしまった。これからもデータを発掘次第消していきます。ホウオー1着固定で56点3連単買うか(笑

現時点では

◎フサイチホウオー
○ゴールデンダリア
▲ヒラボクロイヤル

ですね。あーあ、別にデータじゃなくて最後は勘だな。

category: 未分類

CM: 1 TB: 2   

2007日本ダービーへ(誌上パドック) 

さてと、ついにダービーですね。ここまでクラシックでは1番人気が勝ってないのですが、おそらく今回の1番人気フサイチホウオーは固いのではと共同通信杯おわったあたりで思ってたわけだ。

今回は誌上パドックで状態を見てみようかなと思います。(写真貼るのいかんと思うが、リンクとぶのもだるいと思うから)

フサイチホウオー(父ジャングルポケット 母アドマイヤサンデー)

日本ダービー
060705_2301~01.jpg


素晴らしい出来です。さすが松国、ここぞの仕上げは素晴らしい。皐月のときと比べても馬体の張りが違うなぁという印象。実際皐月賞は間隔が開いていたというのも影響したと思うし、それであの競馬というのが実力を現していると思う。出来に関しては文句なし。

ヴィクトリー(父ブライアンズタイム 母グレースアドマイヤ)

皐月賞
pp031.jpg


日本ダービー
pp02.jpg


この馬が皐月からの過程でもっともよくなっているように見える。皐月賞のときもいい体をしてると思ったが、やっぱり仕上げきってないというか、立派過ぎる余裕残しの体だった。が、今回は光のあたり具合でケヅヤこそいまいちだが、体は締まっていて迫力がある。この1ヶ月でおおきくかわったと見ていい。

アドマイヤオーラ(父アグネスタキオン 母ビワハイジ)

皐月のときの馬体はまだまだバランス悪いし着くべきところに肉がついていない印象だった。それがここへきて大分解消された。しかし、立ち姿をきれいに決められないあたりにも幼さを感じるがどうか。上の2頭とはすこし格が違うと思う。

あと、ウオッカ、フライングアップルあたりは大きく変わり身はなさげ。ゴールデンダリア、ヒラボクロイヤル、トーセンマーチはなかなか。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

トップガン産駒の大物現る。 

凄い・・・。ひさしぶりに凄い新馬戦を見た。

ゴールデンキャストの甥、オーシャンエイプスが圧勝

6R 新馬 オーシャンエイプス

なんていうか凄かった。京都だからってのもあるだろうけど、化け物に育つ可能性もあるんじゃなかろうか。

【3歳未勝利】(京都6R)~オーシャンエイプスが圧勝デビュー

~レース後のコメント~
1着 オーシャンエイプス(武豊騎手)
「折り合いは問題ありません。レースでは4コーナーで物見をしてスタンドを見ていたようです。勝ちっぷりが豪快ですね。ノーザンテーストの肌にマヤノトップガンという血統で、いい体をしています。乗りやすい馬です。全然追っていませんよ。この馬『飛ぶ』かな・・・?(笑)」



こんなこと言うのはサブくて嫌だが、ディープインパクトの新馬戦を思い出した。しかし・・・

12.9 - 11.4 - 12.4 - 13.1 - 13.0 - 12.3 - 11.6 - 11.4 - 11.7

で、この馬の上がりが34.3ってのはディープほどじゃないか(笑
ただ、若駒Sのクルサードあたりより強いのは明らかじゃないかなー。

母の名前を見てリターンバンダムが思い浮かんだ俺は偉いってことで。

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

新年早々、今年のクラシック路線を占う。 

どーもあけましておめでとうございます。かなり久しぶりの更新となってしまいました。

そんなわけで先日、セレクトセールから見ていたノーフォークパインが新馬勝ちし、気分がいいので更新してみます。

今回は牡馬だけにしとこーかなと思います。

まず、2歳戦線を終えての感想としてはかなりの粒ぞろい、なかなか見所のあるクラシックになるんじゃないかなーと思いますね。
昨年のクラシックは結果として2冠馬が出たりと、充実していたような気がしますが、昨年のこの時点ではいまいちだなーという印象だった気がします。

ま、思いつくままに並べていきます。

フサイチホウオー(父ジャングルポケット 母アドマイヤサンデー)

文句なしに現時点でもっともダービーに近い馬ではないでしょうか?まだまだ荒削りな部分がありますが、そーゆーところを見せながらも、きっちり勝っているあたりは能力が高い証拠でしょう。ただ、ラジオニッケイで審議をくらい、過怠金をおもいっきり課せられているあたりを見ても分かるように、もう少しロスなく走れるようにならないとだめかな。
セレクトセールでたしか序盤でキンコンカンが競り合って、フサローが1億円で落札したわけですが、そのころはそこまでいいとは思わなかったのですが、2歳になってからの馬体は迫力満点です。
ジャングルポケット産駒はあんまりなんじゃないかと予想してたのですが、ここまで見ていると十分の活躍を見せていますね。
この馬はもともと勝己さんも高く評価していた馬なので、これからよりいっそうがんばって欲しいですね。

ドリームジャーニー(父ステイゴールド 母オリエンタルアート)

朝日杯は個人的に昨年のベストレースといっていいぐらい震えた。もともとサンデーレーシング募集のときから、血統といい、馬体といい、気に入っていた馬です。こーやって考えるとブログで小さい時から見ていた馬が活躍するだけでも凄く楽しいし、本当に年月が過ぎるのは早いと感じますな。
小さな馬なので東京コースはホウオーなんかに比べると相対的に苦手と見えるかもしれないが、大外一気を決めてくれるような気もする・・・ま、願望だが。ま、血統的に早熟ってことはあまり考えられないし、とりあえず中山2000はいただきってことで。

フライングアップル(父Rahy 母ローザロバータ)

この馬自身は○外だが、母はこの馬を生んだあとに日本に来ている。Vindicationとの仔がセレクトセールで高値で取引されていた。多田、藤沢ラインで久しぶりにまともに走りそうな馬といっていいかもしれない。藤沢調教師のもとで2歳からこれだけ走れるとなると、素質はかなり高いとおもっていいのではないだろうか?ま、去年もジャリスコライトに同じことを書いた気がするが(笑
ま、世代トップであろうフサイチホウオーとドリームジャーニーといい勝負をしているところを見ると、仕上がってきたらかなり楽しみなんじゃないかと思っている。

ヴィクトリー(父ブライアンズタイム 母グレースアドマイヤ)

新馬戦では半信半疑だったが、暮れのラジオニッケイでのレース振りを見てみると、なかなか強いと思わせるものだった。フサイチホウオーとは少し格の違いを感じましたが、2戦目のわりにはよくやったとおもいます。まだまだ強くなる可能性のある馬だと思います。

アドマイヤオーラ(父アグネスタキオン 母ビワハイジ)

ヴィクトリーをあげるとなると、この馬もあげておきたい。新馬戦の時点で切れ味はかなりのものだと思っておりましたが・・・先日のシンザン記念でのレースは素晴らしいものだった。ただ、POGで選ぶときに馬体を見たがバランスはよくなかったと思ったのですが・・・めちゃ走りそうです。

あと、骨折したりしているメンツではオースミダイドウフサイチオフトラあたりが強そうですが。オースミダイドウのほうは少し距離に不安があるかな?と思ったりもします。

ま、あとはマイルだったらダノンオーガスタや、さっき言ってたノーフォークパインあたりも見とく価値はあるかな?と思います。

そんなわけで現時点では・・・

皐月賞はドリームジャーニー、ダービーはフサイチホウオー。

ってとこですね。で、アドマイヤオーラは皐月3着、ダービー5着のイメージで(笑

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

近藤夫妻の期待馬が揃ってデビュー勝ち! 

先日土曜、日曜に京都でデビューした利一氏所有のアドマイヤオーラ、嫁所有のヴィクトリーが揃ってデビュー勝ちしました。どちらの勝ちっぷりもよくて、かなり先を期待させる馬が出てきたなーと感じさせられました。

土曜の京都1600mでデビューしたアドマイヤオーラについての感想から・・・。

・アドマイヤオーラ@netkeiba

ハロンタイム 12.5 - 12.4 - 13.1 - 12.8 - 12.4 - 12.0 - 11.0 - 11.0
上り 4F 46.4 - 3F 34.0



1000mの通過が63秒って・・・スローすぎ、ですが、上がりの33.8は優秀ですし、最後追い比べになってもまだ余裕があったのは評価できますね。しかも最後11.0-11.0で締めてるあたり、今週はタイムが出すぎだったとはいえ、注目せざるおえないかなと思います。

上がり33.6の脚を使って2着に食い込んだ、グッドラックアワーも相当の器ではないかと思います。ま、この2頭の次走には注目ですね。

って、おもって調べてたら、アドマイヤオーラは中京2歳Sが目標だとか・・・。なんかがっかりしますが、確実に賞金を積み上げておきたいということなんですかな。

そして日曜の京都2000mでデビューしたヴィクトリーですが、勝ちっぷり自体はこっちのほうが派手だったかもしれません。

・ヴィクトリー@netkeiba

ま、調教であんまり動いてなかったのによく勝ったな、ってかよく走ったな~というのが第一印象。

ま、レース自体は新馬戦によくあるパターンのレースでしたね。スピードがありすぎて我慢できずにはなを奪って・・・なんですが、道中はかなり引き離してました。ただ、追ってからの脚も素晴らしい切れがあって、他の馬とは一味も、二味も違いましたね。

ただ、タイムを見てみるとそんなに凄くないかな?と思ってしまいます。単純比較は出来ませんが、アドマイヤオーラのほうが現時点では上かと思いますね。

ま、まだまだ体に余裕もありそうでしたし、叩いて大分変わってくるとは思いますし、十分強くなる可能性のある馬だと思います。ってなわけでどちらも無事にクラシックに乗ってきてほしいですね。

category: 未分類

CM: 2 TB: 0   

次々と評判馬が出てくるぞ 

JBCでは狙っていたタイムパラドックスが見事にやってきたわけですが・・・家でテレビを見ていただけという現実・・・。

今週末はPOGでも人気していた評判馬が何頭もデビューします。ってなわけで、個人的に気になる馬もあわせて見ていこうと思う。

まず、土曜東京から・・・

土曜東京4R

このレースはダートということもあって、まあクラシックへと期待されまくっていた馬は別に出てきていないのですが、セールで血統だけ見て気になっていた、janetの04マホロバという名前になって登場します。ただ、ダートという点が少し気になりますけど・・・。

たぶん池谷氏のキーンランドセプテンバー出身のアリアドネズラインのほうが人気するんでしょうけど、少しマホロバに注目してみたいレースですね。

土曜東京5R

牝馬限定のマイル戦です。先週本命にしたローエングリンの妹、カーリングの娘、ホリデイオンアイスがデビューじゃね。しかしこのレースには他にも強そうな馬が何頭かいたりする。シークレットコードの妹、クラックコードや、ウインラディウスの妹、ジョウノパンジーも出てきたり、こりゃあ面白い。

個人的にはセレクトセールのときに少しに気になっていたコンパスの仔にも注目したい。

土曜京都5R

土曜ではこのレースが一番注目でしょう。なんといっても、今年の橋口師のイチオシ、ハンティングダラーと、今年のノーザン1番馬と噂されるアドマイヤオーラがデビューするのです!

あとはシルヴァコックピットの半弟、グッドラックアワーがいますが、ま、このレースはヤマニンのどっちかが勝つと意味不明な予想をしておく。

日曜のほうはめんどくさいので1レースだけ見ておくと・・・

日曜京都6R

この2000mは個人的になんとしてもヴィクトリーに勝っていただきたい1戦です。ま、緒戦から動けるかは微妙ですが、豊が調教にも乗ってるあたり期待は大きいのでしょう。

他には藤沢厩舎のモンジュー産駒サトノコクオーがいます。名前がかっこいいから怖いね(笑

また、ダイタクバートラムの弟やら、フィフスアベニューにダンツオクラルなど・・・相手も揃ったな。

なんかサトノコクオーが怖い。この馬はどっかのセール出身かな?

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   

ダイレクトキャッチは本当に強いのかもしれない。 

見事に3着にザサンデーフサイチが敗れた新馬戦。

なかなかメンバーがそろっているとは感じていたが、勝ったダイレクトキャッチはかなりの大物かもしれない。実際スローの上がり勝負の競馬だったわけですが、この上がりタイムをフラフラしながらあっさりと出したところは素直に評価したい。

2歳新馬 ダイレクトキャッチ@youtube

2歳新馬 ダイレクトキャッチ

13.4-11.9-12.5-12.8-12.7-11.9-10.5-11.7

ダイレクトキャッチの上がりは33.4で、しかもこのレースのラスト2ハロン目の10.5は凄いでしょ・・・。

体にもまだまだ余裕がありそうですし、4コーナー手前で気を抜いていたように見えたりもしたので、そのあたりがしっかりしてくればめちゃくちゃ強い馬になったりするかもしれない。

category: 未分類

CM: 2 TB: 0   

ザサンデーフサイチ出走。今週も府中1600mが熱い!? 

ま、先週の富士Sはかすりもせず、当たっていた、いちょうSは買っていないという神様に見放された結果になってるわけですな。

ってなわけで今週も面白いレースがある。

そう、あのザサンデーフサイチがデビューするわけです。

いまさらこの馬の経歴について書く必要はないかなと思いますが、セレクトセールで当時最高額4億9000万円で落札された馬です。

ものすごく見栄えのする馬で、血統も文句のない馬ですから・・・っていっても馬鹿みたいな値段ですよね。

しかし、このレースには他にも素質馬がそろっています。その中でも筆頭はピサノデイラニでしょう。Fusaichi Pegasus×Tee Kay・・・そうですね。シンボリクリスエスの半弟なわけだ。シンボリクリスエスの父がクリスエスってことを考えると、なんかパターンが変わった感じもあります。ただ、大物の可能性も十分あるし、いいかげん市川さんもあたりをひくでしょう。藤沢さんが北村がいるのに、岩田にのせるあたりが少し不気味です。

あとはキングリーウィークあたりも気になります。この2歳が絶好調のスペシャルウィーク産駒です。たしかオエノセラって良血だったと思うのですが・・・なんか今調べたらそーでもないのか?ただ、ずっとSS付けてきて、ここでスペシャルウィークで一発を期待したいですね。

同じくスペシャルウィーク産駒のダイレクトキャッチも侮れない。スペシャルウィーク×ストームキャットはオースミダイドウと一緒ということもあり少し注意しておく必要もあるかな。調教もいいらしいです。

ま、意外に他の馬も結構怖かったりして普通にザサンデーフサイチが勝つ・・・気がしなくなってきた(笑

category: 未分類

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。